人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

The rainy season is over - 3



The rainy season is over - 3_b0223512_12124240.jpg




さて、路上のオアシス、
ハッピードリンクショップ(山梨、長野の人なら分かる)で
暑さを凌いだあと、お店巡りを。










The rainy season is over - 3_b0223512_09461734.jpg



月一でのストックオープン。
主に古い物です。




The rainy season is over - 3_b0223512_09461895.jpg



汗だくになり、手が真っ黒になったものの
ホームセンターで買えばいいのに、といった小さい物を幾つか。
家の補修に役立つだろう・・・か。
地味過ぎる物に店主もドン引きとか。




ささ、お次はお昼ごはんを。




The rainy season is over - 3_b0223512_12120387.jpg

The rainy season is over - 3_b0223512_12120501.jpg



いい雰囲気の古民家カフェKajiyaさんへ。




The rainy season is over - 3_b0223512_09461648.jpg

The rainy season is over - 3_b0223512_09461901.jpg



重厚な長野らしい古民家カフェで、山裾のちょっと高台に位置しています。
エントランスから楽しみな所です。




The rainy season is over - 3_b0223512_09462125.jpg

The rainy season is over - 3_b0223512_12105023.jpg



一階は埋まっていたので、二階に。
元農家だった建物を改築しています。
梁、柱、階段と何もかも重厚。




The rainy season is over - 3_b0223512_12105103.jpg



ランチメニューは記憶も朧げですが、ジロウサンとか話していたので
ジーローハンだったと思う。
食事に感謝すれど、それが何かがすっかり抜け落ちるのが・・
当ブログクオリティ。



とっても美味しかったとだけ付け加えておきます。





---------------------




お次は松本に向かう途中にある




The rainy season is over - 3_b0223512_12123839.jpg




柳宗悦氏が唱えた民藝運動。
その考えに共鳴した丸山太郎氏のコレクションが集まっています。
用の美という考えは真顔で賛同します。

民藝運動については、当ブログ読者の諸兄姉が詳しいかと。






この運動を起こした時、今よりも手仕事の物が多くあっただろう。
この時代において「用と美が結ばれるものが工芸である」
なんて言っていたのですから・・・今はどうなっちゃうのと思います。




The rainy season is over - 3_b0223512_12124000.jpg



時代が上った今は、更にそれらの工芸品を目にすることが少なくなった。
仮に自分が明治時代や大正時代に行ったら・・・。
市井に溢れている物を見て、鼻血を出して卒倒する自信がある。





The rainy season is over - 3_b0223512_12124403.jpg



人々の行為の結果が資料館や博物館に収蔵されていますが
いつも思うのはインテリゲンチャが多いということ。
それらの人々はかなり多角的に物事を見ていたように思います。

残されている手紙や、やり取りの様子を見たりすると
思考回路や語彙の多さ、相手への気遣いなどなど・・・教育、教養の高さが伺える。
現代の「頭がいい」と当時の「頭がいい」は
全く別次元での話に思える時がある。


情報が少ない時代で限定的で閉鎖的な思想もあるとは思いますが、
純度の高い人間が多い気がする。
といってもまあ、資料が残っているという時点で
上・中流階級や特権階級界隈の話になっちゃいますが。






The rainy season is over - 3_b0223512_12124605.jpg




自分がその時代に行ったとしたら。

鼻血を出して倒れた後に保護されて事情聴取。
事情聴取中も建物や持ち物をキラキラした目で見るという挙動不審さに
身元不明、知らない言葉を発する為、暫く拘留。



上手く説明し、外に放り出されたとして・・・。



一次産業に従事出来るか、出来ないか。恥ずかしい思いをするかもしらん。
刀を帯刀したがり職人の仕事場に行きたがり、妙な思想を持つ怪しいやつと
再度邏卒にしょっぴかれるかだな。



好奇心が強すぎて、行動と欲望が我慢出来そうになく、
漫画や映画のようにスマートにいかない自信はある。


こう書くと現世、よく上手くいってるな・・・。




やれやれ。







The rainy season is over - 3_b0223512_12124240.jpg
(皆さんは行ったら何する?)








続きます。


トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/31984146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cocondogrose at 2022-07-05 11:22
わかります!!
わたしも鼻血噴出卒倒事情聴取コース希望(?)です。
そして疑似洋風建築がたくさんある時代&場所希望です。
事情聴取されたら衝立とか花瓶を置く台とか机も椅子も、
もちろん建物も凝視して
壁もドアもドアノブもすりすりしたくなります絶対・・・。
事情聴取の後は病院に連れて行ってもらって
病院の建物や医療棚やらあれこれ見て
人様のお家ももれなく窓からのぞき込みたくなりそうです・・・。
お着物も凝視しちゃうし何回でも事情聴取されそう。

妄想は止まらないのですが全部書くと今、現世であやしい人になりそうなので
この辺で~。
Commented by kkai0318 at 2022-07-05 20:55
cocondogroseさん

こんばんは〜。
やはりご同輩(笑
お互いに挙動不審になって病院行きは間違いないですね。確かに病院の様子は盲点だった!
洋風が限りなく少ない農村に飛ばされないように
日々精しましょうね。
来世はそうなるかもですよ!

現代に残ってるもので、作られた当初はどんな姿か
いつも気になります。住んでいる地域も見たいし
現世に戻りたくなくなるかもですね。
そんな体験が出来る未来になると良いなぁ。
Commented by tukinobo at 2022-07-05 21:38
江戸時代の狛犬、可愛いですね。
松本民芸館、行ったことがないんです。
行ってみたいわ。
インテリゲンチャ、インテリのことなのね。
賢くなるブログだわ。

ひとつまえの、山岳博物館付属施設で雷鳥の飼育を
しているんですね。
雷鳥に溢れている案内板、クオリティが高くてびっくり。
モンベルコラボでTシャツになりそう。
雷鳥のメスはほんとうに可愛いですよねぇ。
キジ科のトップ、同感です。

ここもぜひ行ってみたい、長野行きたくなりますわ。
Commented by kkai0318 at 2022-07-06 08:01
tukinoboさん

おはようございます〜。
ここは初めて行きましたがオススメです!
でも山に登る人はなかなか市内を楽しむ事が
難しいんですよね〜。山が目的なので。

雷鳥の飼育はここならではですね。
確かにモンベルでありそうです笑
飼育員の方の手描きなのか誰もいなくて分かりませんでしたが、見易くて可愛いです。
キジ科のトップですよね。この可愛いさ!
Commented by eggshell0125 at 2022-07-06 12:11
ぷぷぷっ。
26日に私も友達と松本ぶらぶらしてました。
中町にカゴアミドリにラボラトリオに10cmに灰月に民芸館etc.・・・ほぼ同じコースですね(笑)

Commented by kkai0318 at 2022-07-06 18:34
eggshellさん

こんばんは~。
なんと!
実は事前にお知らせしようか迷ったのです。
100%自分より詳しいので、ご同行してくれたら絶対楽しいかと・・・。
羅列しているのはほぼ同じコース笑 
我らは時間切れでチーンでした・・・。
もっとゆっくりしたかったですよ~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2022-07-04 18:10 | | Trackback | Comments(6)