人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

京都旅 2019 その4




b0223512_23495034.jpeg


---------------




釣具屋さんを出た後、次は高瀬川沿いを走ります。
爽やかな川沿いは自転車で走るのに最高です。
思ったより人が少ないな…。って平日だった。






次に向かった所は…。




b0223512_22352694.jpeg


樽徳商店さん。






釣りで使っている桶のことを色々聞きにやって来ました。
桶について色々知りたいことや疑問があったので
職人さんに聞いてしまおう、ということです。



箍(たが)の作り方、結合の仕方とか。
漆を塗っているのは含水はどうしてるのかとか…。
どれくらい痩せてしまったら箍を締め直す等、多岐に渡りました。
実用的で即効果のある水止めの方法なども知らない事がたくさんありました。

社長(職人さん)はこちらの稚拙な質問にも快く色々教えてくれました。




b0223512_22360557.jpeg


桶のサンプルも見せてもらい、銅箍の良さを改めて実感した次第。
聞けば聞くほど、桶という物は素晴らしい。
技術の結晶のように思える。

先人の「水分を溜める」にはどうすれば良いか、薄い木材をどう加工して組み合わせるか。
薄くて軽く、かつ長持ちで修理もちゃんと出来る。
試行錯誤の努力があってこそです。

ずいぶん昔ですが、水回りの仕事をしている方と話をしたことがあります。
「水漏れを長期間防ぐって、物凄い大変なことなんだよ」こんな事を言っていたのを覚えています。
桶はその最前線にいるのだな・・・。



桶単体で姿を見ると旧態依然とした物ですが、
長く文化を作り上げてきた形がここにあります。


和食にまつわる調理器具や盛り付け皿、寿司周辺のあれこれを見ても
プラスチック素材や作り方は変われど、形だけはずっと変わらない系譜です。
現在でも思ったより深く人々の心や生活に入り込んで、大きな影響を持っているんだな。
ちと大げさですが。


素材、技術、形式、時間が1つの環となって文化という物になるのかも。



b0223512_22355247.jpeg


あっ…。
前夜に続き、皆さんのポカンとした顔が容易に思い浮かびます。
まあ、ポカンついでにもひとつ。



上の写真では桶と樽の2種類があります。




よく見る細縦筋の木目(柾目)の物が桶(オケ)
メラメラした模様(板目)の物が樽(タル)




形ではなく、木目の向きで名称が変わるようです。


タルはご存知、長期で液体を貯蔵したりするので水を通しにくい木取り。
オケは短い時間の中で使い、出すぎた水分も吸いやすい木取り。



先人の知恵の蓄積は本当に凄い。




b0223512_22361881.jpeg
これは…樽!
もう覚えましたね。




またしても濃密な時間を過ごしてしまった。
時間はこうして使うものかな…。


「困ったことがあったらいつでも連絡してね〜 」と
最後まで優しい樽徳さん。一言一言に全て裏付けがありました。

お忙しい中時間を割いていただき、本当にお世話になりました。
ありがとうございます!




------------------------------



b0223512_22364208.jpeg
再び高瀬川を上り。




b0223512_22365726.jpeg


再び鴨川河畔へ。
河原に座り、お昼をのんびり食べます。

水量少なめで透き通った水がゆったりと流れています。
釣具と桶を見た今、本当に穏やかになっている。



b0223512_22371215.jpeg




また…今夜も先に進まなかった…。
自分は熱中、皆さんはポカンとなる記事でした。
明日こそは…。







続きます。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29514137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2019-07-10 10:10
>よく見る細縦筋の木目(柾目)の物が桶(オケ)
>メラメラした模様(板目)の物が樽(タル)
目からウロコ、こんな区別があるなんて知りませんでした。
ポカンどころかしゃっきりしてしまいました(^^ゞ
ありがとうございます。
Commented by kkai0318 at 2019-07-11 00:12
pallet-sorairoさん

こんばんは〜。
やはり餅は餅屋に聞くべし、です。
色んな疑問が融解していくようでした。
作ってる方のお話は含蓄もあり、凄く楽しかった…。
この時は釣具屋に続き、シャッキリしてました(笑

こちらこそありがとうございます〜。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-07-10 01:53 | 京都 | Trackback | Comments(2)