Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Short Holiday 2018 秋 5(網走・能取岬灯台)









b0223512_22510724.jpg




---------------





目覚めが早かった・・・。


疲れているはずなのに、ササッと起きて出発です。
よく眠れた時の充足感です。
凛とした冷たい空気、やっぱり好きだな。。







b0223512_22460425.jpg



網走市内を出て、10分程でこんな所に。





とっても気持ちいい場所を走ります。
今日も良い天気・・・いや、雲ひとつ無い天気。(薄い雲はあるが見えていません)




b0223512_22464354.jpg



ほぼ一本道なので、迷うこと無く。




b0223512_22470810.jpg



「!」






あの先に見えるのは・・・。
すごい、ド真ん中に。






「!」




b0223512_22472811.jpg




パッと開けて、海へと続くような道を。


あの先でこの道はおしまい。
なぜならその先は・・・。







b0223512_22475726.jpg
b0223512_22482490.jpg


いや・・・素晴らしいな。









本当にあるんだ。
シマシマ灯台。





何もない草原の中、ぽつんと。
最果て感が尋常じゃない・・・。



でも、威圧するでもない可愛い大きさ。





b0223512_22510724.jpg






灯台の影に入ります。
その影も光っている部分がある。





「あ、ひょっとしたら・・・」





b0223512_22491151.jpg



ピッタリ太陽を光にした灯台になった・・!




b0223512_22493221.jpg




朝イチ、地味に感激しています・・・。






昨晩、網走駅に行ってなかったら、存在さえ気付かなかった。


写真にあった池を探しましたが、雨とかの後に溜まった水溜りみたい。
多分、季節限定で出現するのかな。




b0223512_22514179.jpg



b0223512_22501678.jpg



眼下はオホーツク海の濃い海が広がっています。
そしてその向こうには・・・。


b0223512_22520323.jpg


知床半島と、北方領土が少し見えています。





灯台が設置されただけあって、見晴らしも凄い。






b0223512_22565808.jpg
b0223512_22572812.jpg



向こうにも何かある。
行ってみよう。




b0223512_23013188.jpg


崖下の海も透き通って綺麗。




b0223512_23005859.jpg

「オホーツクの塔」とあります。
裏に回ると説明がある。



幾多の苦難を乗り越えた北洋漁業の先人への敬意と、今後の発展の為に有志で建立したようです。



網を持った漁師が凛々しい。ローブを纏った聖者、賢人にしか見えません。
「聖・漁師」だな。。
上には鮭も居る。


ちょっと見惚れてしまう像です。
本郷新、って聞いたことあるかも・・・。





流氷の時、荘厳な場所になるな。見てみたい。







b0223512_23014798.jpg
(あれ、さっきこっち向いていたっけ・・)



「そこ、欠けてるから気をつけてな」


なんて。



--------------





b0223512_23035367.jpg



そうだ・・・佇まいに夢中になって、名前を紹介していなかった。
ここは能取岬、能取岬灯台です。




b0223512_23044402.jpg
b0223512_23050738.jpg

遠くから見たら木造に見えましたが、コンクリートでタイル張り。
タイルが全部って予想外。



b0223512_23083319.jpg




何でも絵になります。。
誰もいません。






この綿毛、そういえばなんだろう。




b0223512_23054101.jpg
b0223512_23072293.jpg
b0223512_23060872.jpg


こんなになるんだ・・・。
北海道に着いたときから気になっていた。
触るとモコモコっとなって開いて飛びます。
こうして種を飛ばすのか。



b0223512_23063646.jpg




-------------------





朝の散歩としては贅沢で、良い一日の始まりを予感させるものでした。




(駐車場近くに案内があり、数々のロケ地になったことを知った・・・。
このロケーションはそうなるはずです)








さあ、日が緩んできたので、この場所を後にします。







b0223512_23091448.jpg



ホントどこの国か分からなくなる。




b0223512_23094008.jpg
b0223512_23101444.jpg




こんな紅葉のトンネルを走っていく。
風が吹くと、ハラハラと舞い落ちる葉がとにかく美しい。
葉に陽が当たるとき、スローモーションに見えます。




さあ、次なる地に向けて。







しかし・・・・秋の北海道は、すんなりと目的地には着けないようになっていた。







今日は昨日より濃くなるとも知らず・・・。










続きます。








第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
旅行、お出かけ部門に応募します。
トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28851046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hi-guchi at 2018-11-15 09:26
いつも素敵な旅、楽しみにしております・・・
今回は最後の方の、白樺道の彼方に海が見える灯台の風景、
なんともジーンときますね〜ありがとうございます・・・
Commented by izumi-suzuki at 2018-11-15 10:34
素敵ですねぇ。 「北海道らしい」といえばそうなんだけど、 「日本じゃないみたい」 と言っても当てはまります。 北海道がそもそも、 いわゆる日本的な場所ではないのかも。
本当にワクワクしながら読んでいます。 次が 楽しみ。 kkai0318さんの旅は素晴らしく魅力的です。
Commented by leialoha-2007 at 2018-11-15 10:56
kkaiさん、おはようございます♬

何々~、目的地に着けない。
気になるわ~( ´艸`)
灯台はビンゴ♪
でもタイル張りだってのは知らなかったな~。

kkaiさんのブログに来ると思うんです。
産まれ育った町で余生を過ごすってのもありかな~って。
本当に何にも無いんです。(娯楽がね。)
あるのは田んぼと畑とあんどんとホタルだけ。(結構あるじゃん。)
町に居る同級生に聞くと「離農する人が多いから畑が残ってるよ。いつでも戻っておいで。」と言います。
畑をしながら、自分の好きな事に没頭する。
娘が独立したらこういうのもありですね。
Commented by kkai0318 at 2018-11-16 14:06
hi-guchiさん

こんにちは~。
ありがとうございます。
ここらへんの景色はどこを切り取っても、良いものばかりでした。
何もないって、素晴らしいことなんだと再確認しました。
そんなに気にして無く道を通したと思いますが、それがまた良いんですよね・・・。
見えてきた時、感動しましたよ~。
Commented by kkai0318 at 2018-11-16 14:10
izumi-suzukiさん

こんにちは~。
ほんと「日本らしい景色、~みたいな景色」なんて表現していますが
どこでもただ美しい場所、を追い求めているのが根っこにあるのかもしれませんね~。
朝の光は何でも綺麗に見せてくれる気がします。
早起きが課題ですが・・(笑

自分が予期しないことがたくさんあって、それが味わいたくて旅をする部分があります。
ありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2018-11-16 14:16
leialoha-2007さん

こんにちは~。
そうなんです・・色々あって目的地に着けないんです(笑
北海道は見ようとする者に懐が深いので・・。
灯台、後で調べたら結構有名なようで・・。これから事前調べをちょっとだけやってみようかなって思いました。タイルは綺麗でしたよ。木造な訳無いですよね(笑

もし・・・自分にそんな場所があったら必ず行っている気がします。
そこまで揃っているのであれば、後は心次第ですね。
本当に羨ましい・・・。
同級生と過ごす余生だなんて、きっと幸せの局地です。
望んでも無い人がいますから・・・(自分も含めて)

きっと不便や苦労があると思いますが、きっと豊かだと思います。
人は心持ちでいくらでも豊かになれますから。
いつでも戻っておいで、ってそんなこと言われてみたい。。
Commented at 2018-11-17 01:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2018-11-19 14:27
鍵コメさん(hさん)

こんにちは~。
ふふふ・・・来たんですね。
これからあれこれ見慣れた景色が出てくるはずです。

お楽しみに~!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-11-15 00:22 | 北海道 | Trackback | Comments(8)