Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

夏旅 2018!その9(高知~大分)



b0223512_15281492.jpg


---------------------



b0223512_15312059.jpg


宿毛の夜。
ご飯をしっかり食べて、港の公園で休息中。

優しい方に何人も声を掛けていただき、色々話をします。
皆さん一様に心配をしてくれます。
そして、良い旅になるようにと結び、笑顔で去っていきます。
ここ宿毛ではいい人ばかりに出会う。


そして花火をやっている人も去り、釣り人も去り・・・。
静かな夜になってきた。



音楽をゆったり聴きながら。



b0223512_15285607.jpg



今回の旅のメインテーマ。
ずっと頭の中を流れています。


気持ちにフィットする歌詞とペース。
将来この曲を耳にした時、この時の旅が思い出されるでしょう。
これ、大事。



b0223512_15384413.jpg
b0223512_15391135.jpg
b0223512_15392686.jpg


「日々、思い出づくりに励む」



いい思い出が多いと、その先の人生で辛くなった時
必ず生きる力になってくれる気がします。

思い出とは人生そのものの履歴。
前へ進むために大事に持っておきたい部分です。


自分の場合、いい思い出を引き出してくれるものの一つは音楽です。




b0223512_15471030.jpg


満天の星空の中、出発の準備をします。
3時間位でしたが、この場所で良い休憩ができました。



・・・というのは、夜中に出発しなければいけないのです。





b0223512_15502941.jpg


23時に再び宿毛の港へ。


b0223512_15522048.jpg
b0223512_15525602.jpg
b0223512_15532144.jpg

ゴンゴンゴン・・・・・
腹の底から響くようなエンジン音を響かせながらフェリー入港です。




b0223512_15542956.jpg


入ってきた古いフェリーを見て、仰天しました。
「なんて昭和なんだ・・・」と。
ノスタルジー野郎には半端じゃなく嬉しいのです。

昔乗った、「思い出の中の船」を十分喚起させます。





そう、ここ四国の宿毛から九州へ渡ります。
何より驚きなのは、夜中の12時に出港するのです。
1日3便、その第1便です。
夜中だぜ・・・。



b0223512_16002125.jpg
ゴウンゴウン・・・。



b0223512_16021080.jpg
b0223512_16023520.jpg
b0223512_16030216.jpg
b0223512_16033512.jpg


九州からの車が吐き出され、いよいよ乗り込みます。
今、いつの時代にいるのか。。




b0223512_16045036.jpg


蛍光灯だからホワイトバランスを変更・・・。



b0223512_16111886.jpg

いい感じにくたびれています。
嬉しくてしょうがない。




b0223512_16130685.jpg
b0223512_16125427.jpg
b0223512_16154328.jpg

何もかも良い・・・小躍りしてしまいそう・・・。



b0223512_16152448.jpg
b0223512_16145643.jpg
b0223512_16160382.jpg
b0223512_16162386.jpg


この垂れるように塗ってあるペンキ。
錆の上から平気で厚塗りの具合、そして匂い・・・全てがノスタルジック。



b0223512_16121919.jpg
b0223512_16204398.jpg
b0223512_16211486.jpg

この急な階段やら何やら・・・。
昭和に浸りたい方、おすすめです。




b0223512_16285762.jpg
無事に出港です。
さらば宿毛、さらば四国。




先程は中途半端に微睡んだので、すぐに眠くなり・・・・。






---------------------------



3時間後アナウンスが流れ、九州が近づいた事を知らせます。



b0223512_16303742.jpg

再び降りて、準備を・・・・。


b0223512_16311336.jpg

これは機関室入り口・・・。
奥からモノスゴイエンジン音が聞こえます。
油っこいのが実にたまらない。



b0223512_16314674.jpg
b0223512_16322685.jpg
こんな使い込まれた車止めにも萌えてしまう・・・。


多くの人は画像を見て汚くて古い、と思いますが。
過剰に清潔なものが尊ばれている昨今。
このフェリーに乗って、久し振りにいい気持ちになりました。



b0223512_16330572.jpg


いきなり九州到着。
ここは大分県佐伯市。


b0223512_16364682.jpg


あ、雨じゃないか・・・。



b0223512_16372719.jpg

ここからどう走るんだっけ・・・(笑

深い眠りだったので、地図を見るのをすっかり忘れていた。。
何となく、海沿いを行けばいいだろうと大きな国道ではなく、くねくねした道を走ります。





そしてずんずん市街地を離れ、寂しくなってくる。
そして峠道になってきた気がします・・・。
雨が降っている上、濃霧になってきた。




b0223512_16381372.jpg

峠のトンネル。



b0223512_16385068.jpg

トンネルの中まで霧がたっぷり入り込んでいます。
初めてだこんなの。。
不思議な世界の入り口のような、妖しいような・・・。

感度の良い写真では結構遠くまで見えますが、実際だともっと視界が悪く暗くて濃く見える。



b0223512_16475979.jpg
b0223512_16502282.jpg


トンネルを抜けても霧が続き、真っ暗です。
また、違う土地に来たということを否応なく思い知らされます。
もちろん、楽しくてしょうがないですが(笑





ずっと山の中を走っていて、やっと下り始めた。



b0223512_16522035.jpg


ずっと下の方に集落らしきものが出てきた。


今、自分はどこを走っているか知りません。
この先、どんな景色が待っているのか・・・。
現在午前4時位。









続きます。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28626173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wabisuke-miyake at 2018-09-02 18:56
不思議のトンネルをぬけ、どんな町が現れるのか…
楽しみでなりません
早くつづきを…(^^)/
Commented by sogno-3080 at 2018-09-03 07:14
and I know you are breathing now・・indeed

しみじみと良い曲ですね。この曲をどこかで耳にしたら
私もSaunteringさんの旅を思い描くかも、です。
くれぐれも体に気を付けて旅を続けてくださいね。
Commented by kei9594wa1576 at 2018-09-03 07:19
あらら あっという間に四国通過
四万十の沿道を通られるとき同時進行で見れなくて残念でした!
宿毛からフェリーに乗ったことはないですが別府へ日帰りの人は乗るみたいです。

九州はぱ~っと開けて道路も広いので走りやすいでしょう。
どちらに向かって走られるのかな・・見逃さないようにします。
Commented by kkai0318 at 2018-09-03 14:29
wabisuke-miyakeさん

こんにちは~。
この時間だからこそ、更に不思議な感じでしたよ。
ずっと誰もいないですし、車も通りません。
霧の中、走るって結構好きなんです。

更新を早くするようにしています(笑
Commented by kkai0318 at 2018-09-03 14:32
sogno-3080さん

こんにちは~。
この曲良いですよね。
リリースされて結構経ちますがいつ聴いてもいい・・・。

普段、サラッと聴いていたのですが
ここに来て存在感を増してきました(笑
一人で風に吹かれていると、ちょっと力を貰えます。
何かキッカケになると嬉しいです!
Commented by kkai0318 at 2018-09-03 14:36
霧子さん

こんにちは~。
今回、九州に渡る頭だったので、通過してしまいましたが・・・。
四万十川の沿線はブログを始めた辺りに生地にしています。
まだ橋が補修していない時です。
宿毛のフェリーはおすすめです。この雰囲気を是非(笑
本当は松山経由で八幡浜もしくは三崎から乗ろうと思っていたんです。

そう!九州に入って、急に賑やかだったのでビックリしました。
宿毛の雰囲気から一転、という感じでした。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-09-02 17:07 | | Trackback | Comments(6)