人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Nishi-Tan Roundwalk その7



Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22374554.jpg




最後のピークを過ぎたら、後は下り。



次第に濃くなる植生に、一抹の寂しさを感じて。



Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22375077.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22375528.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22380127.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22380693.jpg




階段はキツいですが、概ね快適に下っていきます。見た感じ、楽しそうな道だと思いませんか。



Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22390642.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22391274.jpg



なかなかスピード感溢れる下山で、甘い物が欲しくなる。



そうだ、俺たちにはアレがあるじゃないか。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22391790.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22392072.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22392428.jpg



口にした途端、元気が湧き出てきます。





本当、アンコとブルボンは即効性が高い。
脱法ドーピングに指定しても良いんじゃないか。




食欲とか無くても、好きな物だと必ず食べられるし、何より安心します。



山には必ず好きな物を持っていきます。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22404185.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22404798.jpg



ツツジの門を越えてどんどん下る。
家の庭がこんなアプローチだったら最高!とか考えながら。(独り言で喋りながら)






あっ!




曲がり角の先に、急にニンゲンが出現。
久し振りにニンゲンに会います。
あっ!って声が出た位に驚きました。



直前で喋るのをやめて良かった〜。
(香水の香りが風に乗ってきたので、予感がした)






Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22405399.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22405834.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22410665.jpg




沢まで下りると、急に湿度が上がります。





ここで、少し寄り道。





この下の画像を覚えてください。
ここには本棚(滝)があります。




この滝の見方を教えます。



Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22422702.jpg




この右奥の枯れ滝で「あれっ??今は水量が少ないのかぁ…」とわざとらしく残念がりましょう。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22423164.jpg





しかし、枯れ滝の方まで近づくと…。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22423530.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22424022.jpg



左に隠れていた本棚が現れます。



Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22425002.jpg




流量はたっぷり、水は岩を伝ってるので、近くに行くまで音も小さく、気付きません。

誰かを連れて行ったらそうするのが定番。
かなり驚かれます。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22443025.jpg

Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22443474.jpg



この滝は本当に素晴らしい。




見た事が無い方は、上の画像をお忘れになって…。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22444014.jpg





しばし滝壺周辺で微睡む。





Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22444688.jpg



丹沢の水は本当に綺麗。
乾燥した尾根歩きの後だと、湿り気たっぷりの水流が眼と心に優しい。






ゆっくりした後、そろそろと下り始めます。




Nishi-Tan Roundwalk その7_b0223512_22445343.jpg





長い丹沢の記事も次で最後です。







続きます。

タグ:
トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29896273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2020-01-29 07:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unjaku at 2020-01-29 20:51
初めまして。拙いブログにたくさんのイイネをいただいております。
ありがとうございます。
丹沢彷徨、少しだけですが拝見させていただきました。
ここ数日慌ただしくて、皆様のお部屋も通り過ぎるだけでした。

私も若い時に、丹沢の沢歩きなど少々経験いたしました。
近い場所にありながら、経験のある方と一緒でないと
なかなか近づけない丹沢でした。
幼い時から丹沢や大山・箱根連山など、様々な時に近くで見てまいりました。
思い出も様々です。

樹氷や霧など、そこに居合わせなければ味わうことのできない風景ですが
今は、昔と同じく生活する場所から日々丹沢を眺めております。
美しい写真、これからも楽しみにお待ちしています。
Commented by kkai0318 at 2020-02-03 22:31
鍵コメさん(pさん)

こんばんは〜。
返事が遅くなりました〜!

あ、その京都の山旅覚えていますよ。
29000歩歩いて迷ったって、楽しく拝見しました(笑 道を教えてくれた方が間違ってたけど、優しい人だったみたいですね。
似たような経験があったので、読み入ってしまいました。読んでる方は楽しいけれど、当の本人は大変だったかと思います(笑
友人との珍道中、きっと後で笑い話になっていくと思います。

今はスマホを持ってれば、ヤマレコのGPSで現在地が分かるんですけどね。

栗羊羹はホント美味しかったです。
ブルボンとの合わせ技で更に最高でした〜!
ルマンドも大好きですが、あれは持ち運びが繊細っ。。行き着いたのがチョコリエールなんです(笑
Commented by kkai0318 at 2020-02-03 22:39
unjakuさん

ご訪問とコメントをありがとうございます!
最初のコメントなのに返事が遅くなりまして、大変失礼いたしました〜!

随分前から丹沢近辺を歩いていたのですね。
今は道も大分整備されているので、以前のような歩きにくさが減ったように思います。
沢も結構歩きましたが、未だに全貌が掴めていません。近くでこんな奥深い所があるのは、ありがたいと改めて思っています。

丹沢を眺められる所にお住まいなんですね。
自分は電車から時々眺めています。
僅かな時間ですが、富士山共に見えると安心します。今日はどうかな〜とか、あそこを歩いたとか考えて、大きな通勤の慰めになっています。
山の写真以外も出て来ちゃいますが、またご訪問頂けると嬉しいです。
これからも宜しくお願いします〜!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2020-01-28 23:20 | | Trackback | Comments(4)