人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

The rainy season is over - 2

The rainy season is over - 2_b0223512_01023400.jpg




あ、そうだ。
博物館を出る前に行く所があった。



ここ山岳博物館の付属施設では
雷鳥くんが飼育されている。
保護や繁殖の研究が目的で、
ちゃんと成果をあげています。



山で見るのが一番なのですが、
こうして見えない所で
誰かが心血を注いで保護をしているのを
心に留めておこう。





The rainy season is over - 2_b0223512_01023854.jpg



ということで寄ります。




The rainy season is over - 2_b0223512_01024294.jpg


案内とかマークとか手書きで
手作り感がありますが雷鳥愛に溢れている。
しかも上手い。




ささ、雷鳥くんに挨拶だ。




The rainy season is over - 2_b0223512_01024683.jpg

The rainy season is over - 2_b0223512_01024907.jpg


ぬぅ・・。
全員警戒レベル100・・・。
それで隠れてるつもりか。


丸見えの籠でも囲まれていると安心するのだな。
ちょっとだけ性格が読み取れます。

これはこれで可愛い。




The rainy season is over - 2_b0223512_01043828.jpg


こちらは雛ギャラリー。
生き物全部、雛は可愛いもんです。



The rainy season is over - 2_b0223512_01044098.jpg



見学者への配慮も。


ん?
設備の簡易な絵に比べ、
雷鳥の描き込み具合だけ半端じゃない。
模様まであんなに細かく・・・。
省略やデフォルメを許さないのが凄い。

愛でしょ。愛。





他のゲージも拝見。



The rainy season is over - 2_b0223512_01044430.jpg



ちらりと見える雷鳥さん、
こちらも警戒レベルマックス。
いや、暑いのか、抱卵しているのか。
つぶらな瞳と羽毛の柄が本当に可愛いです。




キジ科のメンバーは全員まるまるとして可愛い。
もっと細かい事を言うとメスが可愛い。
その中でも雷鳥のメスがトップに君臨する可愛さ。
断言する。





The rainy season is over - 2_b0223512_01044704.jpg
(可愛かった・・・)





博物館を出て、今度こそ次の場所へ。




----------------





少しづつ南下して松本方面へ。




The rainy season is over - 2_b0223512_01045065.jpg




右に北アルプスを見つつ、
天気のいい直線道路を走る。
これだけで充分に旅気分。




The rainy season is over - 2_b0223512_01061767.jpg




少し折れて山の方へ向かいます。




むっ!!!?
線路脇に人がたくさん集まっている。
しかも大きなカメラを抱えているということは・・。




ナニかが来るのである。




The rainy season is over - 2_b0223512_01062066.jpg




全員もれなくあのトンネルに意識が行っている。
何だか緊張感あるなぁ。


その横に混ぜてもらい、その時を待つ。





The rainy season is over - 2_b0223512_01062343.jpg



「Chotto Excuse me」とホオジロが鳴く。





・・・・・・・・・





ん”っ!!!




周囲の緊張感が急に高まる。
大砲のようなレンズを構え始めるので、
ナニかが来るのが察知できる。





The rainy season is over - 2_b0223512_01062811.jpg



ヘッドライトの光が・・・。
貨物か、古い車両かなんなのか。
いよいよ・・・。






ゴクリ・・・。







出てきた!






The rainy season is over - 2_b0223512_01063265.jpg



うお~!!・・・・ん?あれぇ・・・。
ふ、普通の電車に見えるが・・・。



「バシャシャ!バシャシャ!」
と周りが撮っているのでこちらも
「ウオッ!!バシャシャ!」と撮る。
何だか分からないけど
思いっきり流されているな自分!





The rainy season is over - 2_b0223512_01070804.jpg



「バシャシャッ!!バシャシャッ!」
撮りながら疑問を抱くってなかなか無い経験。
何度も頭を過る(本当に珍しいのかこの車両は)が。
やっぱり、分からん。


ふと我に返り、連写モードを通常モードへ。




The rainy season is over - 2_b0223512_01071253.jpg


側面から見るとラッピングされていた。
が、やはり普通の車両である。
篠ノ井線は何度も乗ったので古い車両かと思った。




おそらくたぶんきっと、まだ大勢が陣取っていたので、
この後に珍しい車両が来るのだろう。

でも今は時間がないし、そこまで撮る気もない。
これは皆さんを邪魔してはいけないと思い、
車に戻ります。



行きずり他力本願で写真を撮ると
主体的ではない写真になってしまう。
やはり後で見ても何も面白くなかった
(ホオジロは可愛い)



これからは撮りたいものを撮ろうじゃないか。
人生は短いのだよ(流されたお前が言うな)







ここは明科付近の山の中。
先を急ぎます。




-----------------





更に山の中を走ると集落が。
お次の目的地は近い。




The rainy season is over - 2_b0223512_01071609.jpg



にしても、こんな所に・・・凄い集落です。
この山の中なので、住宅街と言えるだろう。





The rainy season is over - 2_b0223512_01072047.jpg




中央を貫通する一本坂がたまらない。
瓦の色が同系色なので統一感があって、
良き風景に見える。
奥の家は最近まで藁葺き屋根だったのだな。





The rainy season is over - 2_b0223512_01072332.jpg




今まで以上に住環境や暮らしについて
気になるようになってきた。
心地よい暮らしとは何か。
また、住環境は人の心や体にどう影響を及ぼすのか。
・・・いやその、あれだ、綺麗事を言った。





人んちが気になるのである。







気持ち良く楽しそうに暮らしてたら
エッセンスを取り入れたいし
庭やデザイン、空気感とか・・・。
まだ知らない事がたくさんある。


つまり自分が少しでも楽しく暮らすために
良いヒントを頂きたい。
それはどう贔屓目に見ても、どう表現しても
"自己中"と言うが・・・。
ま、人に迷惑を掛けない程度に邁進していこう。






やば・・・脱線した。










続きます。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/31960492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by f15eagle_coco at 2022-07-01 09:59
えΣ(゚Д゚≡゚Д゚)え、なに、何が来るの
何も分からないままドキドキだけが高まって
撮っている間も何が何だかさっぱり分からないままで
結局
…( ̄ェ ̄)つまらぬものを撮ってしまった…
もぉお~~~大笑いしたよ~~~wwww
でもまぁあれだ
流されてみると思わぬ出会いがあるかもしれんからね。
「…ふッ、群衆心理?キョーミない。」な~んてスカしてたら
素敵な何かをスルーしちゃってるかもしれないもん。
ときには(ありゃ~wΣ(ノ∀`*))があってもさ
「やらなきゃよかった」と思うことなんて意外と少ない。
「やっときゃよかった」と思うよりずっといいじゃん、空振りも。

>自分が少しでも楽しく暮らすために良いヒントを頂きたい。
(゚ω゚((。_。((゚ω゚((。_。((゚ω゚((。_。((゚ω゚((。_。((゚ω゚ )マッハウンウン!!!!
同じ同じ!!
わかるわ~~~~~。
でも今ちょっと脳内船頭が増えすぎて、高山病にかかりそう 笑
Commented by kkai0318 at 2022-07-01 19:09
ココさん


こんばんは~。
まあ・・・真の電車好きならどんな車両も
ありがたく写真を撮るに違いないですね(笑
きっとこの車両を愛してやまない人もいるので、一概には言えません・・・。
貨物が来たとしても普通の人はピクリとも反応しないと思いますが、
自分は感動してしまうかもしれません。ナニを言っているのか分からないと思いますが(笑

ほんとそうですね~。
人が集まってないと気付きもしなかったですもん。
結果、良かったと思います。自分の気持も知ることが出来ましたし。

お互いに充分楽しい暮らしをしていると思いますが
向上心が強いとポジティブに解釈しておきましょう。
自分は「足るを知る」というより、「足るべきに必要な物を知る」という状態です。
それも楽しくて、気づいたらこのような生活が出来上がってしまったのですが・・・(笑
ま、よい週末を~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2022-06-30 18:41 | | Trackback | Comments(2)