Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

中津川(宮ヶ瀬湖~旅館)




b0223512_00090030.jpg





----------------






宮ヶ瀬湖を通り過ぎ、中津川沿いを走ります。
今夜の宿へ到着です。







b0223512_00093541.jpg



もちろん(?)キャンプです。




b0223512_00100096.jpg



こちらが今夜の旅の宿、モステントのサイクロイド。
タープも考えましたが、兼ねているこれに決定。
(がっしり石で押さえているのは風が強いため。そして粉が吹いているように見えるのは、ベタつきを押さえる粉です(笑




キャンプ場ではない、低規格キャンプです。
寒くないので、焚き火も無し。








-------------






b0223512_00113903.jpg



コットンの靴下に履き替え、スベスベ。



さて、午後は暖かい光の中、お楽しみの読書です。
それから、午後深くに風が止んだら釣りにしよう。







今日の本は・・・・。







b0223512_00104087.jpg
b0223512_00111369.jpg



ご存知の方もいるかもしれません。
こんな日に読むのにピッタリです。





b0223512_00264801.jpg





蔵書は山や自然の本が多いですが・・・。
「パイプのけむり」と共に時々無性に読みたくなる本です。







一見、女性目線で日常的な事を綴っているようですが・・・。
その小さな文章の中に小さな気付きや、心の動きの表現が絶妙に散りばめられています。
海外でのエピソードや小話、忘れかけているような日本の良い部分も知ることが出来る。



誰かの作った価値観や幸せの定義というのをやめて、自分で感じた事をちゃんとやっていこうという強さ。
一面では力が抜け、もう一面では襟を正されるように。

何より、この著者自身がまだまだ未熟で、自分は日々成長していくんだと求め続けている姿勢に感動すら覚えます。
でも、求める先は身の回りに、足元に、こんな近くにあったのだと教えてくれます。
しかも誰もがすぐに出来ることですよ、と。

こういった精神は時代などは関係なく、いつでも今の感覚で全く違和感なく読める。
読んでいると自分の普段の無礼や、余裕の無さを恥じてしまうな。
色褪せずに、多くの方に読み継がれているのは良く分かります。


「すてきなあなたに」って、良いタイトルです。





(3月23日が大橋さんの命日だったので、思い出して本棚から抜いてきました)






---------------






b0223512_00121306.jpg



文章に集中していたら、いつの間にか夕方になっていた。
今日・・・釣りするつもりだったのに。
没頭したなぁ。





いつの間にか野球場の声も無くなっていた。




b0223512_01125892.jpg



ここは田代運動公園のキャンプ地。
その名の通り、裏手には野球場があります。
・・・裏手というか、こちらがメインですが(笑




b0223512_01092505.jpg
b0223512_01120930.jpg



頑張ったのが汚れで分かる。
お疲れ様と声を掛けたい。



うーん・・・道具がこうしてたくさん集まっていると、言いようのない魅力を放つ。
良いなぁ。











さて、戻って夕餉の支度だな。








b0223512_01231513.jpg








続きます。










トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28215188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shima_shima1225 at 2018-03-28 08:14
すてきなあなたに・・愛読書です。^^
久しぶりに開いてみましょう・・
Commented by f15eagle_coco at 2018-03-28 08:53
わああ~!私も大好きな本です♬
そうそう、心が、ふっ…と 力が抜けたようになって。
でも、本をパタンと閉じた瞬間、背筋はシャンと伸びそうな。
「さーて、と!」
そんな感じですよね。

沢村貞子さんがお書きになったエッセイも大好きです。

それにしても、愛車くん。
キミはマチナカでも自然の中でも実に絵になる子だねぇ(*´ω`*)
Commented by cafe-moco-cafe at 2018-03-28 09:06
kkaiさん(*´∀`)♪
すてきなあなたに2…シリーズなんですね。
表紙の燭台に灯る蝋燭が素敵です。
ゆらゆら揺れる炎を眺めながら、編み物をして、感じる気持ちは穏やかでしょうね。

自分なりの幸せ…その時々で変わるけれど、私の根底にあるのは自由です。
そっとして置いてもらえること。
その時間に周りを幸せにする方法を見つけるのが
私なりの幸せなのかなぁ…と。

kkaiさんのblogはもはや私の愛読書になりつつあり、頭の中では一冊の分厚い本です。
勝手に、表紙の絵は和竿と魚かなぁとか考えてます(笑)
モコ
Commented by cafe-moco-cafe at 2018-03-28 09:43
追伸:ミツマタのところにコメントしようとして忘れたのですが、枝が割けてもしっかり生きる力にはビックリしました。
実は、薔薇の枝を誘引をする際に、バリッと折ってしまう時があります。そんな枝でもちゃんと水を運ぶんですよね。花の力は凄いですね。
モコ
Commented by miyabiflower at 2018-03-28 15:14
すてきなあなたに・・・本棚に並んでいます。
何回も何回も読みました。
キャンプで読む・・・どんな感じなのでしょう。
いつか戸外で読んでみますね。
Commented by kkai0318 at 2018-03-28 21:46
シマシマさん

こんばんは~。
やはり愛読書でしたか!
この表紙の字を見ると、読みたくなる不思議・・・。
久し振りに夢中になって文字を追いました。
Commented by kkai0318 at 2018-03-28 21:51
ココさん

こんばんは~。
ココさんもやはり!
細やかさとか女性らしいですが、本当に楽しい本です。
気持ちが楽になりますよね、何か。
何かやりたくなってくるのも読後の法則(笑

沢村さんも大橋って名字なんですよね。
台所の何かが・・本棚を探ってみよう・・・。

車は一見派手な色ですが、どこでも似合うと思うのは親心(笑
写真を無駄に数多く撮ってしまうのも親心・・。
Commented by kkai0318 at 2018-03-28 21:56
モコさん

こんばんは~。
いや~是非読んで欲しいです。
いつどこのページを開いても、あっと思う話がたくさん。
モコさんは絶対好きですよ~。装幀も何かくすぐる感じです。
暮しの手帖で掲載されていたものなので、何となく分かるでしょうか・・。

自分なりの幸せって未だ確立されていないかも・・なんて思います(笑
誰かの為になるような事だとホント良いなぁって思っています。

あっ!それは嬉しいです。
変なことは書けませんね(笑
表紙はなんでしょう・・・魚と山は間違いない(笑
Commented by kkai0318 at 2018-03-28 22:00
モコさん

追伸ありがとうございます!
この裂けは去年見た時から心配だったんです。
生生しく裂けたばかりなので、大丈夫かな~って思っていたのです。
でも今年はそれぞれの枝からしっかり開花していましたので安心・・・。
紙の原料に使われる程なので、繊維がしっかりしてるんでしょうね~。

バラの誘引、そうですよね。折れてもしっかり花を咲かせるのは凄い・・。
切ったりしても、そこから沢山の芽が出てくるのも凄い・・・。
Commented by kkai0318 at 2018-03-28 22:04
miyabiflowerさん

こんばんは~。
やはり並んでいますか!miyabiflowerさんなら間違いないと思っていました。
何度読んでも良いですよね。
全部は読んでいないのですが、見つかった時の楽しみにしています。

外で読むと、夢中になってこもりっぱなしになるかもしれません(笑
外の音が気にならなくなりました。
1人、キャンプで読むのにピッタリだと思います。
Commented at 2018-04-02 22:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2018-04-02 23:48
鍵コメさん(hさん)

こんばんは~。
こちらこそ!最近あまりあちこち訪問出来なくて・・すいませんっ!
読み返していただいて何だか嬉しいです。
さっそく部屋の片付けを行っています。
やること山積みで・・(笑

小さい頃の無理矢理は大人になっていいと思っています。
自分も冷たい水に入るのが嫌だったこともあるんですよ(キャンプいつも渓流)
その楽しさを追い求めている自分がいます。

虫が苦手??でもハーブにはあまり付かないから良かったですね(笑
お体崩されていたんですね。
いい季節なので、少しづつ外が良いですね。
青っぽい桜が新鮮でした。
まだ季節の変わり目なので、くれぐれも油断しないようにしてくださいね~。

名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-03-28 01:33 | キャンプ・キャンプ用品 | Trackback | Comments(12)