Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

新年キャンプ 3 撤収



b0223512_21505138.jpeg



------------------------------




このキャンプ地で、いつも気になっていた場所へ。




b0223512_23472683.jpeg


あの山の上には何があるのか?




行ってみます。
もちろん、誰も賛同しないので1人です。




ワイルドな常緑照葉樹林の中を登ります…。



着いた!(近い)



b0223512_21532345.jpeg


上から見ると新鮮…。




b0223512_21554964.jpeg


たむろしている連中を撮り…(笑






後ろは…。



b0223512_21571340.jpeg
b0223512_21573734.jpeg


デエコン畑が広がっていました。
あの崖は丘陵の終わりだったのです。




崖に残る常緑照葉樹林が崩落を防いでいるようです。
砂岩質で脆い所を、深根性の木々が支えている。
崩落した場所も根が深く岩を押さえていた。。



あの森を残さないと、どんどん畑が減っていくので、死活問題だな…。




b0223512_22042362.jpeg



農道を歩いて戻ります。




b0223512_22044206.jpeg



集落に入ると、古い物がたくさん。
こうして歩く事は初めてなので、興味深い散歩道でした。




b0223512_22070793.jpeg




日の当たる場所に鳩がぽつねんといました。
暖かいんだな、きっと。



b0223512_22075090.jpeg



正面顔が愛くるしい…。






b0223512_22092077.jpeg


昨日に続き、蜃気楼が出ています。




------------------------------




b0223512_22102890.jpeg


恒例の、「何故か並べずには居られない」直線陣形で撮影。
ラビット、カブ、カブ、カブです。





b0223512_22125025.jpeg



これにて、新年キャンプは閉幕。






b0223512_22134412.jpeg

b0223512_22140433.jpeg


毎度のように、仲間の乗ったフェリーを見送ります。。
大きく手を振り、この楽しかった日々を思い出し…。


うぅ…次はいつ会えるのだろう。
これが今生の別れになるとかならないとか…。

涙の別れです。







対岸見えるけど(笑





b0223512_22171156.jpeg
b0223512_22174382.jpeg
b0223512_22181060.jpeg
b0223512_22190506.jpeg



あ…フェリーからパンをあげてるのか。
カモメが騒ぎ出し、トビも集まってくる。
餌パッションがものすごい。




見送りを忘れて、何故か夢中で連写をしてしまった(笑
寂しさが薄まる狂宴でした。






フェリーを見送り、ここにて解散。






また行きましょー。









おしまい。


トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/29201477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkai0318 | 2019-01-21 22:33 | キャンプ・キャンプ用品 | Trackback