Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Miners Safety Lamp





b0223512_21442426.jpg



今夜はランプです。




最近、キャンプでも一般化したカンブリアンランタン。
真鍮の素材感が、古き良き時代へタイムスリップさせてくれます。
シンプルでいぶしの経年変化も楽しめるのも人気の要素でしょう。

殆どが英国製で、自分も使っています。



でも今夜のは違う国。







アメリカ人が作るとこうなる。



b0223512_21444761.jpg
b0223512_21455720.jpg


(分解清掃したついでのアップですが・・・)


この網網は上部に入っていて、火の熱を受け止める場所についています。
熱を外に出さないようにしています。
というのもこれは別名「炭鉱ランプ」
ガスで引火しないように、安全のための様々な意匠が盛り込まれています。


b0223512_23445473.jpg

上を外した所。
この見慣れないものは・・。


b0223512_23450955.jpg

火花を飛ばすためのライターです。
どうやって飛ばすかというと・・・。


b0223512_23452776.jpg

底の部分にこのような2つの物があります。


真ん中の丸いのは芯を繰り出すネジ。
右のがライターの火花を散らすノブです。
ネジ式で繰り出すので、微妙な火力の調整が可能。



まさにアメリカ的、効率と使いやすさを考えています。


b0223512_23460423.jpg


起こして回すと・・・・。




b0223512_00193244.jpg

バネ仕掛けで火花が・・・いやちょっと弱い。
石を替えます。


・・・無い。


b0223512_00203312.jpg


イムコ・スパークから予備フリントを頂きます。



b0223512_00240644.jpg


いい感じの火花になりました。


b0223512_00234617.jpg

本当は上を付けたままでも良いのですが・・・。
撮影が難しく、取って写しました。



しかし・・・火花の写真って難しい。(500枚撮った(笑



b0223512_00254373.jpg



点いた。




b0223512_23530697.jpg


ガラスグローブ(ほや)もパイレックスの分厚いやつ。
やっぱりアメリカです。




b0223512_00291697.jpg


優美で装飾要素は少なく、道具的。
カンブリアンランタンとはちょっと違う、ワーカーの匂いがプンプンします。
だけどそれが良い。

こんな小さな道具でもお国柄の違いを感じます。



b0223512_23550161.jpg

マサチューセッツにあるKoehler社製。
全て言いにくい。


刻印はここのみ。
これが良い。



b0223512_00352222.jpg
b0223512_00325257.jpg


この大きさと重さだと車でのキャンプ限定ですが。
家で飾りになっていたのを使ってみようということで・・・。



オイルランタン・キャンプで使う予定です。












第2回プラチナブロガーコンテスト



トラックバックURL : https://furusabi.exblog.jp/tb/28012390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakanatsuko at 2018-01-18 06:03
ランプ可愛らしいです
お仕事用な工夫とかいいですねー

火花の写真が綺麗で
撮るのに苦しそう思ったら、
やっぱりたくさん撮られていたんですね!笑
すごい枚数!
雷の時に⚡️
そろそろ出るかなぁって
シャッター切りまくるのよりは
なんだか建設的です
(それはわたしですw
でも500はいかないです)
Commented at 2018-01-18 22:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2018-01-21 00:53
さかなっこさん

こんばんは~。
使いやすいようにあれこれ工夫するのがアメリカ的ですよね。
バラバラにすると、ほんとそう感じます。

火花、一瞬なので難しいです。ちょっと試してほしい・・(笑
連写が速いカメラなのに、結構撮れなくてびっくりしました。火花は認められないのかと・・・。雷は更にタイミングを合わせるのが難しそうです。
どちらも建設的ではないように思いますが(笑
特に火花(笑
Commented by kkai0318 at 2018-01-21 00:54
鍵コメさん(hさん)

こんばんは~。
いつも結構撮るんです(笑
そして、書いてても「なんて字だ・・」って思いながら書きました。
自分の頭にこの単語は無いので(笑

大丈夫ですか?でも、良かった!
Commented by かつ at 2018-03-16 16:40 x
はじめまして、KOEHLER社の分解の方法を探していたらこちらにたどり着きました!
燃料タンクの分解方法で壁にぶつかっております。
燃料のふたの開け方教えていただけますか?
燃料は、白灯油ですか?古いものなので芯交換されていますか?
質問攻めですみません。写真のような光を灯してみたいです。
Commented by kkai0318 at 2018-03-16 21:42
かつさん

こんばんは~。初めまして!
今、分解されているんですね。辿り着いてくれて嬉しいです。

さて、燃料タンクの開け方ですが、タンク上部の芯の横に一円玉大の穴が2つ開いた
丸いものがあると思います。それが燃料を入れる蓋です。
先の細いラジオペンチの先を穴2つに入れて回すと開くと思います。
左に(反時計回り)回すとOPENですが、パッキンの劣化や錆固着で固いかもしれません。
その部分に556でも入れて、しばらくすると油が廻って開けやすくなります。

燃料は銀の船のレインボーオイルです。ススが少ないのでこの手のやつにおすすめです。
灯油でも勿論大丈夫ですが、火花での点火が難しいです。
芯は変えました。年代によってサイズが違うのですが外してみて採寸すると良いですよ。
円芯も銀の船にあります。
芯の交換は・・・。
・芯の横にある半月状のプレートを芯と反対側に引っ張れば取れる
・芯を出す方へ繰り出す
・芯と一体になったネジが取れる➙引っ張り出してこれを取れば芯が交換できます。
入れる時が難しいですが、自分は芯の先を押し込みました。
Commented by かつ at 2018-03-17 14:27 x
ご丁寧にありがとうござます!!

なるほどです。556で頑張って開けてみます。
燃料はレインボーオイルを用意します。
芯交換が難関見たいですね!

古いランプを初めて買ったので、慎重に頑張ります。

希望の光が見えました!

点灯したらまた連絡させて頂きます。
本当にありがとうござます。
Commented by kkai0318 at 2018-03-19 21:46
かつさん

こんばんは~。
どういたしまして!整備できますように!
小林節正さんもたくさん持っていますよね。

カンブリアンランタンもそうですが、マイナー(炭鉱夫)ランプは魅力がありますね。
是非点灯したら教えてくださいね。
Commented by かつ at 2018-04-24 10:30 x
こんにちは。

おかげさまで点灯しました!!

何度か、中目黒のマウンテンリサーチに見に行きました。
タイミングが合わず、小林節正さんに会えなかったですが、、、
小林節正さんのブログをみてKOEHLER社製作 MINERS SAFETY LAMP NO.209
を手に入れて修復していたんです。
本当にありがとうございます。

燃料タンクキャップが固まっていて、開けるのに3日かかりました!
心が折れそうでした(笑)
あと、燃料タンクに入れてある綿をピンセットで何日か掛け取り出し、代わりにカーボンフェルトを
詰めました!
レインボーオイルと芯も銀の船で購入し、フリントも交換しました。
しかし、火花が小さく着火出来ず
何種類か試したのですが、ライターで点火です、、、

本当にありがとうございました。
Commented by kkai0318 at 2018-04-26 00:15
かつさん

こんばんは~。
あ!良かったです。MRに行ったんですね。忙しい方なのでなかなか会えないかもですね。
小林さんが持っている銀のタイプも良いですよね。

燃料タンクに3日!?(笑 
でもあの部分は大事なので、ゆっくりやって正解だと思います。
カーボンフェルトとは豪華ですね。大変だったのが良く分かります。
ライター部分は、専用の石があったんでしょうね。
たまたま持っていたものが大型だったので火花がよく散ります。何か代用品があるはずですが・・。ライター部分は上下するのって分かります?芯の部分に近付けて着火するとつきやすいんですが。

レインボーオイルは発火点が低いのですが、綺麗に燃焼してくれます。
ライター着火で良いと思いますよ。
オイルはジッポオイルだと一発着火ですが、揮発が早いしコストが掛かりますよね。

点灯出来たのを嬉しく思います。
良いランプで良い時間を過ごせますように!
こちらこそありがとうございます~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2018-01-18 00:46 | キャンプ・キャンプ用品 | Trackback | Comments(10)