人気ブログランキング |

Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Treat 3

b0223512_22004028.jpeg




いい朝過ぎる…。
寝起きも抜群に良かった。
夜更かししなかったからだな。




b0223512_21585293.jpeg


さっそく行きたい第1候補、名古屋城へ。
すぐそばのホテルに泊まったから、近所です。



b0223512_21583278.jpeg

堀にかかった橋を渡ると、雰囲気が変わる。





今も昔も城周辺は行政の要。





b0223512_21590673.jpeg

おお…何だこれは。



会議場とある。
名古屋らしい…いや、日本らしい建物。



「江戸から近代の戸惑いを表現しました」



なんて気がする。
いや、和洋折衷かな。




b0223512_21592194.jpeg


良く見てみると、かなり立派。
現在改装か、耐震工事をしているみたい。








b0223512_21594402.jpeg

b0223512_22000433.jpeg

いやはや、大きい。
比べるのは横浜しかないですが、正直言うと比べる土俵が違かった。
ちょっと歩いてみても気付く。。



かなり古くからある町割りなんだなと、朧げにも分かります。
関西圏を旅すると感じる、古くから連綿と続いている土地の香りがプンプンします。



文化は西から来た。
東国住まいには、そう感じずにはいられない。




b0223512_22002150.jpeg

何だと思ったら駅だった。
素敵です。









さて、城内へ。



b0223512_22005539.jpeg


堀には水はなく、菜の花が。




そして……石垣の美しさは素晴らしい。
ピンと立っている稜線、いきなりウットリしてしまった。


b0223512_22012216.jpeg
b0223512_22014779.jpeg


何だよ…これ。。
既存のステレオタイプ・名古屋城のイメージはガラガラと崩れる。


これは名古屋生まれ名古屋育ちなら、誇りに思うだろうなぁ。




b0223512_22020540.jpeg


入った。



b0223512_22022460.jpeg

あ…。
ここから見ると霞んでる。。
その威容、RCなんて事はどうでも良くなるな。
あれは相当大きい。。



実はこの日、初めて名古屋城を実際に見たのです。



良く聞く事は…。
現存天守では無く、エレベーターがあって…。
城好きからしたら、見るに値しないとか…。



でも…実際に見ると全然違うじゃないか。








b0223512_22024160.jpeg
b0223512_22025458.jpeg


これが最初の館があった所らしい。
世界大戦で石が損壊してるので、一部しか残ってない。



さらに歩みを進めます。



b0223512_22031308.jpeg


おお…。
凄い質量…。




何か驚きばかり。
きっと堀を越えた時から、この規模に飲まれてるんだな。




最近目にして来た城、言わば個人事業主の仕事でしたが、
ここは完全に公共事業です。
技術や手間、資金が余す所無く注ぎ込まれている。
守備を考慮しながらも、主人の権威を誇示する意味もある。


全国の大大名が、得意な所を普請したのだから、そりゃ凄い。
しかも手を抜いたら藩や一族の名折れ、末代まで恥となるわけだから…。
100パーセントでやるわな。



b0223512_22033564.jpeg
b0223512_22040445.jpeg


石垣も櫓も、その安定っぷりに見ていて不安がない。
どこも破綻してないし、ピシッと揃っています。




この時代になると、用いられる武器や戦術等は予想外の物は無いと思います。
大陸の築城術も入って来てたと思うから…。


対人としては最新技術の結晶だと思われます。
きっと、攻め入る動きや心理も考慮された構成でしょう。





当時の装備を身に付け、現代的な重火器無し、飛行機無しで攻め入る事をしたら…。



「ここの役目はそうだったのか!」とか

「あの堀割りエグいわ…」



なんて風な、新たな発見があるに違いない(笑



城に行ったら、滅ぼすつもり(?)で見てみると一段と面白いかも…。
大体仮想忍者になって「石垣を見つからないように登る」パターンですが。









さて。




b0223512_22054137.jpeg
b0223512_22055895.jpeg

今回は正式に入ることとします(笑




b0223512_22062718.jpeg
b0223512_22064054.jpeg


再建かと思いますが、鉄が貼り付けられた門扉。
黒鉄(くろがね)門とか言うのかな。




b0223512_22065610.jpeg
(今回は諦め…)



b0223512_22072010.jpeg


何か新しい建物が。



…あ、これが本丸御殿か!
結構ニュースでやっていたので見てみたかったんです。
思い出して良かった。



b0223512_22073438.jpeg



近付いてみたら、なし崩しに整理券を貰った。
ガイドさんがショートツアーをするらしい。



b0223512_22074967.jpeg
(並ぶ)





あ!あれは…。




b0223512_22080100.jpeg

シャチホコ…のお腹。
凄い、眩いばかりの金です。
ズームにして些細覗きましたが、素晴らしい金の工芸でした。





あ、時間が来たので御殿を裏から入ります。











続きます。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29346700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2019-04-05 07:50
楽しかったです。
行ったつもりになって見ることができました。
ガッチリしたお城ですね。
そうか、これは徳川家の?
元は織田信長?
姫路城のようなエレガンスはないけれど、ガチ〜っとした感じですね。
石垣や門が素敵。
忍者でなくても、登ってみたくなる石垣。
続き、楽しみにしています。
Commented by kkai0318 at 2019-04-05 23:34
BBpinevalleyさん

こんばんは〜。
まだまだ続きますよ(笑
初めて来たお城は驚きがいっぱいです。
まさに時の将軍が普請した城です。豪華。

元々は今川家から始まったんです。
徳川さんの時に天下普請でここまでの規模になりました。
お堅く作ってますよね。
派手なイメージだったのですが、質実剛健なお城です。
当時は彩色がどこまであったか分かりませんが、落ち着いた印象ですね。

石垣には度肝を抜かれました。
こんなにも素晴らしい石垣だったなら、もっと早く来るべきでした。
ニンニン!
Commented at 2019-04-06 00:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2019-04-06 00:52
鍵コメさん(kさん)


こんばんは〜。
いえいえ!全く気にしてないですよ(笑
上に見られるのは嬉しいものです。
同じ星なんですね〜。

穏やかに波乱が無いようにしたいのですが、
なかなかそうとも行かないようですね。
繊細なようなので、気にしないようにを心掛けてます(笑
Commented by sakanatsuko at 2019-04-06 09:03
夜にチラ見をしたことがあります
(その時に前述のようなひつまぶしを人生に於いて初めて口にし、侮っていたのでごめんなさいって感じに衝撃を受けました)
チラ見でしたが、それでも
なかなかな雰囲気がありました
こうしてkkai0318さんの見解付きで
見していただいたらわくわくしましたよ!

kkai0318さんが忍び入るのと顔はめパネルが出来なかったことが読者的に心残りでしたー笑
Commented by kkai0318 at 2019-04-08 23:52
さかなっこさん

こんばんは〜。
夜のチラ見すらしたことなかったんですよ!
ちょっと自分でも意外でした!
櫃まぶしはハッとしますよね。歯応えのある鰻の美味しさったら…。
皮のこげとか、ジュワってくる脂とか…本当に美味しいですよね。

まだまだお見せしたい所はあるんですけどね〜。
際限無いので止めておこうかと(笑

顔ハメは帰ってきて後悔します。
恥ずかしいの位、大したことじゃないからやっておけば…なんて。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-04-03 23:48 | | Trackback | Comments(6)