人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

竹林へ 続き

竹林へ 続き_b0223512_00240396.jpg




続いては、魚籠(ビク)や小物です。




竹林へ 続き_b0223512_00241159.jpg



こちら、洋魚籠と和魚籠のあいの子のような魚籠。
造り、形共にどストライク。






竹林へ 続き_b0223512_00241780.jpg



こちらの箱達も魚籠の一種。
水箱とか、たなご桶、鮒桶とも言う。




竹林へ 続き_b0223512_00242116.jpg



こんな小さな物まで。
この大きさのは首から下げる。
虚無僧のように(分かるかな)


往年のタナゴ、鮒釣りファンは今でも下げている人がいます。



その姿、渋くて憧れます。




竹林へ 続き_b0223512_00242468.jpg


こちらは鮎釣り系かな。
オトリ鮎入れ各種に鮎だも、背負い籠も。


右上の逆さ桶は餌の蟹を入れたりします。
海釣り用。



竹林へ 続き_b0223512_00270964.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00271646.jpg




上は渓流や清流用。
下の大型のも魚籠です。
入れ子になっていて、釣りというより漁向け。

上2点は遠州(浜松)の伝説的職人、太田徳次郎こと2代目・籠寅の作。

自分も1つ持っていますが、本当に素晴らしい魚籠です。




竹林へ 続き_b0223512_00272219.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00272418.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00284788.jpg



この桶魚籠は入れる鞄付き。
良いなぁ、これ。






さて、その他諸々へ。



竹林へ 続き_b0223512_00285570.jpg



浮き、仕掛け巻き、餌箱と言った小物類。
これは懐かしシリーズ。



餌箱も。


竹林へ 続き_b0223512_00290030.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00290350.jpg



とっても小さいですが、凝ってます。
小箱は作るのが難しいのに、破綻なくまとまっている。
意匠や用途も様々。




続きましては浮きです。



竹林へ 続き_b0223512_00305950.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00310829.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00311219.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00311632.jpg



京の馬井助浮き。
言わずもがなの美しさ。
漆の磨いた肌って、なんてこう・・ヌメリとした表情なのか。
僅かな事ですが、たまらんばい。



竹林へ 続き_b0223512_00312007.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00324378.jpg


桶は使わないとタガが緩む。
湿度を保っていても・・・。

道具も寂しがっているサイン。




全て見終わって・・・。
やや細部まで手が入ってない部分もあり、歯がゆく思います。
コンセプトは最高なので、何とかなればとちょっと思いました。
過去の名匠の技を学べるので、長く維持をしてほしいもの・・・。




自分がきっとこんな道具が好きなのは、
人生の黄昏時に最後まで使いたい物だからなのかもしれない。
渓流に行く気力も体力も無くなり、身近な魚で名工が作った道具を使い込む・・。

ネガティブな事では無く、物凄いポジティブな着地点だと思ってますが、なかなか理解されない。


それは自分のイメージする1つの理想の境地。
原点は変わらないという事ですな。



竹林へ 続き_b0223512_00324792.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00325386.jpg



こちらは脚立釣り用の脚立(ここに付ける道具箱も素敵なのです)
その釣っている様子は古い雑誌でしか見たことありません。
かつて東京湾内でも夏の風物詩としてあった釣り。

立ち並ぶ景色は情緒あって宜しいもの・・。
これも干潟の減少、アオギスが姿を消したことにより消滅。
アオギスがいるか分かりませんが、脚立釣りの可能性があるのは木更津あたりか三番瀬だけか。




竹林へ 続き_b0223512_00325624.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00330120.jpg



外には竹竿で使う竹が植えられています。
前に来た時には手が入っていたのですが、最近は手入れがされていない感じ・・・。




さあ、そろそろ館を去ります。






竹林へ 続き_b0223512_00340813.jpg



曙橋からゆっくりと歩き、皇居へ。



竹林へ 続き_b0223512_00341641.jpg



変な銅像がある。
頭が2つ?




竹林へ 続き_b0223512_00341944.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00342269.jpg



なるほど・・・。
近頃とみに気になるのは目が悪くなった(頭か)


竹林へ 続き_b0223512_00342623.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00352181.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00352916.jpg



ここの石垣は、流石としか言いようの無い張り詰めたライン。



竹林へ 続き_b0223512_00353686.jpg

竹林へ 続き_b0223512_00354358.jpg


何となく東京駅まで歩いてしまった。




資料館一本のお出かけでしたが、心ゆくまで楽しめました。


欲張って幾つも巡ると、上書き上書きで目的が薄くなる。
近頃とみに記憶力も薄くなってきたので・・・。
これもちょっと贅沢な日の使い方よね。








おしまい。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29913822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hawk-eagle2018 at 2020-02-10 19:41
今晩は いいものを沢山見せて頂き有難うございました
暫く遠のいていた 渓流にまた行きたくなりました
また 是非とも載せて下さい 有難うございました
Commented by kkai0318 at 2020-02-11 14:27
hawk-eagle2018さん

こんにちは〜。
コメントありがとうございます!
ほんと見ていて落ち着くというか、人の手の作り出す物に惚れ惚れとしました。

渓流釣りをされていたんですね。
渓を歩くだけでも心洗われますよね。
これからも時々登場します。和の釣具は。
また覗いて下さいね!

Commented by marucox0326 at 2020-02-12 12:06
こんにちわ。

自然素材で作られたかつての実用品って
美しいです。
いわゆる「生活においての道具」なども。

出発の原点は使いやすさであって
芸術性の追求ではないのに、結果として
溜息がでるほどの美の高みに到達してしまうから、上手く言えませんが^^;

作り手の表情や暮らしにまで想像が膨らみ
コツコツとと竹を編み上げる、膨大な時間を
想ったり…きっと館内にいたら、時空を超えた
場所に連れ去られていたことでしょう。
素晴らしいこ紹介ありがとうございました。

にしても皇居の銅像、なぜ一人の頭に鳩が?
芸術は…時に思考を迷路に陥らせまする
Commented by kkai0318 at 2020-02-15 10:25
marucox0326さん

おはようございます〜!
使う道具は天然素材の物が年々少なくなってきていますよね。桶も籠もかつては多く使われる物でしたが、プラとかの方が楽ちんなんですよね。手入れは極力簡素にしたい欲求に沿ってるというか…。

その分、美しさとかの審美が薄くなっていくんでしょう。それらの物を使うには少し気合いと気力が要りますね(笑

今回の資料館に置いてある物全て、様々な人の時間の結晶です。時間を閉じ込めた物の魅力は存在感が桁違い!
自分も使う者として、襟を正される思いです。

コメントの返事が遅くなってすいません〜。


名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2020-02-10 18:49 | 和釣り具 | Trackback | Comments(4)