Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Short Holiday 2018 秋 12(屈斜路湖~釧路湿原)


b0223512_22451307.jpg



-----------------------




翌日。
タイトルにもあるように、ショート旅なので
今日が最終日。




b0223512_22453659.jpg



うーむ・・・実にこの季節らしい天候に。
眼の前は屈斜路湖です。
重く雨が降りそうな天気。。



でも、これまでがミラクルだったのかも。
後で聞くと、この季節にしては異例な程に暖かかった。
誰もがそう言っていた。




b0223512_22461505.jpg



今日は短い時間ですが、釣りを。





予定では阿寒湖だったのですが、あまりに時間がなかったので
屈斜路湖での釣りに変更しました。
でも屈斜路湖もニジマスで有名。






b0223512_22510593.jpg

b0223512_22540038.jpg
b0223512_22522935.jpg
b0223512_22551588.jpg
b0223512_22560702.jpg





真横の小さな川でヒメマスが遡上しているのが見える。
真っ赤でセッパリの立派なやつです。
これは・・・釣れちゃうな。



キャストしてシャラシャラ引っ張ります。





「!!」




3投目位でググッとアタリがあります。
おおっ、良い引き。




b0223512_22592000.jpg
「私だ」




「うぐぐ・・・」





ついつい、脂鰭かと思いましたが、コイ科のウグイ。





でも今季北海道初フィッシュ・・嬉しい。
感謝しながら丁寧に魚をかえします。






出だしだから様子見だな・・・。





ん?真横の川で遡上していたヒメマスが、今度は下り始めている・・。
上っていたやつがどんどん。






「!!!!!」





何かと思ったら、その川からどしどし泥水が流れ込んでくる。






「ええ~・・・」





辺り一面濁りが入ってきて、その濁りを嫌がるように魚が霧散していきます・・・。






「ええ~・・・」





うん、釣りにならないな。
どうやら温泉の水のようで・・・。



b0223512_23064707.jpg
(逃げ遅れたヒメマスを湖に戻す)






魚も流石に温泉水は苦手なようです。
移動するにも広範囲過ぎるな。




・・・まあ、そんな感じで釣りが終了です(笑





つまり、ウグイが一匹。
この前の九州でもコイ科だったなぁ。
今年はマスを釣っていない・・・。



b0223512_23004321.jpg


短い時間だった(笑
まあ、また来よう。





-------------------------



b0223512_23152522.jpg



ささ、釧路に向けて走ります。
ちょっと雨も落ちてきますが、これはこれで北海道らしい。
色々な世界を見られるということにしよう。





ん?


草原の中にゴミ袋が散らばっている。






じゃない。
あれは・・・・。



b0223512_23162688.jpg


鶴だっ!



b0223512_23184248.jpg

しかもこの構成メンバーは・・・・。


b0223512_23191765.jpg
b0223512_23193701.jpg

家族のようです。
一番右が雛っぽい。





辺りの様子を油断なく伺っているのは父上か。
母上とご子息は朝食に夢中なり。





b0223512_23213777.jpg



警戒していたので、ヤブ越しに見ます。




b0223512_23222224.jpg
ちょっとトリミングしたので荒いですが・・・パヤパヤした頭。
色合いが可愛い・・・。
首から下はすっかり大人です。







北海道で主要な生き物は結構会った気がする・・・。
あとはヒグマか。会わないようにしないとですが。





---





そしてちょっと走ると・・・。






b0223512_23261514.jpg



草原の真ん中にぽつねんとキツネ。




んで・・・。



b0223512_23270577.jpg
全力ダッシュ!



目が合った途端です。
でも耳がこっちを向いている。フサフサなしっぽが・・・・いい。
ジグザグに逃げるんだな。
しっぽで舵をとっているみたい。



人家が近いから、警戒心が強いのかな。




b0223512_23301100.jpg
(拡大しても、キュートな奴だぜ・・・・・)




------------



b0223512_23333899.jpg
b0223512_23340742.jpg


さて、どんどん南下していきます。



b0223512_23345329.jpg



お次は・・・釧路といったらここ。
まずはビジターセンターに寄ります。




b0223512_23351382.jpg


誰もいないので、ゆっくり中を見ます。
どんな動物がいるのか、写真などもあったりして。





ん?





一枚の写真に目が釘付けになりました。




b0223512_23375899.jpg


つ、鶴?・・・居過ぎでしょ・・・。


こんなに群れになっているんだ・・・。
凄い、見てみたい。


これはきっと真冬でマイナスウン十度の世界だろうな。
しかも朝早くだ。



いつ、どこで撮られたのか聞いておけばよかったな・・・。




-----------






b0223512_23413159.jpg


ちょっと森の中を歩いて、目的地に行きます。
カリカリに乾いた枯れ葉の音って・・・いいね。







続きます。










第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
旅行、お出かけ部門に応募します。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28911943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cafe-moco-cafe at 2018-11-29 00:26
kkaiさん(*´∀`)♪
自分の可愛さに気づいていない
ふっさふさの尻尾を持つきつね。
これは…罪深い可愛さ!
くるりと背を向けて逃げるなんて
ツレナイですよね。
舵を取るように尻尾を揺らすんですか?
ますます、触れたくなる可愛さです!
モコ
Commented by river_kingfisher at 2018-11-29 12:05
タンチョウが群れてる写真は鶴居村じゃないですかね。

それにしても短期間なのに中味の濃い旅ですね。人徳です。タンチョウ家族がうらやましいです。
Commented by BBpinevalley at 2018-11-29 12:19
こんにちは、お久しぶりです。
湖で釣りすると、ヒゲのある魚がかかりがちに思いました。(アメリカでも)
あれは、鯉科?
鶴もキツネも可愛いですね。
キツネの尻尾の太さには驚きました。
フッサフサですね。
今年の春、マサチューセッツのずっと奥の田舎を運転中、とぼとぼと一匹のキツネが歩く姿を見ました。
最初は犬かと思ったけれど、明らかに尻尾がキツネ。
娘ととても興奮してしまいました。
キツネって、たいがい単独行動なように思います。
「手袋を買いに」という絵本がありますが、あのキツネのお母さんも子供を一人でお買い物に出す…
ま、童話の中の話だけど。
Commented by kkai0318 at 2018-11-29 23:24
モコさん

こんばんは~。
寒くなってきたから膨れているんでしょうね。
これから必要なんだな~って見ていました。カワイイ・・・。
これで慣れていたら逆に危ないので、良かったです(笑
野生は距離を取らないとですね。

猫もそうですが、しっぽは大事なバランサーなんです。
全力で走っているときに見ると何となく分かりますよ~。
キツネやたぬきは太いからカワイイですよね。
Commented by kkai0318 at 2018-11-29 23:26
river_kingfisherさん

こんばんは~。
今、見ました!確かに鶴居村って所ですね。
こうして靄が立つのは限られた時間みたいで・・・長逗留しながらゆっくりと待つような撮影をしてみたいと思いました。求愛ポーズを求めて撮影されている方が多いんですね~。

今回、短い時間でしたが、色々次に繋がる旅になりました!
北海道・・・やはり素晴らしい。
Commented by kkai0318 at 2018-11-29 23:33
BBpinevalleyさん

こんばんは~。
コメントはお久しぶりですが、ちゃんと読んでいますよ~(笑
アメリカの湖沼だとなんですかね・・・ナマズ系とか・・?
もしくはやはり鯉科ですかね。。日本の鯉が外来扱いで猛威を奮っているとか・・・。

鶴はカワイイのですが、眺めていると鳥類とは思えなくなってきます。。
不思議な生き物だな、って。
キツネはこれから冬に入るので、きっと冬毛でしょうね。
夏に見た時、もっとスリムでしたから。やはり生き物はフサフサしていた方がカワイイ(笑

そちらではキツネが珍しいんですか?
日本各地に居たみたいですが、少なくなっているようです。
確かに単独が多いですね。群れているのは子供を連れている時くらい・・?

その絵本知っています!赤い手袋のやつだったかな・・・。
絵本も意外と習性に沿った物語かもしれませんね~。
Commented by moonstar1206 at 2018-12-04 11:44
久しぶりにコメントさせて頂きます~☆
ツルにキツネですか!嬉しい出会いですね♪
ヒナの産毛って、ほんとポワポワしていて、可愛いですよね^^
枯れ葉の音も、いい音ですよね~子供時代を思い出しちゃいます(笑)
枯れ葉と言えば、先日友人が堆肥づくりにケヤキがいいと言っていたのを
思い出しました♪  
Commented by kkai0318 at 2018-12-04 14:32
moonstar1206さん

こんにちは~。
お久しぶりでもコメントは嬉しいですよ。
動物との出会いはどんな生き物でも楽しいものです。向こうはビビっているでしょうが・・(笑 雛の頭は可愛かったです。双眼鏡でしっかりと見ました。
見張っているのはお母さん鶴かもしれませんね~。

展望台までの道、アスファルトもあるのですが、山道を選びました。
深い枯れ葉の中を歩くって、なんて良いものなんだろうと思いました。
ここの木はどんぐり(ならこなら)が多かったみたいです。
欅が良いんですね~。
堆肥はカブトムシの幼虫と、ミミズがいい仕事してくれるんですよね。
いい感じに発酵している所に手を入れるのが好きです(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-11-28 23:52 | 北海道 | Trackback | Comments(8)