人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

西の沢の渓谷へ その3



b0223512_22112882.jpeg


------------------------------




b0223512_00171768.jpeg

川を中心にトンネルになっています。
光が反射して緑の世界。


b0223512_00174072.jpeg

友は楽しそう。
しっとりと自然の中を喜んでくれている様子。
まだ先があるんだけど…黙ってよう。



b0223512_22131368.jpeg
b0223512_22125064.jpeg
b0223512_22140231.jpeg

見上げたり、足元を見ても小さな世界がある。
友の楽しそうな姿を見て、同じく楽しくなります。
これ、大事。



「ドド…」


遠くに滝の音が聞こえてくる。



b0223512_22133633.jpeg

そろそろ一番の見どころ、七ツ釜五段の滝が近付いてきた。



b0223512_22142405.jpeg

ここら辺から少し登りがキツくなる。
頑張れ…。



b0223512_22145142.jpeg
b0223512_22151734.jpeg

陽の光も綺麗。



b0223512_22162606.jpeg
b0223512_22160182.jpeg

b0223512_23415320.jpeg

やっぱり良いです。
雨の後なので、少しだけ濁りが混じる。



b0223512_22172406.jpeg


------------------------------




歩き続けたので、ちょっと休憩。


b0223512_22175413.jpeg

豊かな水量の横で休憩です。
沢沿いになると冷たい風が吹き抜けます。




b0223512_22110756.jpeg

こんな感じでゆっくりします。
歩き続けるより、こんな風にゆっくりする為に来たのです。
ここでのんびりとご飯を食べます。


b0223512_22181461.jpeg

今日は軽量荷物で、ステッキのみ。



b0223512_22183438.jpeg

水筒は多め。




ここで昼寝したいなー。




------------------------------




ここの休憩場所を出たら、すぐに山を巻くように急登です。



b0223512_22190468.jpeg

最後の階段を登ると、折り返し地点まで到着!




b0223512_22193431.jpeg

ここも休憩場所になってますが、さっきの川沿いの所がベスト。




------------------------------




さ、友がゆっくり休憩している時に、記憶の確認をします。
少し登って、探しますが…。



あ、あったあった。まだ残ってます。



b0223512_22195894.jpeg

山の中に残されたエンジン。


b0223512_23531244.jpeg


随分昔に何かあったと覚えていて。
これは多分、ここのトロッコ道で使われてた牽引車のエンジン、だと思う。
巨大な謎のエンジン。




b0223512_22202857.jpeg


半分地中に埋まってますが、休憩所のこんな近くにあるのです。
どなたかまた来た時に見てみてください。
ごっついです。



b0223512_22210032.jpeg
(休んだから元気!)


ここからは緩やかな下り。
渓谷から離れ、昔々のトロッコ道を歩きます。
屋久島とか歩かれた方なら分かると思いますが、傾斜が緩く歩きやすい。
距離はありますが、良いシェークダウンです。
走る人もいる。



b0223512_22211873.jpeg

しかし油断してはいけない。
道の左は急峻な崖。
落ちたら…一発ですな…。

ここにトロッコを作った先人は凄いとしか言いようがない。



b0223512_22214421.jpeg
b0223512_22220445.jpeg
b0223512_22222641.jpeg
b0223512_22230306.jpeg
b0223512_22231860.jpeg

時々、軌道が出てきます。



b0223512_00021713.jpeg

細く小さいですが、断面は立派な線路の形。



b0223512_22242639.jpeg


b0223512_22224630.jpeg
b0223512_22240405.jpeg

時々見晴らしが良くなり、飽きさせません。


b0223512_22234851.jpeg


まだ続くのかと思い始めた頃、下に着きます。
行きに通った道とここで合流します。



b0223512_22244642.jpeg


橋を渡ったら、ビジターセンター着。


あと、ここの吊り橋を撮っておこう。




b0223512_22251766.jpeg
b0223512_22260142.jpeg
b0223512_22254228.jpeg


エクストリーム吊り橋。
もちろん立ち入り禁止ですがな。




b0223512_22265204.jpeg


平坦な林道を少し歩いたら…。



b0223512_22271100.jpeg


無事に到着!



大体10キロ程の行程ですが、前半は渓谷歩き
後半は歩きやすいトロッコ道の下りの構成。
どなたでも、体力が無くても、ゆっくり歩けばかなり楽しめます。
ここではコースタイム云々より、渓谷美をゆっくり楽しんでもらいたいなぁ。

確実にスッキリした状態で戻ってこれます。
秋が特に美しい。
朝早く出ると、天国の時間が長くなります。





そういえば…。
ほぼ山歩きが初めての友、意外過ぎる体幹とバランスの良さだった。
少しペースを上げても、しっかりと歩けることを自分でも感じていた様子。
多分怖さとかを感じないのかもしれない。
岩登りを楽しむ人に見られる傾向があるな…(笑



かなり面白くて、新鮮でした。
次の山も連れて行こう。キツくない所をね。









さてさて。

少しだけ続きます。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29626099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 5ko8ha9ku at 2019-09-07 20:25
kkai0318さん、初めまして、ハクと申します。

私も、渓流釣りをしますのでウェダーや登山靴なしで行ける渓は、魅力的ですね。
奇麗な落ち込みを見ると、竿を出したくなります。
Commented by kkai0318 at 2019-09-09 22:50
5ko8ha9kuさん

こんばんは〜。
ご訪問とコメントをありがとうございます!
ほんと大袈裟な装備とか道具を持たず入れる渓は魅力ですよね。
古き山人のように、最小限の道具だけで、サラリと釣る姿に憧れます。
何処を旅しても、つい川を覗き込んでしまうのは釣り人の性かもしれません(笑
そこに何かが泳いでるだけで楽しいですもんね。
綺麗な川は見ているだけで満足してしまいます〜!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-09-06 00:18 | | Trackback | Comments(2)