Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

解禁!2019 それから

b0223512_00481297.jpeg


雲が出てきて夕方近く。
そろそろ疲れてきた…。




b0223512_00263299.jpeg


丁度良い所で、大場所となる堰に着きました。



b0223512_00273371.jpeg
b0223512_00275748.jpeg



最後に、繰り返してキャストしましたが…。
生命の躍動は無かった…。




b0223512_00292043.jpeg


今日はここで終了です。
1日、濃く、季節を感じながらの良い釣行でした。





------------------------------



b0223512_00333270.jpeg


林道に上がり、ハタと気付いた…。
この時点ですっかり疲労困憊になっているという事に…。


着てきたウェーダーは厚手なので、大リーグ養成ギブスのように
体を締め付け続けてます…。
血流悪く、乳酸がニッコリと溜まっています。




b0223512_00352440.jpeg



この林道歩きが地獄のようでした…。
途中で飲み物やお菓子を食べて、誤魔化しながら。




b0223512_00424721.jpeg
(神奈川県で最古のダム)




疲れている時の下山は長く感じます。





正直、この帰り道は横尾から槍ヶ岳往復よりもキツかったと記したい。
いや、甲斐駒ケ岳の黒戸尾根か。





b0223512_00385539.jpeg
b0223512_00461955.jpeg


釣りに夢中で、文字通り疲れを忘れていた。



b0223512_00484823.jpeg


この時点でヘロヘロです…。



b0223512_00490615.jpeg




あともう少し…。





b0223512_00495892.jpeg



最後に、ここのエリア特有の沢割り表からマグネットを戻す。





何が特有かと言うと…。




釣り初めの朝、この川地図に行き先を告げるマグネットを貼り付けます。
ジャンルで分かれているので、どんな釣り方の人がどこに入渓したのかが
一目で分かる仕組み。後から来た人はこの表を見て、釣り場を決める事となります。
早い者勝ちですが。



広い海と違って、渓流釣りは人が歩いた後は殆ど釣れないのです。
渓流魚は人影を見ただけで、岩の下に潜ってしまう。
山女魚・岩魚は警戒心が強い故に、釣りにならないのです。


逆を言うと、先行者がない場合、釣れる確率は跳ね上がるということ。
なので追い越しはマナー違反。



そして最後にマグネットを戻すのは、
無事に戻って来たという事が一目でわかるということ。




b0223512_00493102.jpeg

白いのは自分。
「フ 」なので、フライフィッシング。
他には餌釣り、ルアー、テンカラなど。
この場合、白水沢は避けて、セギノかイデン、バケモノ沢へ上がる。



戻して…これで良し。




b0223512_01022449.jpeg



やっと戻ってきた…。
安堵です、安堵。


書いている今も、思い出して疲れてきます・・・。





b0223512_23242749.jpeg


モチロン…来た時と一緒で、ウェーダーを着たまま帰らないといけない。
まだまだ締め付け地獄は続くのです。


車で来てたなら、ウェーダーとシューズを脱げるのですよ…。
そこが車のメリット。



b0223512_01043449.jpeg
b0223512_23260185.jpeg



ちなみに帰り道は雨が降ってきて、山北から厚木まで大渋滞。
車で来なくて良かったと帰り道に思いました…。



途中で脚が攣り、肩も攣ったが(笑
なかなかの責め苦の中、無事に往復150キロを走り抜けた。




b0223512_23320829.jpeg



金曜の朝に目が覚めてから約2日間、寝ずに元気よく過ごせたなぁ。
クタクタになった後の睡眠は甘美だった…。
夢すら見ずに爆睡です。



疲れましたが、良い釣行でした。









おしまい。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29308145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2019-03-14 08:36
沢割表と言うものがあるんですね。
マグネットは、沢人に悪人はいないという性善説に依るところ大かと。
なんかわかる気がします。
ところでこの辺り、季節になるとヒルっちが出るのではないですか?
Commented by kkai0318 at 2019-03-14 22:09
pallet-sorairoさん

こんばんは〜。
そうなんです。沢割りは知る限りここしかないかもです。
入り口となる所に人が居て、入っていない所とかお勧めしてくれるんです。
性善説…信じたい(笑
山を越えて入る人も居たり、渓に残ったりする人も居るとか…。
自分はここで嫌な思いをした事は一度もありません(笑

ヒルっち、1匹だけ居ました!
健気に縋り付いていましたが、まだ寒さで動きが弱々しい奴です。
これからじゃんじゃん出てくるでしょうね〜。
鹿の居るとこにゃ、彼らがいますね(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-03-14 00:00 | フライフィッシング | Trackback | Comments(2)