Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Snowy mountains inn.2




b0223512_22114538.jpg



-----------






登り始めます。




b0223512_22131735.jpg



この時間ですと、これから登る人はいません。
自分が最後(だと思う)です。
次々と降りてきます。
カールは翳ってますが・・・日没に間に合うかな。






b0223512_22040531.jpg




このルートのコツ、「疲れに気付く前に登ってしまえ」です。
見た目より短い上、アイゼンの効きも良いので、ガシガシ行きます。





b0223512_22144495.jpg

この赤のルートを行きます。



んで、途中まで来て気付いた。
登り最後ということは、ステップが無いことに。



きっと最後の人がシリセードで降りたんだな・・・滑り台のようになっています。
ということでルート脇を行きます。ちょっと沈みますが、ガシガシと・・・。




b0223512_22265477.jpg



息が切れますが、足を止めず・・・。
まだ気付いてない、気付いてない。

フウフウ・・。




b0223512_22281974.jpg
b0223512_22292937.jpg

b0223512_22301392.jpg


ひと息で登りました。
「はっ・・?騙された・・・」と慌てて息が切れますが、すぐに収まります。
体が気付かない間に稜線へ着けばしめたもの。。




b0223512_22334161.jpg


おおっ・・・・。



b0223512_22354403.jpg


日没に間に合いました。



b0223512_22383342.jpg


b0223512_22114538.jpg



やっぱり素晴らしいぞ・・・。
来てよかったと思う時。




--------------




ここの稜線はいつも風が強い。




b0223512_22412534.jpg



この小屋を見て分かるように、ビュンビュンです。
エビの尻尾の発達具合でどんなものか分かりますか・・・。




b0223512_22455057.jpg



サクサクとアイゼンの効きが心地良い。
こんな時、どこにでも登れるような気がする。




b0223512_22444140.jpg



時折体を持っていかれるように、空気の塊がぶつかってきます。
ぶつかり稽古みたいに・・・。







ここから先は無人の地。
冬山の静けさ。





b0223512_22544996.jpg
b0223512_22552999.jpg


宝剣岳は本当に美しい・・・。



ちょっとズルをしましたが、ピリリとした空気で冬山が始まった事を絶賛実感中です。




b0223512_22593709.jpg



雲がどこにもない。
中部の山々が全て見えます。








えーと・・・。





あ、あそこだ。





b0223512_23040835.jpg





ひょっこりと富士山も。
夕日に染まる姿、やはり異質で美しい山。





-------------




b0223512_23105384.jpg



中岳を越えると、更に風強し。




ピッケルとアイゼンワークで慎重に。危険地帯では無いですが、確かめるように歩く。
ここらへんは風が強くて、雪が吹き飛ばされています。
岩とのミックス。






b0223512_23140318.jpg




今夜のお宿が見えてきました。
誰もいない。




b0223512_23172442.jpg




奥には木曽御嶽山が。
神々しいなぁ・・・。










続きます。










トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27817655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by watmooi at 2017-12-05 07:09
きれいー!!
登った人しかわからないと思いますが、張り詰めた空気感、
ぶつかり稽古のように飛んでくる塊の風、
写真からそこにいるように感じます。
雪山と夕日、きれいでしょうね。

夕日が沈んだあとはすぐに暗くなるのかしら?
お宿はどこに?
と心配になりますが、kkaiさんのこと、だいじょうぶですよね。
Commented by BBpinevalley at 2017-12-05 13:26
氷、アイス、雪山!
今、暑い畑から戻ったところなので、この景色を見て一気にクールオフしました。
ありがとう。
小屋の凍り方がすごいですね。
眉毛とかまつ毛にも、あんな氷が付いてしまうんでしょうか…
Commented by sakanatsuko at 2017-12-05 18:22
わー、こんばんは、綺麗です!すごい
息を飲むって感じになるんでしょうか

冷え込んだ空気で
かたく締まった足下、いや
どこもかしこもかな
写真なのにこわいくらい
厳しそうでいて美しい

んで、
身体が気付かないうちになんですね、笑
わくわく興奮気味に
黙々せっせと登っちゃうんでしょうか
騙されるお身体がめんこいです(*´ω`*)
Commented by saitamanikki2008 at 2017-12-05 19:35
ワ~ ワ~  圧巻の冬山への登山写真です。
中々 見られない山岳風景に感動です。
時々ブログを拝見してますが、暫くご無沙汰していたら
貴殿は、並みの人でなくて、凄い !!
Commented by kkai0318 at 2017-12-05 22:15
ワットモーイさん

こちらもこんばんは~。
夕方に誰も居ない山って、取り残されたような気持ちになります。
冷えた空気がとても良いです。
風は呼吸のように、ドンってぶつかってくるんですよ~。
写真だと風が写らないのでクリアに見えますが・・・。
荒野の夕日は山ならではです。

太陽の光が消えた後、まさにつるべ落としで暗くなります。
続きで分かります~(笑
Commented by kkai0318 at 2017-12-05 22:19
BBpinevalleyさん

こんばんは~。
季節が逆なんですよね。夏の暑さをすっかり忘れています(笑
視覚で涼しくなってもらえて良かったです。

小屋の横は風が通るので、エビの尻尾が発達しています。
この影でテントを張れたら良かったのですが・・・。
エビの尻尾が発達してしまう状態だと、生命活動を停止しています(笑
呼気とか、湿気を帯びる部分はあっという間に凍りますよ~。
Commented by kkai0318 at 2017-12-05 22:24
さかなっこさん

こんばんは~。
空の青さに毎度驚きます。
夕暮れの時の濃い色は例えようも無い色なんです。
風が思考を奪い去るので、単純な事ばかり考えます。

冷えた空気って、何とも言えない良さがあります。
何でも荘厳に変えてしまうんです。

そうです!気付かぬ内に着いてしまえ、なんです(笑
「あれ、いきなり登ってるのに止まらないな・・」って体が油断しているんです。
わがままボデーなので、時々厳しさを教えないとです(笑
Commented by kkai0318 at 2017-12-05 22:31
saitamanikki2008さん

こんばんは~。
ご無沙汰ですが、自分も時々覗かせていただいていますよ~。
冬山でも、誰でも来られる場所なんです。
上の方は装備がないと大変ですが、山登りの経験がちょっとあれば大丈夫です。
天気が良い時だと尚良いんです。

やはり山は良いと思える季節の始まりでした。
緩んだ気持ちが引き締まるようになりました!
Commented by cafe-moco-cafe at 2017-12-06 01:50
kkaiさん(*´ω`*)
道に迷いそうな時 自分が求める景色が
わからなくなるとき
kkaiさんの世界に浸ると見えてきます
真の目的と 途中の欲求が ごちゃ混ぜになり
道を外れそうになることがあります
それが辛いのです
うまく言えませんが、kkaiさんは方位磁石のように
ピタリと方角を教えてくれる方のように
私は勝手に感じてしまいます。
モコ
Commented by kkai0318 at 2017-12-07 00:12
もこさん

こちらもこんばんは~。
自分は良く迷いますけどね(笑
なので、色んな景色を見て、自分を確定していくような所があります。
自分が何がしたいのかって、少しだけ分かる時もあるんです。

真の目的って、とてもシンプルなんですよね。
ただ、色々な事で気を遣ったりして、自分から見えなくしている所もあり・・・。
でもよく寝ると、大体OKです(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-12-04 23:29 | Trackback | Comments(10)