人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

京都旅 2019 その3





b0223512_22400506.jpeg


鴨川沿いを北上して走ります。



b0223512_22330811.jpeg


鷺や鴨、鳥がたくさんいて、のんびりした景色です。
が……穏やかな景色に相反して、決して穏やかではない心になってる男がいた…。
少し急ぎめに走る男の目的地は。




b0223512_22332908.jpeg


そう、釣り具です。





何を隠そう伏見稲荷神社を下ってる時から頭がいっぱいでした。。
それが第1の目的と言っても過言ではない…。
伏見のご祭神、宇迦之御魂大神(ウカノミタマ)も苦笑いしているでしょう。




何をそんなに釣り具店に求めるかと言うと…。



b0223512_22343748.jpeg


これです。浮き。




「京の至宝」と謳われた馬井助浮子。
ここではそれが今だに店頭販売されています。





馬井助(ばいすけ)


初代の作るものは本業の傍に作っていた物で、
実用的且つ地味な印象です。

そして初代が亡くなった昭和初期に、息子さんが二代目として浮き職人に。
その二代目が作る浮きは、その美しさから「釣り道具の域を超えた工芸品」と言われ
遠くは関東にまで知られるようになったのです。
初代は細々と作り、二代目で栄華が花開いた。


その二代目も鬼籍に入って45年。
跡を継ぐ人もおらず、二代目限りで無くなってしまいました…。







自分は曙橋にある釣り文化資料館で見てから、存在を知り、
いつか手に入れ、使ってみたいと思っていた物です。




b0223512_22340586.jpeg
b0223512_22342106.jpeg




よもやこうして店頭販売がされてるなんて……ちょっと夢のようです。



そう、ご想像通り、この浮きは工芸品。
たくさん入手するには勇気が必要です。
が、この日の為に霞を食べて生きてきた…。


また明日から霞の生活か(笑



b0223512_22334644.jpeg



お店の方も名物女将。
話をしているだけでめちゃくちゃ楽しかった。
京の釣りの今昔、道具の変遷など貴重な話を聞かせていただきました。




b0223512_22345974.jpeg



色んな浮きを見せてもらいました。
鴨川では黒いトップがよく見やすいらしい。



馬井助でなくとも、研ぎ出しの肌はすこぶる綺麗。
関東ではあまりお目にかかれない物ばかり。
こちらの方も使いやすそうな物をいくつか。





そして改めて馬井助を手に取り見ると、塗りの美しさに目を奪われます。
群雲塗り、金箔の奥ゆかしい見せ方、ああ…何とも言えない…。
品があると言うか。研ぎ出しは津軽塗と近いのかな。
中は桐材、漆を何度も重ね、磨き込む。

色合いや形、極細ラインの引き方など見ていて気持ちいい姿。
どこから見ても破綻していない、というやつです。
「姿」というのは無意識にパっと見て感じるので、説明が難しい。


今回、この馬井助は実用的な物を幾つか求めました。
しかし小さき物の魔力は凄まじい・・来る度に求めたら破産するぜ・・。

以前も触れましたが、こうした小さい物はつい求めてしまう。
根付にしろ、宝石にしろ。





綺麗な塗りの竿、浮きは関西圏が多い気がします。
やはり文化的水準の高さが関係しているのか…。
京竿のアイデンティティでさえある笛巻きの竿は幾つかありますが・・。
それらもやはり塗りの良さは素晴らしい。






…あ、また読む人をポカーンとさせてしまった。

まぁ、いっか。





ついつい好きなものだと長くなってしまう。
もうちょっと進むつもりだったのですが、今夜はここまで。







続きます。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29512577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by watmooi at 2019-07-09 09:41
おはようございます。
京都から帰られ、またお仕事頑張っておられることと思います。

この困った顔のニャンコは鴨川の住人❓

自転車で京都を走る、って一番いいですよね。
いつも通るところはだいたい同じなので、いつか細い路地をあちこち歩いてみたい、と思っています。

今回の目的は釣り具、「浮き」だったのですね。
いつもながらkkaiさんの良いものに会いたい気持ちがすごい‼️と感心して読ませていただきました。

霞の他にも季節の美味しいもの召し上がってくださいね。
Commented by kazutanumi at 2019-07-09 10:30
京都を自転車で散策とは、良いですねえ。
普段通らない細い路地とか、発見もあるんじゃないかしら。

最初の黒猫さん 眉毛ありません?(笑)
困った顔が可愛い。
Commented by kkai0318 at 2019-07-09 14:27
ワットモーイさん

こんにちは~。
まだまだ抜けきってないような気がしますが
頑張っています(笑
また行きたくなる京都の魅力・・いつもながら楽しい場所です。

このニャンコはここまで進めたらという感じでしたが
浮きの話題でこの記事が終わってしまいました。。
鴨川じゃないんですよ。。

京都を巡るのは自転車が一番楽かもしれません。
この行動範囲は徒歩だとなかなか実現できません。
道も自転車優先がたくさんあるので、走りやすいんです。
オススメです!

この浮きは焦がれていたので、実物を手にとって選べる日が来るとは
思いませんでした。やはり好きこそだからかもしれません。。

霞に味をつけて頑張ります(笑
Commented by kkai0318 at 2019-07-09 14:31
kazutanumiさん

こんにちは~。
以前も自転車で回ったんです。
その時に自転車が一番あちこちを行けると言うことに気付きました。
細々とした路地はたくさん走りました(笑
なにより涼しかったので、快適でしたよ~。

碁盤目状だと道に迷わないので、時間も無駄に使わなくてウロウロできます。

猫ちゃん、確かに眉毛ある!(笑 今気付きました・・。
この子とはだるまさんが転んだごっこをしていました(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-07-09 00:55 | 京都 | Trackback | Comments(4)