人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Summer is ending 2020

Summer is ending 2020_b0223512_13431052.jpg





今夏最後の晴れ間は、お茶をしに山へ。
何となく夏の終わりを感じる頃・・まだまだと粘るように出掛けます。






Summer is ending 2020_b0223512_13431241.jpg

Summer is ending 2020_b0223512_13431348.jpg






車は暑すぎるのと渋滞があるので、カブにて。
思えば今夏は殆ど車に乗らなかったぜ・・・。






Summer is ending 2020_b0223512_13431503.jpg

(グランドカバーが青い)

Summer is ending 2020_b0223512_13432198.jpg




山に入ると涼しい空気になります。
バイクだと敏感に感じる。







そういえば・・・夏のイメージは学生の頃に感じたまま生きてきている。





7月後半は段々と暑くなってきますが、そこにこれから夏はたっぷりあって
近所やイベントに行ったりして。




8月に入り、いよいよ夏本番、山でも旅でも長期に出掛けます。




8月中旬はお盆あたり実家に帰って先祖のお迎えやら墓参りをしますが
ツワモノや趣味を優先する者にとっては関係無い事。
真夏を満喫している真っ最中なのです。多分ここ前後がピークかも。




そして坂を登るように8月の後半。




今まで共にしていた旅仲間や山仲間も帰路につき、下山する。
別れや恋愛事でも寂しさを伴ったサムシングが起きてしまう頃合い。
永遠に続くと思っていた、夏の終りを感じ始める頃です。


そして運命の8月31日を過ぎた時、全く、世界が変わる。
気候も世間の状態も。嘘のようですが本当に涼しくなる。
まるで下り坂に入ったように。
旅のモチベーションも下がり、下山を予感します(もしくは下山している)




ここで夏の終わりという現実に向き合わなくてはいけない2日間なのです。
とてもつらく、乗り越えないといけない2日間。

それは青春18切符の有効期限「9月10日」が示すように、
それ以上の休みは世間から外れるという意識があります。
夏の浮かれた感じが一切合切消えてしまうような。



それ以上の期間に旅を続けている者は無職か大学の山岳部か探検部、
ライフスタイルとして旅人や山の人なのです。
自分からしたら「本物だけどヤバい人」という認識なのです。
本当にそういう人ばかりだった。
でも、そこには果て無き尊敬と憧憬が混じっています。



自分も仕事の都合で9月を超えた事が何度もありますが
やはり旅先でも山でも似たような空気で、遊び続けるのにちょっと申し訳無さが混じる。
自分が真面目と言われている所以です(誰に)





毎年、毎年そのイメージで生きてきたなぁ、とバイクを走らせながら思った。





頭の中を書き出すと長くなるなぁ。
「夏とは8月。それ決まり」で良いじゃないか。





-------------





ヤビツの峠を越えるとグンと人が減る。
自転車も歩行者も車も。



でも、今回は少なすぎるな。
預かり知らぬ所で、夏が終わりなのか終わってしまったのか。





Summer is ending 2020_b0223512_13435160.jpg




ここから下り、峠を越えた後は気持ち良い道が続きます。
水を汲んでから更に下ると施設や建物がチョイチョイ出てきます。






Summer is ending 2020_b0223512_13435320.jpg




ここは森林組合の敷地。
丹沢でも古い部類に入るであろう建物です。
まだ残っているんだ。。




Summer is ending 2020_b0223512_13435581.jpg




こんな所に住んだことはないのだけれど。
心を抉るような懐かしさにとらわれるのは何故だろう。



いつか、いつかこんな縁側で余生を過ごせたら・・・。




Summer is ending 2020_b0223512_13435763.jpg




ちょっと切なくなりながらも先へ進みます。





-------------------------------





あっ・・・。





Summer is ending 2020_b0223512_13435977.jpg


また、まただよ・・・。







続きます。


トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/30202774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by flat_white2 at 2020-09-01 20:42
古い建物がシブイ…。つい覗きたくなるようなたたずまい^^
やはり木造の家はいいですね。

あちこち昨年の台風やら今年の大雨やらと、いろんな災害の傷痕が残っていますね。
こちらでも普段通らないような、山の道を通った時、大きく路肩がガケ崩れになっていたりします。
そしてコロナの影響で工事もなかなか進まなかったり。
雨の後などは山のほうは道路も川で土砂が流れ込んだりしますよね。
旅の際はどうぞお気をつけて。もうお帰りなのでしょうけど、今年は特に熊の出没も(^-^;
Commented by mamako48722 at 2020-09-01 22:36
お早う御座います。

拝読していて、人生もひと夏と同じ様に、始まり、盛り、そして、終わりには別れがあって下り坂、何だかそんな事を考えてしまいました。
今年は此れまで経験したことが無い日々でしたね。
この先、どう変わっていくのか図りしれませんが、抗うことなく身を任せようと思います。

切ない夏の終わりですね。お気をつけて。
Commented by kkai0318 at 2020-09-01 23:57
flat_white2さん

こんばんは〜。
この建物は時代を間違えたかのような佇まいでした。
この辺りにはもう殆ど残ってないんです。
こんな家、雨漏りとか虫とか心配ですが、温もりがあるようでとても憧れます。

ここの通行止めは頻繁ですが、この前法面を補修したばかりなんです。結構通る人が多いので何も無くて良かったです。でも、今回の崖崩れは工事の人はかなり大変そうです。。

今週末も大変な天気になりそう…。
そちらも本当にお気を付けて下さいね。

この前、上高地の小梨平で熊のトラブルがあったのは
結構珍しい事でした。今年は森の仲間たちにとって厳しい気候だったでしょうね。
実りの多い秋になりますように!
Commented by kkai0318 at 2020-09-02 00:03
黄葉さん

こんばんは〜。
始まりから終わりまで人生の縮図ですよね。
特に生命感の溢れる季節から枯れていく様子は自分の人生と重ね合わせてしまいますね。
若輩ですが、薄っすらと分かります。

最もセンチメンタルになる季節の始まりですね。

ほんと色々ありますが、なるようになる、
抗わずに受け入れることが出来ればと日々思っています。出掛けたりする時、何も無いように気を付けます。黄葉さんもお身体をお大事にしてくださいね!
Commented by marrone-marrone at 2020-09-02 15:01
こんにちは。
人生の秋を生きるワタクシですが、ふとした時に夏の終わりに感じた切なさを見つけます。
カブに乗って変わる景色、懐かしいような建物、今の時期にぴったり。
リモートで楽しみました!
9月になって山に入る人。。。確かに。
山で大怪我をしていろんなものを失くして、それでも9月にまた山に行くというのが我が息子。
警察の手を離れた遭難者の遺留品を回収するためです。
山に行く意味もいろいろあるのですね。
「ホンモノだけどヤバイ人」、言い当てているなあ。
ニセモノでイイからフツウの人でいてほしいデス。、、、なんて。

Commented by kkai0318 at 2020-09-03 09:51
marrone-marroneさん

おはようございます~。
いえいえ、そんな事おっしゃらずに・・まだ夏ですよ~。
ちょっと大げさですが人生は季節になぞらえるとぴったりですよね。
日本以外にはこうした価値観があるのかとふと思いました。
バイクだと敏感に変わり目を感じることができますね。

息子さん、きっと真摯に打ち込んでいると思います。
短い文章ですが、良い育ちかたをしたんだなと人となりが見えます。
親としては本当に心配だと思いますが・・・。
一線を越えた人は、自分からしたらとても魅力的に映ります。

命懸けに夢中になれることが一つでもあるってとても幸せですよ~。
年齢を重ねて思いますが・・・フツウが一番難しいと思っています(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2020-09-01 19:05 | 近場のお出掛け、イベント等 | Trackback | Comments(6)