Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

夏旅 2018!その6



b0223512_22144860.jpg



--------------




朝早く出発すると道も空いている上、寄り道がたっぷりできます。
雨が降る前に、色々寄っちゃおう。



b0223512_23085231.jpg





いい感じの橋桁の跡を見つけた。
寄り道。



b0223512_23042914.jpg


まるで古城のような佇まい。



b0223512_23101785.jpg
b0223512_23082495.jpg

やっぱり川の水を触らないとな。
そういえば吉野川の水を触るのは初めて。




広い河原を結構歩いて、水辺まできました。




吉野川は別名「四国三郎」と呼ばれています。
ちなみに長男は「坂東太郎」(利根川)
次男は「筑後次郎」(筑後川)



この三兄弟・・・古より「暴れ川」として全国にその名を知られていました。
毎年凄まじい氾濫をしていたので、愛称というより、悪名高きといったニュアンスでしょうか。
いや、俗称かな。


何だかんだ言って愛されているに違いない。



b0223512_23070709.jpg


この三兄弟を抑えるため、治水に費やした労力はまさに国家事業。
それぞれの川は実際に見ていますが、いずれも大河。
この規模で洪水になったら凄まじいだろうな・・・。



b0223512_23302211.jpg


ここ吉野川下流には、250年前に作られた「第十堰」という有名な堰があります。

20年前、その堰を壊し、新しい物に作り替えるという計画が建設省より出されました。
しかし、市井の反対多数でその計画は中止、現在に至っています。

当時、その反対運動は小さなものでしたが・・・。
既存の公共事業の在り方に疑問を抱く世論も手伝い、全国的に広がっていきました。



自分も大いに興味があったので署名し、経過を見守ったものです。
もちろん政治的な側面などは考えず、一つの川をメチャクチャにされたくないという
一介の釣り人目線だったのです。

新しい堰は洪水を抑えられるようなシロモノではない、というのは素人目にも分かりました。
何より、250年もの間しっかり機能をしている物を壊す、という知見の無さに絶望したもんです・・・。








あ、せっかく爽やかな朝なのに、小難しく脱線してしまった。






b0223512_00300942.jpg
b0223512_00321378.jpg

川舟のアンカーも独特。
川石に穴を穿って重しにする。





b0223512_00414504.jpg




古い階段を登って、見晴らしの良い所へ。


カブも小回り利きますが、歩きはもっと小回りが利く。。
運動が気持ちいい。





b0223512_00422390.jpg
(ここに橋があった)





b0223512_00431173.jpg


反対を見ると池田市街。
ここにも「うだつ」があります。
今回はスルーします。





b0223512_00473666.jpg
(もちろん本場)


b0223512_00572103.jpg




山をぐるりと歩いて、元の場所に戻ります。





b0223512_00545614.jpg





歩きながら、この先はどうしようかと悩んでいました。
まっすぐに行くと愛媛、松山へ。



いや、まだ2日目か・・・それだと展開が早いな・・・ということで、ここで大きく曲がります。
四国ではこんな分岐点で大きく道が変わります。



この選択は正しかったのか、この時は分かりません。






------------------








b0223512_01025128.jpg
b0223512_01055627.jpg

分岐して直後、大雨に。
そして道沿いで竹をカラコロやっているのが見えたので、お話を。
しかし良いなぁ。
話をしていて、ここに住んでいることがとても幸せそうでした。

土佐刃物を見せてもらったりして、出発。



道中はいつもこんな感じです。
細かくは写真に撮りませんが、誰かとのちょっとした小話が楽しくてしょうがない。




b0223512_01105891.jpg




ここを境に、吉野川の川幅が狭く、両岸は険しくなってきます。




大粒の雨の中走ります。
でも、寒くないので、気持ちいいくらい。
夏のツーリングはこういう所が素敵。

冬は・・・大変だよな。。






b0223512_01133034.jpg



ちょこまか動きは変わらず、良い橋があるとつい渡りたくなる。
ちょっと対岸を走って、元いた道に戻ったり。



川が険しくなるということは住宅事情も険しくなる。
山に張り付くように家が建っている場所が多くなります。






b0223512_01154673.jpg


雨が降ったり止んだり。


山にある雲は登っていっているので、好天かな・・・と思いたい。
希望的観測。




b0223512_01173390.jpg



どんどん険しくなる。
んで、その前でカブを撮る。

一人なので、被写体はカブ。



似たような画ですが、いろんな橋で撮っているのです。
見飽きてしまうかもしれませんが・・・ご容赦を。
可愛いマシンなのです。





b0223512_01185894.jpg




--------------





b0223512_01202074.jpg
b0223512_01205146.jpg



川を覗くとラフティングをあちこちでやっています。
ゴムボート・イコール・急流です。



ここは険しい激流で名高い大歩危・小歩危峡。



b0223512_01223685.jpg




激流に突っ込む所を見掛けると、覗いてみたくなる。
時に応援も・・・。





b0223512_01235207.jpg


本当にいい橋が多いぞ。
ここは歩いて渡るタイプ。



b0223512_01254649.jpg


上流。


b0223512_01252375.jpg
下流。



ここは大鮎が釣れる名ポイントらしい。
この流れで竿を出せるのか・・・。
静止画だと穏やかに見えますが、結構な流れ。



b0223512_01275124.jpg



足元。


スッケスケのスケルトン。
なかなか怖いグレーチング。





----------------





トンネルを幾つか抜けると、トンネルの間のパーキングに突然・・・。




b0223512_01301547.jpg

トレーラーが落ちていた。





これは良い荷物入れだとばかりに、カブに装着。
引けるのか?引けるわけないでしょ!

とりあえず自分の中で大流行中の写真を撮ります。



過積載はついやりたくなる。




b0223512_01332663.jpg


これ・・時々あるけど・・・忘れていってるのか・・?
一時保管か・・・?
何が入っているか気になります。
誰か住んでたりして。





----------------




b0223512_01342492.jpg


いよいよ川幅が狭くなってきた。



鈍く重く速く流れる川・・・これは危ない。
まさに大歩危・小歩危峡、真っ只中。










続きます。


トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28612576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2018-08-28 17:42
カブの赤いサドルがとっても素敵。
で、大雨の中は登山用のレインウェアとかを着て走るんですか?
Commented by fujituru22 at 2018-08-28 20:31
こんばんは。
相変わらずすごくて素敵な旅ですね。

大歩危・小歩危懐かしいです。
大昔に(まだ20代のころ)四国一人旅してこちらも行きました。
時空を超えてその場所に立っているようなそんな感慨を味わいながら・・・
続き楽しみにしています。
Commented by yayoi9355 at 2018-08-28 21:43
道草だらけの旅、いいですね〜!
相棒がまたよろし(笑)
贅沢な時間の使い方ですね。
ところで、夜はどこに寝ているのですか?
最近は野宿もなかなかうるさいでしょう。
Commented by kkai0318 at 2018-08-28 23:57
pallet-sorairoさん

こんばんは~。
これ・・実は茶色なんです(笑
予想外の色になってしまって、本人が1番驚いています。
今では気に入っていますが・・・。

雨の中は上だけ雨具装備です。
下は水着を着ているので、敢えて履きません・・。
この時期は走っていると乾くんです。
冬は上下着ないと濡れたら凍えてしまいます(笑
Commented by kkai0318 at 2018-08-29 00:01
fujituru22さん

こんばんは~。
相変わらず、外出しています(笑

一人旅!その時から胆力があったんですね~。
ここまでどうやって来たのか、とても気になるところです・・。
って電車の駅も目の前にありますね。
当時と変わっていますか?

行った場所を写真で見ると、懐かしいとかその時の気持ちとかが
入り混じった気持ちになりますよね。
Commented by kkai0318 at 2018-08-29 00:07
yayoi9355さん

こんばんは~。
もうなかなか進まなくて・・(笑
スピードは出ませんが、その分ゆっくりと堪能しながら走っています。

夜・・・人気の無い、周辺に人が居なくて暗くて目立たない所にささっと(笑
私有地、畑とかには気をつけています。
道の駅も厳しくなりましたもんね。。

正直、国内だと繁華街以外はどこでも眠れてしまうと思います・・・。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-08-28 01:42 | | Trackback | Comments(6)