人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Nishi-Tan おかわり その2

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22400806.jpg



私生活でバタバタしていて、更新が滞っていました・・。






今週中に再びONラインになるので、またいつものように更新できるはず。





OFFライン中はコロナを始め、脱法マスクやら株価やらで大変な世の中というのが遠くに聞こえ・・・。
必要な情報もたくさんありますが、心を余計に惑わす不必要な情報も溢れているんだなと改めて思いました。

流言飛語に右往左往するのは時代を経ても変わらないもの。
パソコンとスマホが無いとそれらがパタッと入ってこなくなる。
あ、テレビもね。




無いとストレスフリーで平常心を保てますが、ブログ更新できず(笑





----------------------






さて、丹沢。






Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22401630.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22402202.jpg





今回、ピッケルを携えてきましたが・・・。
見て分かる、不必要というやつ。





ピッケルが山の空気を吸って喜んでいると思いましょう。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22402652.jpg





檜洞丸の頂上もこの通り。
期待していた雪まつりは終焉を迎えていましたとさ・・・。




Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22403098.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22413792.jpg





前の行程と同じように、ここから下りです。
縦走始まりですが、下山という側面もある。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22414053.jpg





しかし人が写っているとやっぱり良いなぁ。
撮りがいがあります。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22414207.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22414441.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_22414833.jpg
 
Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14144776.jpg




下りと言っても、細かい登り下りがあります。
雲に包まれたり、抜けたり。
すっきり雲海もちらほら見えてきます。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14144974.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14145115.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14145210.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14145316.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14154140.jpg




霧の山。




そういえば随分昔に国立博物館で見た長谷川等伯の「松林図屏風」に圧倒されたっけ。
あの時から霧が好きだったんだなと思い出します。



見えない部分があると想像力を掻き立てられる。
見えない所を脳が良いように解釈して、そこにいい景色があるように快楽物質を出すのかな。


幻想的、幽幻などという感情はまるっと見えちゃったら生まれなさそう。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14154627.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14154896.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14154969.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14155162.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14163304.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14163696.jpg




ここは一般縦走路ですが、際どいところもある。
でも霧に隠れてくれて怖さが半減しています。



スコーンと下まで見えちゃったら足がすくむ人もいる。
雲が取れたら絶壁だった・・・ということはよくある話。
まとわりつく筋斗雲のお陰で悪場を無事に通過したのは一度や二度ではない。




これも想像力というものの一種。




Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14163864.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14164162.jpg




山。




Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14164227.jpg






そんなこんなで犬越路へ到着です。
今回、軽く縦走して、この小屋でランチというのが大目的。






Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14174639.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14174761.jpg






モノグサ次郎にピッタリなカレーメシ。
これを知ってしまったので、こればかり(笑






Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14175078.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14175166.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_14175495.jpg





加入道山と同じ間取り、造り。
同一パッケージにしたほうがメンテナンスや設置も、何も考えずに出来る。
丹沢の避難小屋はこれからこのタイプなのでしょう。






Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19162146.jpg



スコットランドのピッケル、マウンテンテクノロジー社製。
ロールス・ロイスのエンジニアが起業したメーカーのものです。
軽くて曲がりも素晴らしい。過去にピンの問題で市場から消えましたが、再び持ち直すも時代に飲み込まれた。
メタルシャフトの中では1.2を争う好みのピッケル。

もう一つ好きなのはアルペリット・ドメゾン。
そちらはコンコルドの材と同じとか。




今回そんな大仰なピッケルを持ってきていますが・・・。
すまぬ。。雪が無く、杖にもならなかった。





でも山に来られたから満足しているかな・・・。






Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19162421.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19162585.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19162773.jpg




オピネルとマッチ。
エーデルワイスで揃えました。




Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19162849.jpg




ちょっと細工があって、知らないと開けにくい。
グリンデルワルトのお土産品ですが、レベルが高い。
大のお気に入り。


どことなくというか・・・山の香りがムンムンします。









ご飯を食べたら出発!










ここからはずっと下りです。
台風の影響が甚だしいので、何度か際どい所があった。





Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19172089.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19172394.jpg
(この場所は道の崩落が著しい。岩の横にこびりついた土だけ。近いうちに巻道に変わるでしょう)







とりあえず大丈夫な所に降りてきました。
一安心。



Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19172921.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19173112.jpg

Nishi-Tan おかわり その2_b0223512_19173385.jpg



台風の影響をモロに残しています。
ここは若き頃より遊びまくった渓なのです。。









さて、続きます。




タグ:
トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29964684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ki-shan at 2020-03-17 09:41
いつも楽しく拝見させていていただいております。
上手に山と付き合っておられて、すごいなぁと憧れています。
続きを楽しみにしつつ^^ki
Commented by kkai0318 at 2020-03-18 19:09
ki-shanさん

こんばんは~。
コメントをありがとうございます!
山との向き合い方ですが、以前のようにたくさん登らなくなりましたが
離れてこそまた別の味わいが有ることに近年気づきました・・・。
体力もいい感じに配分できる今が一番いい時かもしれません。

これからどんどんいい季節になりますので、良い山の様子をお伝えできればと思っています。
最近更新が遅いですが、またコメント頂けると嬉しいです!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2020-03-16 20:12 | | Trackback | Comments(2)