人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

小田原の旅 その2

小田原の旅 その2_b0223512_23495634.jpeg


海側から山に入ります。
友のオススメの場所へ。

風祭から更に山奥へ。




実は・・・目的地に到着まで写真がありません。
何故なら…道を間違えて、極狭の道に迷い込んでしまったのです。
しかも物凄い斜度で車が進めなくなる程…。
坂で進まなくなるのって初めて経験したかも。


ターンも出来ず、ニッチもサッチもという状態は久し振りで
相当焦ったので、写真を撮る暇と余裕は無かったのです。
いや…焦ったホント。


アスファルト道でタイヤが空転するなんて想像出来るかい…?
バックでジワリと下り、ここ最近では最大のピンチを脱しました。


ほのぼのとした海の雰囲気からこんなになるなんて。
油断大敵です。



道を聞いた地元の人にブルーベリーを頂いたりして
イベントはあったのですが、気が抜けてた為これまた写真無し。
友が呑気にしていたのが救い。




ささ、大回りしてやっと目的地に着きました。(苦労した描写ですが、普通に来れる場所です)



小田原の旅 その2_b0223512_00013969.jpeg
小田原の旅 その2_b0223512_00020187.jpeg

友がインスタグラムで見つけてたスポット。



上水之尾用水溜池。



ここは恐ろしくマニアックなスポット。
殆ど知られてないんじゃ…。

江戸時代に造られた農業溜池ですが、湧き水由来で水質は良いらしい。
水田用に使われた期間は短かかったようです。(案内板による)


小田原の旅 その2_b0223512_00141482.jpeg
小田原の旅 その2_b0223512_00134645.jpeg

かつてはタナゴやヤマメ(!)まで居たらしい。
今は鯉が泳いでます。
タナゴに限ってはまだ居そう。



さっきまで大焦りだったので、小さな溜池と言えど、落ち着く。
小さくても緑と光の差し込みが良かった。
湧水由来の池は、透明感がなくても清浄な雰囲気。



歴史上、ここら辺は風魔党の本拠地。
この水を飲んだりしてたのでしょうか…。



小田原の旅 その2_b0223512_00163573.jpeg

案内板を読み込むと、この上の山で鷹狩りをしていたようです。
その為の休憩所もあったみたい。
二本杉の横の空き地と書いてある。


まだまだ山奥へ行かないと無さそうだな…。
とりあえず道を上がって行きます。



歩くこと1分。



小田原の旅 その2_b0223512_00232312.jpeg



「あれって二本杉? 」



「そうっぽい」



「近い(笑」




よもやこんな近くにあるとは…。
もっと遠いのかと思った(笑



小田原の旅 その2_b0223512_00273638.jpeg


で、デカい。
そしてこの辺りは他にも増して空気が良い。



小田原の旅 その2_b0223512_00275434.jpeg


大きな杉の木の横に空き地。
なるほど…ここにあったのか…。



小田原の旅 その2_b0223512_00330782.jpeg
(撮影裏側)




なんて眺めていると水の音に気付いた。



小田原の旅 その2_b0223512_00262167.jpeg

杉の木の横に水が出てる…。
何か地元の人が使ってるような雰囲気!
これは完全に湧き水だ。。

さっきの溜池の源流です。
周りからも水が滲み出ていて、豊かな水量ドバドバです。


小田原の旅 その2_b0223512_00320264.jpeg
小田原の旅 その2_b0223512_00322572.jpeg

足を浸してみる。
おお…強烈な冷たさ。。
足を長く浸けてられない…。


「飲むでしょ」


「ゴクゴク…」


「…!!?…!!!!!!」


「おっ、お??美味い!!ゴクゴク」



なんとこの湧き水、歴代最高クラスの美味しさ。
冷たさ補正を差し引いても、トップに君臨するかも…。



小田原の旅 その2_b0223512_00351359.jpeg


透き通った口触りに柔らかな喉ごし…。
口に含むとキリッとしてるのに。
喉ごしに僅かなイガイガもないぞ。
いや、これを読んでゴクリとした全員に飲ませて差し上げたい。
何より、口に物を含んだ途端、目が「くわっ!」なんてなったの久し振り。



アホほど水筒を持っているのに、こんな日に限って持ってないんだな。
持って帰るのを切望したのですが…また来て飲むしかない。
美味い水は旅しない。

料理とか、コーヒーやお茶を淹れたらどうなっちゃうんだろう。
凄いかもしれない。


ポリタンクは匂い移るかな…。グランテトラだなぁ。




そんな感じで・・・この真夏に体の中も外も爽やかになりました。
見た目も爽やかになれば言うこと無いのですが、そうはいかないか。



ここはまた来よう。水汲みに(笑
2人の意見は超合致しました。




冷えて来たのでそろそろ山を降ります。



------------------------------



小田原の旅 その2_b0223512_00513753.jpeg
小田原の旅 その2_b0223512_00535570.jpeg

小田原城付近まで来ました。
走行中に友が面白そうな所を見つけました。
車を停めて、蝉時雨の中を歩いて向かいます。





さてさて。







続きます。







トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29603940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by leialoha-2007 at 2019-08-23 12:21
kkaiさん、こんにちは♬

京都に小田原と旅行日記に「オラ、わくわくすっぞ。」by孫悟空
京都は修学旅行で行ったっきりですから、色々変化もあるでしょうから
行ってみたいですね。
当時、寺めぐりするグループは私達だけで、変な高校生でしたっけ。
ちょっとだけ思い出しました。

傾斜で動けなくなるって超怖い。
考えただけでぞーっとする。
変なホラーより怖いわ。

湧き水、凄く美味しそう。
冷たさが伝わって来ますね。( ´艸`)
コーヒー淹れたら美味しいと思います♪
Commented by kkai0318 at 2019-08-23 14:33
leialoha-2007さん

こんにちは~。
おっ、わくわくすっか(笑
京都は修学旅行以来なら次に行った時は物凄い楽しいかも・・。
しかもそんな渋い高校生だったのであれば、素質は十分(笑
変化していないようで多数の変化がありますよ~。

そう・・この小田原旅はいきなりピンチになりました。
で、その後が湧き水の僥倖と目まぐるしいアメとムチでした。。
乗り物系のトラブルは心臓に悪いです(笑

湧き水、次に行ったら必ず汲んでこようと思います。
いや、ここ目的で来る勢いです。
明日も水が綺麗な所に行くので、楽しみです~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-08-23 00:57 | | Trackback | Comments(2)