Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

夏旅 2018!その7(徳島~高知)



b0223512_00462883.jpg


---------------




激流沿いをトコトコと走行しています。



b0223512_00474126.jpg
b0223512_00481967.jpg
対岸には可愛い電車が。
こんな所でもやっぱりスピードは速い。



b0223512_00503423.jpg


ちょっと寄り道で、大きな国道を離脱。
山越えの道を行きます。


かなりの傾斜があるので、15キロくらいでゼイゼイと登ります。
それでも登る原動機のありがたみを感じる時。








------






平家の落人集落がこの辺りにあります。
そして本当に赤旗が残っていて、伝説ではなく史実だった事が伺えます。
祖谷の深さは、追討の手も及ばない天然の要塞のようなものだったのでしょうか。




本州各地を旅していると、平家の落人伝説があちこちに存在してて
決して珍しい話では無い気がする。
そして毎回思う・・・どれだけの人が落ちているんだと。


中には強引にエピソードを付け足したり、貴種流離譚的な地域もあるのかな。
ご先祖が貴人やその傍流であった、というのはささる人にはささる。
これは昨今でも出自や学歴、蓄えを崇拝している人はいるから、心根は変わらないのかも。

つい、見栄をはってしまった人もいるでしょうが、
ご先祖さまは立派だった事を願うあまり、大きくなった事もあるでしょう。




落人伝説は現在でも検証と証明が難しく、専門家の意見も二分しているようです。
隠遁という特性なので名字は信頼に欠け、どちらかというと
風習や禁忌、家に伝わる伝承の方が信頼度が高そう。


戦(いくさ)後の平家狩りはそんなに厳しかったのかなぁ。
・・いや、厳しいか。
場所によって、鯉のぼりを上げず、鳴く鶏も飼わなかったって言うしな・・・。
過去の栄華をかなぐり捨て、隠れないとやられてしまうって凄まじい。




でも源氏と平家が仲良く暮らしていた所もあったりして。






・・ハッ!




あ、今夜も脱線してしまった。
毎度毎度・・・。




走っている最中は何かを見つけると、頭の中ではこんな予想・考察・妄想が
繰り広げられるのです(笑





さて。




------------





b0223512_00530177.jpg

トンネルをくぐると、山一つ越えた。


???


走っているとこちら側は乾燥してて爽やか。
こんなに気候が違うのか。



b0223512_00581342.jpg

行く先の道が見えてて、なんだかテンションが上がります。
明らかに気持ちのいい道だ。






この先には・・・・。



b0223512_01140309.jpg


とりあえず正直者はバイクを停めます。




b0223512_00125516.jpg


ちょっとメジャーな場所へ寄り道です。



b0223512_00132460.jpg
b0223512_00154427.jpg
b0223512_00142619.jpg
b0223512_00194332.jpg
b0223512_00201084.jpg



かずら橋。
ここにも平家の落人伝説が。あ、弘法大師もみたい。



b0223512_00175953.jpg
b0223512_00213416.jpg
b0223512_00210726.jpg
b0223512_00232299.jpg


せっかくなので渡ってみます。


b0223512_00241536.jpg

子供の怯え方が・・・・。
怖いでしょうね。



b0223512_00250718.jpg
(しっかり現代的なもので補強されているから・・・・)



b0223512_00264771.jpg
(大丈夫だよ)




b0223512_00281188.jpg


ということで橋でした。


もっとプリミティブなイメージでしたが・・・。



-------------



b0223512_00301155.jpg

お土産屋さんには編み物が。



b0223512_00304210.jpg

この籠は良かった。



------------------




さて、路上復帰。



b0223512_00314534.jpg
b0223512_00322254.jpg

一山越えた谷はちょっと違う。
深くとも穏やかに見えます。


b0223512_00324747.jpg


そういえば・・・。
ここにはちょっと有名なアスレチックがあります。



b0223512_00335588.jpg

全国展開しているフォレストアドベンチャーです。
子供を始め、大人も楽しめる。
設備投資は少ないながらも濃い体験ができます。なにより自分の体を動かす事に意味がある。




ずっと気になっていたのは・・・。



b0223512_00384420.jpg
b0223512_00392246.jpg

使っているギアなのです(笑



興味ある方はリンクから。
絶対面白い。




b0223512_00403124.jpg
b0223512_00411494.jpg
b0223512_00414588.jpg


途中、忽然と山の中にあった家を見て・・・・。
さっきの峠を再び戻ります。



b0223512_00445025.jpg


先程の国道に復帰してしばらく走ると・・・。



「あっ!もう県境・・徳島で何か食べよう」



b0223512_00463964.jpg



なんか実家感がたっぷり。
メニューも自作で可愛い。おばあちゃんが一人でやっている。



b0223512_00474709.jpg

b0223512_00485681.jpg

ヤマガラを見ながらお蕎麦を食べます。



b0223512_00512700.jpg


近すぎて・・・可愛いな、おい。



b0223512_00524940.jpg

食べ終えたら県境を越えます。
いよいよ高知県。



b0223512_00540808.jpg


・・・と言っても景色は変わらず。
相変わらずラフティングが多い。
眺めているだけでも楽しかったりします。



b0223512_00544664.jpg
b0223512_00555108.jpg
b0223512_00562901.jpg


きっと水に怖さを持たないように、飛び込むのかな。
怖くてなかなか飛び込めない人もいて、面白い。

勇気を振り絞って飛び込むと歓声が上がります。
頑張れ~と応援したくなります・・・・。


b0223512_00565648.jpg



-------------




b0223512_00592860.jpg

吉野川に掛かる橋はたくさん。
何度か川を渡る時、横には昔の橋桁跡が残されていました。
この痕跡、結構好きかも。



b0223512_01011066.jpg
b0223512_01065222.jpg


--------------



走っていると面白い物がたくさん。
二度見したり、引き返したり。



b0223512_01102042.jpg
b0223512_01105448.jpg
b0223512_01113675.jpg
b0223512_01120491.jpg

草に隠れた部分は、ほとんど失われていました。
こういうのを見るとキュンキュンします。




------------




動物を散歩させている人もいたりして。



b0223512_01132467.jpg


ずいぶんデカい犬だな・・・なんて呑気に見てたら・・・。



b0223512_01141066.jpg
b0223512_01151677.jpg

馬でした(ポニーかな)





びっくりした・・・・。






この馬を見た後、ポツリと始まってきて・・・・。





あれよあれよと言う間に豪雨になりました。
避難っ!







続きます。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28616828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sogno-3080 at 2018-08-30 06:02
はあ~~~(これ、満足の溜息)、今回も面白かったです。
「脱線」コーナー?が特に興味あります。
今回はポニーの散歩に超癒されました、いいな、こういうの。
Commented by kei9594wa1576 at 2018-08-30 10:33
いよいよ四国入りですね。
祖谷のかずら橋の名前は身近には感じますが初めて詳しい道事情を見せていただきました。

そして高知入り・・
四万十になれば吾が圏内ですよ。ワクワク
愉しみにしています。
Commented by marucox0326 at 2018-08-30 20:05
こんばんわ。
今回のカブの旅。1から7まで通して拝読しましたが、まだ中盤なのでしょうか。
行程も中身もとても濃くて、実り多い旅ですね。

伊良湖から伊勢へのフェリーは夫と車で利用したことがあります。懐かしかった。
今回は奈良和歌山そして四国と、若干馴染みあるエリア、と言っても四国には行ったことないんです。
淡路島から徳島の地を眺めたり、鳴門の渦潮は見たことあるんですけど^^;
関東の方から見れば全く異質の空気感でしょ?

だから今回はいつにも増してお写真も興味深く拝見しています。
まだまだ日本にもこんな景色が存在していることに小さな感動を覚えながら。
そして夕闇が迫る中、一人鮎を貪るkkaiさんの笑顔、かずら橋をきっと真ん中を手すりを持たず渡ったに違いないkkaiさんの涼しいお顔も想像しながら…(*^^*)
Commented by fujituru22 at 2018-08-30 22:04
こんばんは。
今回も盛りだくさんですね。

出ました!!
祖谷のかずら橋・・・渡りました・・・
ものすごく昔の記憶ですが・・・


車ほんと、きゅんとしますね。
ヤマガラまでくわわって・・・
いい旅ですね。
Commented by kkai0318 at 2018-08-30 22:28
sogno-3080さん

こんばんは~。
ありがとうございます!
脱線コーナーは脈絡なく現れます(笑
走っている時は、次々と浮かんでは消えといった繰り返しなんです。
ゆっくりと走る分、情報が多いのもありますが、興味を引くものも多くて・・・。

ポニーの散歩、凄いですよね。ほんとただの道路だったので(笑
Commented by kkai0318 at 2018-08-30 22:32
霧子さん

こんばんは~。
祖谷のかずら橋はここらへんで1番有名な観光地なんですね。
ここまで整備されているとは思いませんでしたよ。

きっと馴染み深い場所が多いのかと走っている時思いました。
何となく行動範囲は予想できるので(笑
今回は仁淀も行きたかったんですが・・・。先に進むことにしちゃいました。
これからはよく見る景色だと思います!
Commented by kkai0318 at 2018-08-30 22:38
marucox0326さん

こんばんは~。
日数が日数がなので、長くなるかもしれませんが・・・。
中盤くらいですかね~。間に色々あるのですが、すっきり読みやすいように
まとめちゃっています。

静岡辺りから雰囲気が変わってきて、三重和歌山奈良は異質です。
遠くに来たなーって実感ができます。
四国にはまだ行っていないんですね。また違う空気で不思議な4県ですよ。
何度行っても魅力的で独特で・・・。

これでも大きな国道沿いなので、もっともっと日本らしい景色はあると思います。
ただ、全てを見ようとすると膨大な時間が必要になってしまいます(笑
鮎を貪るって、まさに!美味しくて今思い出しても・・・(笑

橋、強がって真ん中を歩きました(笑
なぜわかったと笑ってしまいました(笑
Commented by kkai0318 at 2018-08-30 22:41
fujituru22さん

こんばんは~。
今回も寄り道面白いものがたくさんありました。
初めて見ることってこんなにわくわくするもんだと、改めて思います。

かずら橋渡ったんですね~。
昔見た写真はもっと太かったような印象です。
そして荒っぽかったようなイメージでしたよ。どうだったんでしょう。
変わってないですか?

廃車、あちこちに結構あって、キュンキュンです(笑
生き物もたくさん出会いました!
Commented by dirtcub at 2018-08-30 22:56
こんばんわ~☆また行ってみたいトコロが増えちゃいましたっ!!
素敵な写真とレポートありがとうございます!
インディ・ジョーンズみたいな吊橋で、なんかワクワクしちゃいましたっ!
Commented by kkai0318 at 2018-08-31 14:29
dirtcubさん

こんにちは~。
ここはたどり着くまでの道も素晴らしく良くて。。
橋も良いのですが、国道32号線もかなりおすすめです。

今回、でっかい道ばかりでしたが四国は「酷道」が多くて
話を色んなライダーの人に聞きましたが、行ってみたい所だらけ・・・(笑
ハンターカブとかなら絶対面白いでしょうね~。
林道もたくさんあるので、是非!
Commented by sakanatsuko at 2018-09-15 16:32
こんにちは。
ドキッとしますね、ちゃんと補強されてるんですね橋。考えてたらお腹の底がうにゅ〜ぅてなりました弱虫です。
川に飛び込むのも度胸あるかなぁ…
みんなでやれば怖くないかも。
埋もれた廃車は惹かれます。
人工物なのに何故こんなに馴染むんだろうって撮りたくなりますが、これはすごいなぁ。
毎度興味深いことが満載すぎて、思ったことコメントしていたら長くなりそうなのでこの辺で、笑
のんびりと読み進めさせていただきますねー。
Commented by kkai0318 at 2018-09-18 14:30
さかなっこさん

こんにちは~。
そう、補強はされているんです・・・こっそりとお教えしますが(笑
これが無いと、強度的に法律が通らないのかもしれませんね。さすが現代。
時々落ちます、って位のスリリングさが欲しい所でありますが(笑

下の川が深ければ良いのですが、結構浅い・・。
落ちて岩に当たるのが一番のダメージかもしれません。

このジープは今でも人気の車種なので、見る人がみたらきっと堪らないのであろうものです。
でもそんな車が埋もれているから良いのだなとも思いました。
鉄が馴染んでいく様子は一番哀愁があって好きかもしれません。

ゆっくり読んでみてくださいね~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-08-30 01:23 | | Trackback | Comments(12)