Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Fountainballpoint pen




b0223512_00250500.jpg




2ヶ月くらい前。
ちょっとメモを取っている時に、ペンを落としてしまった。
テーブルの上ではなく、立ったままだったので、ペン先が見事に割れてしまったのです。



このパーカー75は、ビンテージと言っていいほど古いものでしたが
いい感じの細字で、かなり気に入って使っていました。

しかし握りにヒビが入っていて、インクも漏れる。
「そろそろ限界かな・・・」と思った矢先の出来事でした。



物は終わりの時を知っている、と思うことがあります。
きっと意思が伝わってしまったのかな。



b0223512_00335033.jpg



見た感じ修理不可能というのが、ひと目で分かります。
何せペン芯が粉々で、ニブも折れてしまったので・・・・。


相当落ち込みましたが、同時にとある構想を実現出来るとも思ってしまった。




b0223512_00422481.jpg




そう、多くの人がやっている「万年筆をボールペン化」すること。





どういう訳か、そうしたカスタムをする人はチラホラいたりします。
でも、いろんな作例を見ましたが、思っているのと違う。

こう・・・シュッとしすぎているんだな・・・。





自分がやったのは・・・これです。





b0223512_00441897.jpg



なるべく既存のパーツを使用して、ボールペン(ゲルインク)を組み込みました。
一見、万年筆です。




b0223512_00403573.jpg


でも、側面から見るとゲルインクボールペン。
細かい所を見ると粗ばかりですが、準備もしないでパッと作業するとこうなる。



作業としては・・・。
使用限度を越えたコンバーターに、ドリルで真芯に細めの下穴を開けます。
ボールペンの芯と同じ太さのドリルで、ちょっと揉むようにすればすんなり入るようになります。
折れたニブをエポキシで元のように取り付け、エポキシが完全硬化をする直前にボールペンを入れます。
そして穴の深さをニブの先と合うように調節して・・・。完成!



b0223512_00482492.jpg
b0223512_00470470.jpg


この絶妙なボールペンの出方がミソ。
書き心地を左右するので注意です。
この出方だと万年筆と同じように、ニブの角度、向きによってはインクが出ないようになっています。
つまり万年筆と同じ感覚で字が書けるということ。

唯一違うのはペン先と、ボールペンの先に段差があるので、ニブが浮いているのを意識しないと
びっくりしてしまうこと。でもすぐに慣れます。

もちろんインクが切れたら、無加工でサラサクリップのように交換するだけ。
替芯の長さもピッタリだったのが想定外でした。


b0223512_01001722.jpg


初期のパーカーの特徴として、銀色の部分に目盛りが見えると思いますが
中心に「0」と刻印されています。
その数字を中心にしなかったのは痛い所・・・。

こうして見ると、エポキシで盛った部分が生々しい。
これは仕方ないか・・・。



でもこれでまた使えるようになったので、嬉しくて毎日持ち歩いています。
ある意味第二の人生が始まった訳です。



b0223512_01061966.jpg
b0223512_01084551.jpg

ディティールは定番の強さというか、重さとデザインのバランスは最高です。
このシズレ(クロスハッチグリッド)が多少のグリップ感の向上に役立ち、良い手触り。


シルバーなので、経年によっていい表情になります。



b0223512_01090873.jpg

b0223512_01115317.jpg


やっぱり復活すると嬉しい・・・。



名品を力技とも言える改造を施しましたので
オリジナル派の人は、卒倒するかもしれません(笑


でも使ってこその道具。




b0223512_01130915.jpg

インクは水性ですが、日常使用に全く気を遣わない。

いつでもオリジナルに戻せますが、この気軽さを考えると戻せない。
思いつきにしては上出来。





おしまい。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28422891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N-styel at 2018-07-04 07:51
素晴らしい‼︎名品復活のお披露目…(*˘︶˘*).。.:*♡
愛情なくしては叶わない素敵なお手仕事‼︎(๑˃̵ᴗ˂̵)و
こういうのは、大好物でです。
恐らく…使った本人こそが一番のご満足なんでしょうね…。
元の良さと、加えられた絶妙なバランスとの両方をまあ比べながら味わえる…人生そのもの‼︎
第二の人生が、ますます豊かになりますね…✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺
素晴らしい…‼︎
Commented by yuu-chang0521 at 2018-07-04 16:29
こんにちは。

すごいですね、これだけ使い倒してくれたらパーカー社も本望でしょうね。
Commented by nippa0927 at 2018-07-04 18:56
懐かしい、パーカー75親父からもらったものが今も机の中に・・確かに滑るような書き味だったような(^▽^)/
Commented by kkai0318 at 2018-07-09 14:15
N-styelさん

こんにちは~。返事が遅くなりまして!
この数ヶ月、クサクサ気にしていたので、やってよかったです。
もう、スラスラ書けるので、かなり気に入っています。
バランスもほとんど同じですが、やはり距離がある分、毎回うっ!となります。
さすがにもう慣れましたが(笑
自分も大好物です(笑

このカートリッジ部分はあるのですが、戻さずとも良いかなと
思っています。
Commented by kkai0318 at 2018-07-09 14:20
yuu-chang0521さん

こんにちは~。返事が遅くなりまして!
外装も細かい傷があったので、いい感じにポリッシュしたら蘇りました。
パーカーのこれはいい感じに時代が出てくれるので好きです。
これからどんどん使っていきます~!
Commented by kkai0318 at 2018-07-09 14:23
nippa0927さん

こんにちは~。返事が遅くなりまして!
これはある一定の世代から懐かしく感じるペンみたいですね。
自分も使っている時に、何人かに「懐かしいね~」って言われました。
万年筆とボールペンがセットになっていて、成人祝いとか、就職祝いなどで
贈られるものだったみたいで・・・。

細字でニブも馴染んでいたので結構ショック・・・。
でも、こんな第二の人生も悪くないよね、とペンに話し掛けました(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-07-04 06:42 | 筆記用具 | Trackback | Comments(6)