人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

海へ その2

海へ その2_b0223512_21363763.jpeg


ささ、磯場に着いて、支度を始めます。


海へ その2_b0223512_00524488.jpeg


あっ…。
仕掛けを入れた途端にククッと…フグです。
小さなフグがワラワラと集まってきます。
な、なんて数だ…。


下の大きな魚まで届きません。
アグレッシブな小魚達のいい鴨です。
色々工夫したのですが…餌は直ぐに無くなりました。


ちょっとふてくされて、昼寝しようか迷いましたが…。



海へ その2_b0223512_00522493.jpeg

今回はルアーもあるじゃないか。


海へ その2_b0223512_21422519.jpeg
海へ その2_b0223512_21424666.jpeg

エギもあるので、道は色々開けてる(笑
この辺りは実務的な道具。
プラッチックケースとかそんなの。
ルアーは小学生からの物も混じる。


ご飯を食べて、気持ち新たにルアーをやってみます。



海へ その2_b0223512_21355962.jpeg


これだけザッパンしてるので、サラシに投げて、ヒラスズキを狙います。
遠くに投げられないので、ポイントは慎重に。


海へ その2_b0223512_21473530.jpeg


何十回か投げ続け、丁寧に泳ぎを変えて。
これだけ投げ込むのは久し振り。
フライと違って荒々しくて少し楽しい。
何かスポーツ的な要素があります。



「あっ…!」



弾丸のように黒い影がルアーについてくる。
ダメだ…食わない。
何度も動きを変えて、ルアーを変えて。

一度追う魚影が見えると俄然ヤル気が出てきます。
魚の弱っている感じとか、逃げている感じを演出。






…ガツン!!






「キタッ!」




グンとこれまた弾丸の様に走ります。
この時に伸されるか、リールを巻けるかで大きさが分かります。
大丈夫、そこまで大きくない。




慎重に、慎重に。




海へ その2_b0223512_21580146.jpeg


釣れました!
ワカシです。



海へ その2_b0223512_21583364.jpeg

この場所でブリ系を釣るのは初めて。
スズキより暴れなかったので、すんなり上がってきました。
何より物凄い嬉しい魚です。





ささっと締めて血抜きして、苦しませないように。
自分の手の中で命を奪うのは久し振りです。
心が痛まないのは嘘になりますが、最初から最後までちゃんと。
全部美味しく食べてあげるから…。




このサイズなので、食べるには充分。
今日の釣りは終わりかな…。


この釣りは日中は難しい。




海へ その2_b0223512_22165212.jpeg


海へ その2_b0223512_22194349.jpeg
海へ その2_b0223512_22205711.jpeg

この岩、大型トラック程の大きさ。
あっという間に波にのまれる。
波の質量は物凄い。
毎回来るたびにビビりながら見ています。



海へ その2_b0223512_22225029.jpeg


磯場では海に背を向けて作業をしないようにしてます。
いきなり大きな波が来るので、常に緊張感を。


海へ その2_b0223512_22283436.jpeg



ささ、今日は友人宅でカレーパーティーだ。
明るい内にゆっくり帰ります。




------------------------------




次の日。



海へ その2_b0223512_22303284.jpeg


昨日、三枚におろして、あっさり塩焼きにしました。
お刺身も良かったのですが、この時期はちょっと怖い。(ちょっと食べましたがとろける美味しさでしたが…)

ワカシは脂が少な目なので、塩振って一日置いて熟成してました。



海へ その2_b0223512_22365856.jpeg

しかし…。
上品で臭みが全くなくてふわふわ。
適度な脂は絶品で、噛むと程よく滲んで旨味が広がります。
いい塩梅というやつ…醤油の出番は無かった。


ちょっと罪悪感ありますが、この位の大きさが1番美味しい気がする。
この美味しさは鯵、鯖を軽く超えてしまう。


もう少し大きくなると臭みが出るので…柑橘と合わせたい、
頭と骨についた身はそぼろに、頭はいい出汁が出て、全部食べました。


美味しくいただいた。ご馳走様でした。


海へ その2_b0223512_22464680.jpeg


これね…。
またすぐに食べたくなるのですよ…。
何より、全部自分でやるので味も格別。









ちょっと…また海に行ってきます(笑



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29644409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakanatsuko at 2019-09-18 07:15
ごちそうですね(^ ^)
わくわくとドキドキな
楽しそうな釣り
荒々しくて怖そうだけど
楽しそうです
フライタックルにルアーですか?
Commented at 2019-09-18 07:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marucox0326 at 2019-09-18 18:33
こんにちわ。

波が立って確かにスポーツ並みな感じ(
(ここでダジャレか)
でも投げ続けたかいがありましたね。
で・ワカシ?なに?ワラサじゃないの?
鰤の小さいのってのは想像ついたけど。
で調べたら関西ではツバス・・・うんうんそれなら知ってる。
キレイなお魚ですよね。

↓道路上で幟立てて売ってる果物屋台には、ゆめゆめ手を出しちゃあいけません。
ワカシも、あ・違ったワタシも痛い目に遭った口。確か桃でしたよ。
安い値段を大書し客を引きつけ、いや実は売り切れて高級品しかもうないと言って
べらぼうな値段をふっかけられました。気の弱い人は確実に術中にはまりまする。
Commented by kkai0318 at 2019-09-19 14:27
さかなっこさん

こんにちは~。
ほんとごちそうでしたよ。
釣った魚は以前は食べていたのですが、ご無沙汰だったというのもありますが
全てのプロセスをやると更に!
一切残せませんね。

海はちょっと怖いです。
波が高いと持っていかれそうで、かなり警戒していました(笑

フライはやらず、普通のルアーロッドです。
藤巻きは竹竿で餌釣り用ですよ~。
Commented by kkai0318 at 2019-09-19 14:29
鍵コメさん(pさん)

こんにちは~。
はい、もうまさにガッツポーズしました(笑
大きさは食べる分には丁度良かったので、切り上げるいいきっかけになりました。
この魚を焼いて食べるのは初めてだったので、開眼してしまい・・(笑
市場でも時々出るみたいです。

釣り場は波の受ける場所を避ければ良いのですが・・。
釣れそうな場所は危険です。きっと。
緊張感を持って釣りします。ありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2019-09-19 14:40
marucox0326さん

こんにちは~。
いきなりいい感じのダジャレをありがとうございます!(笑
投げ続けるのは気持ちの糸が切れないように、ゆっくり且つ、継続して投げています。
このサイズは・・・こちらではワカシだと思います。
うーん、かろうじてイナダ?位の大きさですかね~。
そうだ、地方名です。ツバス。
他はワカナゴとか、ヤズとか・・・。
魚体の綺麗さはサクラマスみたいと思いました。
釣れた直後は鮮やかで、しめるとくすんだ色になるんです。
やつは美味しかった・・・。今度栗と交換しましょうか(笑

桃、書いては無かったんですが、道路上じゃ無かったんです。
(あの路肩に停めて、トラックでメロンとか松茸とか売っているやつだと思いますよね・・)
実は道沿いの店舗(結構しっかりした作り)だったんです。
なので、やられてしまったのかもしれません・・・。

・・しかし入る前、良くない「雰囲気」ってありますね。
marucoxさんもやられたクチですか・・。
ホントあの路肩トラックには手を出しちゃいけない(笑
いい勉強になりました(笑
Commented by BBpinevalley at 2019-09-20 07:06
なんて美味しそうなお魚なんでしょう。
あまり戦わなかったというのがびっくり。
いかにも速そうなカタチで、尻尾がピンとしていますよね。
こちらで釣れるking fishに似ているような。

魚って、血抜きをしても生きているものなのですね。
神経締めもされたわけですか?
どこで習われたのでしょう?
Commented by izumi-suzuki at 2019-09-20 09:13
すごい・・・ブリが釣れちゃうなんて、本格的な漁師ですね。
ご自分で釣ってお料理されたのは、格別な美味しさでしょうね。
実況中継で、私も一緒に釣りしている気分でした。撮影と釣りとで忙しかったでしょう? お疲れ様・・・
Commented by kkai0318 at 2019-09-20 14:33
BBpinevalleyさん

こんにちは~。
いつもはお刺身で食べる魚なんですが、塩焼きの美味しいこと!
ちょっとビックリしたくらいです。
この魚は大きければ大きいほど凄いファイトをするんですが
小さめだったので、意外とすんなりです。
この弾丸みたいな形はカツオに似た動きをします。
ニュージーのking fish!そうなんです同じブリですね。

血抜きしても生きてます。
なので、頭に刺してその後に血抜きします。
キャッチアンドイートの釣り人はみんな知っているはず・・。
小さい時から海釣りをやっていたので、父に習いました。
Commented by kkai0318 at 2019-09-20 14:47
izumi-suzukiさん

こんにちは~。
いえいえ!もう偶然食らいついてくれたのだと思っています。
でも本気で取り組むのに値する魚ですね。
今、ちゃんとした道具立てを準備中です。

全て自分で完結するのはいつ以来だろうと思いました。
前はヤマメ、鮎はよく食べていましたけど・・。
食べることの根っこを再確認できました。しかもすっごく美味しいですし!

そうそう、夢中になっていると撮影がおろそかに・・(笑
というか釣りの時は記録用の機械に成り下がってしまうので、
適度に休んで、いい景色を撮らないとです(笑
Commented by BBpinevalley at 2019-09-21 07:34
なるほど、キャッチアンドイート。
キャッチアンドリリースしかしたことなくて、まるでOrvisマークの似非フィッシャーマンでした(笑)
最近、ファームの面している内海から、夫がいろいろ釣ってくるのですが、彼はもっと似非フィッシャーマン。
私が魚を受け取るときには、すでに硬直していて、なんだか変だなぁって思っていたのです。
日本のお魚屋さんの魚って、もっと柔らかい…
鯛やタラキヒ、うまくいけばキングフィッシュなど釣れるのですが、さばくのが苦手で、どうも嬉しくありません。
もったいない…
Commented by kkai0318 at 2019-09-24 14:27
BBpinevalleyさん

こんにちは~。
そうです、キャッチアンドストマックとか言います(笑
いや、リリースすることは食べる方からしたら奇異に見えるのかもしれません。
海でも逃がすのは小さいのと卵を持っている魚ですかね。

え、魚を受け取る時はって、どこかで仕入れているということでしょうか(笑
でもちゃんと獲物を持ってくるという事は良いことですね。
さばくのが苦手なんですか??何でも器用にこなしそうな感じなのに・・。
こちらではお寿司屋さんとか、魚屋さんが持っていくと捌いてくれます。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-09-17 22:59 | 近場のお出掛け、イベント等 | Trackback | Comments(12)