Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

AMANING 第2夜(追記あり)




b0223512_00193751.jpg



2夜連続でメンテしてしまった・・・。
色々活動しているので、道具関係が続きます。



さあ、今夜のメニューです(?)



b0223512_00200752.jpg


アマニングを施工中の面々。



b0223512_00225332.jpg

こちらは小さな餌箱。
しばらく放置していたらカサカサに。

触っていると、つぶさに編みを見てします。
こんな小さな物に緻密な仕事が。。やはり改めて見ると惚れ惚れとする。
少し前は量産品扱い。



b0223512_00272326.jpg
b0223512_00193751.jpg

これは箕ざる。
ちょっと小さく、ふくら可愛いのでかなり気に入っています。
魚籠と同じ編みで、竹の皮側を使っています。
コロンとしていますが、しっかり実用品。
5合位ですが、深い。

亜麻仁油を入れると吸水性が無くなると思いますが・・・。
自分の使い方だったらそれで良し。


ちゃちゃっと水切れが良くて、蕎麦がいい音します。





b0223512_00324438.jpg


これはマキリ包丁。
近年はナイフに出番を奪われていますが・・・。



b0223512_00341685.jpg


これで良し。
持ち手の部分がぐんぐん吸い込む。
吸い込むと同時に木目が鮮やかに浮き出てきた。
・・・ちゃんと使ってあげよう。




b0223512_00394566.jpg


最後はこの鍛造ナイフ。


佐治さんが有名になる前の物。
シンプルで使いやすかった。これは多重鋼をアピールしていないので好み。
和式ナイフという名称がすんなり入ってきます。



b0223512_00494357.jpg
b0223512_00505880.jpg




今も作っていますが、本人作かは不明です(たぶん「工房作」だと思う)
外国人に受けが良さそうで、日本人好みの作品を作っています。


籐にしっかり染み込ませます。



b0223512_00525773.jpg


今日も油を染み込ませてしまった・・・。
でも、長く役に立つぜ、という雰囲気が出てきます。


濃く飴色になるのはまだまだ先ですが、こうして重ねていこうと思っています。






-------------------




さて、ここから追記。
家から発掘したものです。




b0223512_00541394.jpg

b0223512_00544497.jpg

西ドイツ物を探している途中に思い出して。


「これ、今も使えるかな・・・」


現在使っている登山靴にはめてみましたが・・・数センチ足りない。
日々成長してるのね・・なんて思った次第。



あ、本題ですがどなたか使う方います?



サレワの12本爪で、アンチスノープレートは付いていません。
適合するソールの長さは26センチ~30センチ(足のサイズではありません。ソールです)
一応ワンタッチで付けられます。(コバの張り出しは必要、靴を選びます)

氷雪は勿論、泥の壁を登ったりするのに良いかも・・・。


注記としては、古い物なので、バーティカルでギリギリテクニカルな使用とかは勘弁して貰えると・・・。
(そこまでの方はギアに細心の気を使うので居ないと思いますが。)
それでも良いという方、西ドイツ物を愛して止まない方、コメント欄に連絡ください。







おしまい。















第2回プラチナブロガーコンテスト



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28057703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-01-31 01:11 | 道具 | Trackback | Comments(0)