Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Kisokoma 2018 夏 3



b0223512_23285192.jpg




----------------





花を見に行った後、みんなも誘ってキャンプ地に戻った直後。
晴天にわかにかき曇り。
大粒の雨が落ちてきました。







驟雨沛然。



b0223512_23304383.jpg




昼は晴れ(猛暑)。
ここの所晴天が続いたので、空に溜め込んだ水の量といったら・・・。




b0223512_23325237.jpg

この写真が最後。
これでもまだマシな方で・・・。


テント地が濁流に変わり、水が下まで回り込みテントが浮く。
ちらりと入り口を見ると、プカプカと靴が浮いているほどの水量。
途中、小豆大の雹が降ってきて、テント生地を叩きます。

その一瞬の勢いたるは凄まじいもの。
「バババババッ・・!」
テントを叩く豪雨の音で、周りの状況が分かりません。





----------------






先程までの晴天が嘘のように、全く違う世界に変わります。



「ババババ・・・・・・ボツボツ・・・」






急な天候変化は止む時も突然。




b0223512_23370119.jpg
b0223512_23373531.jpg
b0223512_23380155.jpg
b0223512_23382356.jpg


突然雨が止み、空が明るくなってきた。
とりあえず状況確認をします。




被害甚大、浸水し乾いている場所無し。
ビンテージ使いの宿命として、こんな時にどこからか浸水してきます。
マットがウォーターベッドのようだった。。


濡れたらマズそうな物はザックに避難しましたが、そこはかとなく湿っている。
一息ついて、テントの外に出ます。




「あ・・・・」




b0223512_23431366.jpg
b0223512_23433731.jpg
b0223512_23465592.jpg


全てを洗い流したように、神々しい。
積乱雲の間から陽光が射した時、その綺麗さに息を飲みました。



みんなテントから出て、「やれやれ・・・」と濡れたものを干しています。
こんなに人がいたのね・・・。




b0223512_23471568.jpg



雲が大きくて、この中にいるとニンゲンというものの小ささを実感します。








涼しくなって、改めて散歩に誘います。




b0223512_23473455.jpg
b0223512_23525698.jpg


こんな時の山は素晴らしい。


雨上がりは虫が発生していますが・・・天国。



b0223512_23532044.jpg
b0223512_23540111.jpg
b0223512_23542050.jpg
b0223512_23550077.jpg
b0223512_23553722.jpg


雲があると本当に良いもんです。



b0223512_23571695.jpg


濡れてしまったウスユキソウも、乾燥し次第に白くなってくる。
綿毛に水が着くと、緑になってしまうのです。





b0223512_23573976.jpg
b0223512_23590059.jpg



小さな散歩を終えて、テントサイトに戻ります。



b0223512_00003079.jpg




安心して、ちょっと昼寝をしたらいつの間にか夕方。


「行くぞ・・・」と起こされます。







さあ、お散歩第3弾、





b0223512_00015445.jpg








続きます。




トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28523768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by R-GreenLife at 2018-07-30 09:17
こんにちは〜^^
この日、私たち夫婦もこのテント場にいました〜
雨、すんごかったですよね〜
私たちは初のテント泊でして、買ったばかりのテントに穴が開くんじゃないか、
浸水してくるんじゃないか、とヒヤヒヤものでしたw

知る人ぞ知る場所、どこだったんだろう?
私もエーデルワイスが見たかったです〜^^
Commented by cafe-moco-cafe at 2018-07-30 16:42
kkaiさん(*´ω`*)
ボーダーの方がkkaiさんですね?
最初の時もボーダーだったので印象的です。
雲間からの陽光。巡る天候。人生もまた同じですね。
建物に守られて、台風でもびくともしない生活は
安心安全ですが、生きてるというより
狭い世界に一生閉じ籠って
目を閉じ何も感じない暮らしなんでしょうね。
どれを選んでも人生にはなるのですが…。
モコ
Commented by kei9594wa1576 at 2018-07-30 19:23
自然の猛威はすごいですね。
でも災害にならなくて良かったです。
からりと晴れて良いお散歩が出来ましたね。
Commented by yuu-chang0521 at 2018-07-30 19:37
こんばんは。

キャンプ中に雨が降って、濡れてもまたなお晴れ間の美しさを味わうだなんて、
タフさと繊細さを併せ持ってらっしゃいますね。かっこいいです。
Commented by kkai0318 at 2018-07-31 00:36
R-GreenLifeさん

こんばんは~。
おぉっ!何と!すごい偶然ですっ!
雨ヤバかったですよね。早く着いたので平らな所に張ったのが運の尽き・・(笑
川の流れのド真ん中でした。
買ったばかりだと良い防水をしてくれたと思います。
自分はたっぷり浸水してしまい・・(笑
雹はもうちょっと大きかったらまずい所でした~。

知る人ぞ知る場所、木曽駒の巻道です。ルートが2つあるんです。
今回、コマクサも咲いていたのですが、発見できず・・。
山でお会いできたら面白いですね~。
Commented by kkai0318 at 2018-07-31 00:42
モコさん

こんばんは~。
そうです、あの時のボーダーです(笑
綿100%で望みました。普段着ですが快適でした。

この時は雷が一番怖かったですが、2回ほどの落雷で済みました。
ホッと一安心でした・・・。

天候がダイレクトに感じられる生活、素晴らしいですよね。
でも建物に守られていても、人生はサバイバル・・・怪我や病気もありますから。。
目を開くとどこでも新鮮に見られる気がします。
自分はこうして無力を感じ、痛めつけられるのが好きな方なので・・・(?)

モコさんは自分よりよっぽどサバイブしていますよ。
Commented by kkai0318 at 2018-07-31 00:45
霧子さん

こんばんは~。
あっという間に水の中に入った気分でした。雨って凄いですよね。
寝袋も濡れてしまったのですが、この季節は命には無関係、ぐっすり眠れました。
写真でも写っているんですが、虫たちが喜んで寄ってきました・・・(笑
でも、良い散歩が出来ました!
そちらは大丈夫ですか?
Commented by kkai0318 at 2018-07-31 00:47
yuu-chang0521さん

こんばんは~。
どんな天気も気持ちに準備が出来ているので大丈夫です。
もっと厳しい時がありますので・・・。雨上がりの陽の光は透き通ってて
何とも表現し難い綺麗なものでした。

どちらかというと安全な場所なので、景色を楽しめました。
落雷はビビりましたが・・・(笑
ありがとうございます!
Commented by watmooi at 2018-07-31 23:16
ほんとウスユキソウ緑になってる!?
こんなお天気を経験しないと見れないんですね。
ずぶ濡れのテントから出ての景色も。
でも雷は怖いですね。
Commented by kkai0318 at 2018-08-01 00:12
ワットモーイさん

こんばんは~。
霧のときも緑なんですよ。繊細で、そんな姿もまたいいんです。
こんな天気は経験せずとも見られますよ(笑
雨上がりは悪天候の後でないと見られませんが・・・。

ほんと雷だけは慣れません・・・。
2回、結構近くで落ちました。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-07-30 00:03 | | Trackback | Comments(10)