Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Journey to the Shore 3




b0223512_23390671.jpg



今、行縢の滝(むかばきのたき)に居ます。

何度見返しても読めない漢字・・・。
宮崎の方ならスッと読めるようです。





b0223512_23422966.jpg



凄い落差なのに、音がしない。
岩盤の表面をサラサラ流れているので、こうした不思議な感じに。
威圧感が無い滝です。


風が吹くと水のシャワーに包まれ・・・。
ビショビショです(笑




b0223512_23445729.jpg


滝の下には真っ平らな岩があり、舞台のようです。
写真だと小さく見えますが、トラックほどの大きさ。
15人位は乗れるでしょう。



b0223512_23494310.jpg
b0223512_23502461.jpg

大きくて全容が撮れません。
広角レンズなのに。

横の大岩に座って、しばし眺めます。



b0223512_23473258.jpg
b0223512_23520987.jpg

振り返るとこの高さが分かります。
この下も切れ落ちている・・。




それにしても・・・。

市街地からここまでの近さ。
これは本当に凄いことです。




b0223512_23585313.jpg



----------------



b0223512_00055472.jpg


トレランシューズを持ってきたのですが、こんな山々しいとは思っていなかったので
モカシン。

でも、走ります。


b0223512_00071447.jpg

b0223512_00075261.jpg

また巨石をすり抜け・・・。


b0223512_00082257.jpg



無事に下山。


どんどん人が登ってきます。
いい天気だもんな。。





---------




b0223512_00110842.jpg
b0223512_00113517.jpg


こんな良い神社があったりして。
風景の調和としても本当に素晴らしい。
やはり関東とは違う空気感。



b0223512_00160299.jpg
b0223512_00171639.jpg


遠くから見ても、見事な滝です。
どこからあんな水量が・・・山の感じを見ても不思議。



次来るときは行縢山(むかばきやま)へ登ろう。




------------------





b0223512_00192711.jpg


左に五ヶ瀬川を見ながら、走ります。
この川は暴れ川で有名です。鮎も。


小さい時に最初に見た時、大洪水でした。
その時に鮎とウナギを捕った事を今でも覚えています。
怖かった・・・。




---------



さて、次の寄り道です。




b0223512_00235929.jpg
b0223512_00242945.jpg

そこは・・・とある駅。




b0223512_00284073.jpg







続きます。



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28353646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2018-06-07 22:13
行縢の滝、読めないどころか字そのものも見たことなかったので
拡大してしげしげと見てしまいました(^^ゞ
素晴らしい滝ですね、私も行縢山に登ってみたくなりました。
そして
>小さい時に最初に見た時、
この一行も気になりました。
この辺りはfurusabiさんにとって懐かしい場所なのかしら?
とある駅のたたずまいもいいですね、続きが楽しみです。
Commented by kkai0318 at 2018-06-08 21:48
pallet-sorairoさん

こんばんは~。
同じく、むかばきのたきなんて字も見たこともないです(笑
絶対書けない自信があります・・・。
今回はこの滝まででしたが、次回は山頂まで行きたいと思いました。
どんな所から流れているのかもちょっと見てみたい・・・。
急峻でいい山のようですよ~。

この辺りで生まれ育ったわけではないのですが、非常に関係が深い場所なんです。
自分のもう一つのルーツ的な・・・。
幼い頃に大きな影響を受けた場所なんですよ~。

昨晩はPCが固まってしまい、絞り出した文章が消えてしまいました(笑
今夜またアップしていますので、見てもらえると嬉しいです!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-06-07 00:49 | | Trackback | Comments(2)