Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Zagin



b0223512_00242247.jpeg


仕事の都合で、珍しく銀座です。




ちょっと見たい物があって、GINZA SIXにやってきました。
お目当てはここのイベントスペース。




b0223512_00260312.jpeg



永田哲也さんの個展です。(今は開催終了・・)



その作品を知った時から、実物を見てみたいと思っていた。
で、仕事ついでに見ていこうという訳です。




b0223512_00312564.jpeg






一歩足を踏み入れて、引き込まれてしまった。
その作品の凄さ。






b0223512_00450212.jpeg



これ、何で出来ているか分かりますか?



そう、全て和紙でできています。




b0223512_00473273.jpeg


そして・・・・。


もしかするとお茶とかやっている人は見覚えがあるかもしれません・・。
そう、これらは菓子木型で成形したものなのです。





どう作るかを聞いてみました。
木型の上に和紙を置いて、濡らした刷毛で型に密着させていくらしい。
砂糖とかだと、ここまで綺麗なエッジが出ないようです。





b0223512_00465967.jpeg




いや…見ていて、ふつふつとある思いが湧いてきました。
何より凄いのは木型を作った職人。
起こした時の立体をイメージして彫ったであろう、その造形。
凄すぎる。


もちろんこうして、和紙を写して作品を作るというアイデアも素晴らしいのです。




b0223512_01055320.jpeg




和菓子の型はおめでたい図案ばかりなので、何を組み合わせても・・おめでたい。
しかも縁起が良い物はみんなが好きなので、場所を選ばないとくる。
よく思いついたというのが本音です。


更に、無形文化財である西ノ内和紙を使っているのが心憎い所・・。
木型も日本各地の蚤の市、骨董市で見つけたようです。
それぞれ失われつつある文化を、新しい視点で効果的に表現している。




b0223512_00590194.jpeg


自分も時々骨董市に行きますが、木型が大量に箱に入っていたりするのを見ます。
なので骨董市とか好きな方には珍しくないかもしれません。

でも「和紙の型にして・・・こうしてやってみよう」と思いつくとまでは行かない。
良くある型に美を見出した慧眼は凄い。




和紙も木型もやはり無くなっていく文化なのかな。
骨董市などにこうした物がある、ということは必要がなくなったという事だし。。
でも、消えゆく物の復古として、様々な可能性を感じました。



こんなに面白いモティーフがあるのなら、今度行った時に気をつけて見てみよう。
紙粘土で出来るかな・・(笑
いや、プリンの型とかにしたら面白そう。
アワビプリン、魚プリン、的な。


あ・・・そもそもプリンを作ったことがないから、そこからだな・・・。




b0223512_00595725.jpeg
(こんな可愛いタコもあるのか・・蛸と書きたいタコ)


b0223512_00593038.jpeg
(これはホウボウかな・・・物凄い細かい)



地域や時代、お菓子店のオーダーメイドなので
鯛ひとつをとっても色んなデザインがあります。
精巧で写実的な物、デフォルメされたもの、ひょうきんな物。。

中にはちょっとこれは・・という稚拙な物まで(笑
でも作品に紛れると、それも味に感じます。




これだけ細かい型なので、和紙の繊維もかなり細かいのかも。
フェルトのような質感で温もりのような・・・暖かさを感じます。





b0223512_00583004.jpeg
b0223512_01052517.jpeg


これは着色ではなく、色付きの和紙を使っているようです。
重ねて型に入れるとこんな感じになるようです。
ほんのりとした上品な色。





b0223512_01045975.jpeg


型が素晴らしいとばかり言っていますが、組み合わせも大変だろうな。

動きや物語を感じるのは表現者の工夫や意匠を凝らした結果だろうし。
ライティングも立体的に見えるようにちゃんと考えられている。
まあ・・・一朝一夕では出来ないでしょう。


ぜひ実際に見て欲しいかも。




いや、仕事終わりに眼福でした・・・。










おしまい。




トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29231046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2019-02-01 05:24
こんにちは。
骨董品屋さんで、時々お菓子の木型を売っていますが、いくつか買ってもそのままになっています。
洋菓子などにも使えるかと思ったけれど、そう上手くはいかず。
なるほど、こんなアートに使えるのですね。
素晴らしいですね。
ライティングでさらに立体感が出て、美しいです。
自分でも作ってみたくなりました。
Commented by tori-cham at 2019-02-01 09:30
おはようございます。
和紙の芸術、素晴らしいですね。実物を観てみたい...
朝から気分があがります♪

あっ、プラチナブロガー特別賞受賞おめでとうございます。
Commented by pallet-sorairo at 2019-02-01 10:05
素晴らしい、の一言しか思いつきません。
木型の素晴らしさ、和紙の素晴らしさ、
作者の感性の素晴らしさ。
ご紹介ありがとうございます!

見たかった…
Commented by kkai0318 at 2019-02-01 14:29
BBpinevalleyさん

こんにちは~。
よく見ますよね。自分はまだ手に入れた事はないので、
次回行ったら気を付けてみるようにしようと思います。
BBpinevalleyさんの選んだ型はどんなのか気になります。

ここで見たもので、幾つかやってみたいことが出来たので作るのが楽しみです。

洋菓子だとどう使えるんだろう・・・。
チョコレートとかいいかも!
Commented by kkai0318 at 2019-02-01 14:33
tori-chamさん

こんにちは~。
和紙をこうやって使うのか!と驚きました。
ほんと色んな事を考える人がいるんだと感心しました(笑

実物を見て欲しいのですが、ついつい細かく眺めてしまいますよ~。
そしてその質感はえも言われぬ感じです。
和紙の晒と未晒しで色も違うので、シャープか、温かみがあるかも
使い分けているようです。

あっ、ありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2019-02-01 14:35
pallet-sorairoさん

こんにちは~。
これ、ほんと素晴らしいですよね。
そのアイデアと、木型の美しさに感心しました。
木型は流派等があるみたいなので、その差を比べるのも面白かったです。
自分も小さいながらも型を取りたいと思っちゃいました。

定期的に展示をやっているので、リンク先を検索してみてくださいね。
作品を常設で展示(ホテル内)しているようです。
Commented by moonstar1206 at 2019-02-01 14:46
わぁ、こんなのがあるのですね!
丁度、自分のところでバラの落雁入りのお菓子の写真を載せた
ので、「自分で作れるのかな?」と思い、ネットのお菓子材料・
道具屋さんで、ちょうど今日落雁の型を見ていたところだった
ので、タイムリーでびっくりしました。(ちなみに、そこでは
欲しいなぁ~と思う型は、全て売り切れていました。ウサギとか、
鳥とか・・)
骨董品屋さんにも売られているのですね!
機会を見つけて、型を見に行ってみたくなりました♪
P.S. この方の作品も、関西で機会があれば、見に行ってみた
 いです☆
Commented by susatan at 2019-02-01 18:41
凄いね 凄いね スゴーーーイですね!!
なぁんか 一枚目見たとたんにドキドキしちまいました。
まさか そういう カラクリ(と言ってみたい)があるなんて…
だって 石こうかなあ~とか思ったわけで…
奈良の老舗の菓子処さんの天井の梁に 板わたして いーっぱいこの木型があるのを
思い出しまして… あれを使って… と まるで自分が出来そうな素敵な錯覚に陥りました^^
そして… 眺めてるうちに 最中の皮みたいな気になってきて 美味しそう…も思ってしまった…

和紙… そぉ すんごいこと思い出したんです。すっかり忘れてたんですが…
京都に住む素敵なご婦人が 本を出されたんですょぉ
その方 手すき和紙にとても興味をもたれて 全国歩いて 手すき和紙を集めて
それを一枚ずつ製本して 手すき和紙の見本のようなサンプルのような本を
作り上げられました。とても欲しかったんですが… とても素晴らしい価格で(笑
欲しかったんだよなぁ…と そんなこと思い出させて頂きました。

嗚呼 また長くなっちまいました。
…もう一つ 今回 普通に驚いたことを…
お仕事してはるんや・・・・・と(笑  いっつも失礼な想像ばかりして… m(__)m
Commented by nanako-729 at 2019-02-02 09:34
kkaiさん、おはようございます!

わぁ~すごい一瞬何でできてるのかなと思いましたが和紙・・・
そしてその木型があるってことに驚き( *´艸`)

もうほんと感動です、ありがとうございます!
Commented by comarimo at 2019-02-03 22:12
モティーフとプリン🍮にふふふっとなりました☺︎

それにしても素晴らしい作品ですね!!
実物を見てみたくなりました!!

こんなに素敵な作品なのに…
色付くと砂糖菓子みたいで食べられそう…
なんて思ってしまう自分が…🌀😝💧
Commented by cenepaseri at 2019-02-04 10:46
凄いです、紙粘土で作るよりも和紙を作る要領で水気たっぷりで時間をかけた方が
きっと良く出来そうでね、素人発想ですが…紙粘土だとシャープさが出ないかもです。
実際行って見たいですね〜ありがとうございました。
Commented by kkai0318 at 2019-02-04 14:21
moonstar1206さん

こんにちは~。
そうなんです、凄いですよね。
まさかのアイデアなんで、知った時からいつか見たいと思っていました。
記事、拝見しました!ちょっと作れそう・・・と思うのが良いですよね。
でも、この展示の型、異常に大きい物もあって「一体何に使うのだろう・・」と
最後まで分かりませんでした(笑
ここまで色々あると、次に骨董市でも行った時にに見てしまいますねよね。
可愛いのが見つかると良いですね。あったら報告します(笑

関西でもあるはずですよ。HPを見てみると良いかもです~!
Commented by kkai0318 at 2019-02-04 14:28
susatanさん

こんにちは~。
凄い、凄いんです(笑
前情報無しだと、いい感じに驚くからもっと良いかもしれませんね~。
こんな多岐にわたる型は新たな発見でした。
一目見ると石膏のようにも見えますね。きっと石膏でも作れると思いますよ。

確かに何かの型への転用は良いかもしれませんね。
でも・・思いつく食べ物がない・・(笑
コーヒーゼリーとかは表現しきれなそう・・・。

そんな面白そうな本が!
好きな人こそ、新しいアイデアとか使い方を見出してくれそうですよね。
そして、そういう本は価格も素晴らしいんですよね。。分かります。
そんな素晴らしいのなら、見てみたいなぁ。
欲しいと願ってたら、手元に来ますよ。必ず。

その・・最後の驚きは・・(笑
しっかり仕事していますよ・・見えないでしょうか?(笑
褒め言葉としてしかと受け止めます。
あ、こちらからも受賞をおめでとうございます!
Commented by kkai0318 at 2019-02-04 14:31
nanako-729さん

こんにちは~。
凄いですよね!この和紙の質感とガサガサした立体感、
見た時に和紙でしか表現出来ないのかなと思いました。
たい焼きの型で・・とも思ったんですが、ここまでシャープじゃないので
無理か、とか色々妄想しました。
この展示以降、気にして見るようになりますね(笑

そうだ・・城ヶ島、行きたかった所です!
Commented by kkai0318 at 2019-02-04 14:34
ともえさん

こんにちは~。
何を思い浮かべました?アイスクリーム??
型より、中身を思い浮かべてしまいましたよ・・・(笑

単体だと普通の物に見えますが、こうして組み合わせや配置などで
こんな立派な物になるんだって思いました。
常設がどこかのホテルで、そしてたまに展示をやるみたいです。
行ってみてくださいね!
Commented by kkai0318 at 2019-02-04 14:37
cenepaseriさん

こんにちは~。
ほんとそこなんです。紙粘土だと、角が出なそうかな・・って思いました。
作っている様子を別で見て、水っ気たっぷりでした。
和紙の繊維を再構築するような感じなんでしょうかね・・・。
食品だと海苔とか・・どうでしょう(笑
こうしてあれこれ考えるのも作者の意図なのかも、なんて思っています。

実物を見ると、さらに魅力的ですよ。
触れないですが、触ってみたくなります。
こちらこそありがとうございます~!
Commented by mamako48722 at 2019-02-05 10:55
まあぁ 凄いですね〜。
一つ一つ 食い入る様に拝見しました。
型を創る人も凄い!

もう言葉も出てきません。。。
Commented by kkai0318 at 2019-02-05 22:04
黄葉さん

こんばんは〜。
撮った写真を見ても、楽しいです。
もっと沢山あったんですよ〜。でも自分の好きな型ばかり撮ってしまったので…(笑
作った職人さんも凄いですよね。中に詰めた状態をイメージして彫るわけですから…。

後で調べたら現在でも彫る人は結構いるみたいです。
こうして残せばずっと形に残りますよね。
型の型とかもあるのかもしれませんね〜!
Commented by N-styel at 2019-02-08 15:52
素晴らしい…すてきなご紹介、ありがとオございます。
これ、もォ、終わっちゃったかしら…(/ω\)
行きたいなぁ~~♡
Commented at 2019-02-08 19:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2019-02-09 01:39
N-styelさん

こんばんは〜。
ありがとうございます!(自分の物では無いですが…)(笑
この展示はライティングも含め、とても印象的でした。
そうなんです…終わってしまったんですよ…。
ニュースを見ても、次回は未定です。
マメにチェックすると良いかもです!
Commented by kkai0318 at 2019-02-09 01:46
鍵コメさん(kさん)

こんばんは〜。
初コメント、ありがとうございます!
キッカケは何でも、凄く嬉しいですよ〜。
全く纏まりや方向性が不明な記事が多いですが、そう言って頂けると嬉しいです。

あ、そんな素敵な社内報があったんですね。
それだけでいい会社だと思います(笑
そちらでも展示があると良いですね。百貨店を回ったりするので、今後機会がありますように…。やはり実物を見ると、大きさや質感、レイアウトに立体感に圧倒されます。
また、こちらでも分かったらお教えしますね。

これからも宜しくお願いします〜。
週末の雪、お気をつけて!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2019-02-01 00:37 | 近場のお出掛け、イベント等 | Trackback | Comments(22)