Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Short Holiday 2018 秋 10(斜里~知床・遠音別の鮭)



b0223512_01233365.jpg



---------------------






原生花園を出て、暫く走ると斜里の街に入ります。




ここでふと思い出した。
そういえば、この道路の先が一つの名所になっているんだっけ・・。



しかし北海道には何度も来ているので、直線道路は珍しくなくなってきます。




b0223512_00583020.jpg
(これは数年前、上士幌町で撮った写真)





以前に撮影したこの写真、ここもご満悦だったのですが・・・。




「天に続く道??はぁ・・どこでもあるじゃないか・・」




なんて思っていましたが・・・来てみてビックリしました。





何故かと言うと、こうだぜ・・・。


b0223512_00554622.jpg

地平線の向こうまで直線・・・。
これは確かに天に続く道だな・・・。

やっぱり、自分の目でちゃんと見ないとね。



b0223512_01031923.jpg
b0223512_01052675.jpg


遠くから来るバイクも絵になりすぎている・・・。
28キロも直線なのです。



b0223512_01064250.jpg
b0223512_00514459.jpg

走っている車が絵になる・・・。
マーチもカッコいい。。




かなり予想外の地平線に唖然となりました。
そして、ちゃんと自分の車やバイクで来たら更に喜んでいただろうなとも。

紅葉もいい感じ。





相当数写真を撮りましたが、同じ構図なので、この辺で・・・。
仲間といたら、間違いなくジャンプしていただろう。




唯一・・・ここでの注意点は、アブが多いので長袖を着たほうがいいです。
自分はしっかり吸血されました・・・。カユイ。




------------





b0223512_01110965.jpg



さて、ここから左に折れると海が見えます。
ここから知床半島の始まり。


いきなり市街から離れ、海に出ます。



b0223512_01162446.jpg

いよいよ知床半島です。
今回来るつもりではなかったのですが、ちょっと行けるかも・・なんて思い始め
行っちゃえ、と来てしまいました。



b0223512_01224421.jpg


そして、すぐに海に注ぐ丁度いい大きさの川を発見。
知床でこの時期で、となったら・・・今朝の夢再びです。



b0223512_01251716.jpg


車を降りて、川沿いを歩きます。



b0223512_01254979.jpg
b0223512_01263505.jpg


いるいる!
かなりの数が遡上しています。







あ・・・。



b0223512_01285181.jpg
川沿いにあってはならぬ物が・・・(川での釣りは禁止)





あ・・・。


b0223512_01280293.jpg
会ってはならぬものが・・・(川での遭遇は危険)




様々な生き物が鮭を狙っている・・・。




そして、鮭のオスもメスを狙っている。
んで、シャッターチャンスを自分が狙っている。


b0223512_01321469.jpg
b0223512_01324519.jpg
b0223512_01330904.jpg




ダイナミックに季節を感じます。







b0223512_01384868.jpg



橋を見るとこの川の名前が。
遠音別川。

おんねべつ・・・遡上で有名な川ではないか。。




b0223512_01402295.jpg


ちょっと海岸に出てみます。
流木だらけで足元がカラカラ音を立てる。



b0223512_01413585.jpg
b0223512_01420426.jpg


河口には釣り人がたくさんいて、なんだかドラマティックです。
きっと内心は穏やかじゃ無いだろうけど、ドラマティックに見える。



b0223512_01435289.jpg

良い光・・・。




あ、あんなに日が傾いている。
そうだ、これから知床半島を横断するんだった。
この時期、夕方から夜間は凍結するため、ゲートが閉められるらしい。
ちょっと急がないとかも。



最後に、橋の上から鮭を見ます。
どんどん遡上してくる。



b0223512_01451673.jpg


真上からだと、動きがつぶさに見られる。



b0223512_01473811.jpg
b0223512_01480848.jpg
b0223512_01483255.jpg

寄り添ったり、砂利を掘ったり。
明確な意志で一緒にいます。
とても・・・健気で愛しい。





ずっと眺めていたいのですが、時間が限られている・・・。






そろそろ出発です。






b0223512_01505141.jpg







続きます。








第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
旅行、お出かけ部門に応募します。

トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28882991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kucchan_k at 2018-11-27 22:39
こんばんは、です。

28キロもまっすぐの道ってどんなんなんでしょ?!
って、まっすぐなんでしょうけど(笑)、それを実際に見るとどんな感じを受けるのかなぁ~と。
想像できません...。

それで、ご存知かもしれませんが、盛岡市内に鮭が遡上する川があります。
鮭が遡上すると橋の上から眺める人が多く、風物詩のひとつです。
秋が来たなぁ~と感じる風景です。
Commented by kkai0318 at 2018-11-28 22:31
kucchanさん

こんばんは~。
ねっ!想像つかないですよね(笑
28キロの中には斜里の町も入っているんです。なので双眼鏡で見ると
市街地(結構賑やか)な所も貫通しているのが見えます。
「んな大げさな・・・」なんて思っていたのは間違いでした(笑

あっ!岩手でも秋田でも上っている様子が見られるんですよね~。
北海道に限ったことではなく。
そういえば鮭を釣ったとこも福島でした。利根川にも遡上しているみたいで・・。
南限を知りたいって思ったんです。
北上川を上っている様子見たいな~。開運橋??
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-11-26 01:53 | 北海道 | Trackback | Comments(2)