Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Tanzawa お塔 下山と誘い




b0223512_20575733.jpg





順調に下山しています。
登りより下りが大変なので、ゆっくりと踏みしめて。




b0223512_21021176.jpg
b0223512_21024996.jpg


時々陽がさして。



b0223512_21032277.jpg
b0223512_21041266.jpg


ここは紅葉の時、素晴らしいトンネルになります。



b0223512_20583684.jpg



アサギマダラもそろそろ旅立ちの時・・・。




b0223512_21055062.jpg
b0223512_21063211.jpg



階段も最後。




b0223512_21043763.jpg



-----------------



b0223512_21065651.jpg



よし、下山!



b0223512_21071757.jpg

今日の靴はキャラバン。
ちょっと色合いが違いますが・・・。
一軍の靴が全て入院中なので、これ引っ張り出しました。
久し振りに履きますが、なかなか楽ちん。




b0223512_21074259.jpg



------------




今日は車1台にバイク3台。
県内だと原付きでも近い。



b0223512_21170718.jpg
b0223512_21191277.jpg

パッキングは雑。





こんな感じのユルハイクでした。






冒頭の記事でも触れましたが、誰でもゆっくり歩けば頂上に行けます。
早い人だと2時間、3時間、寄り道多くても4時間以内には着けます。
天気が良くて、朝早く出発がミソ。
お水を2,3リットルとお弁当を持って出掛けましょう。



これからの季節、関東平野がシャキッと見えます。
遠くは房総半島に江ノ島、相模灘~伊豆半島が丸見え。
後ろには富士山と山中湖。そして南アルプス。
都内全部に筑波山、スカイツリーも。


朝焼け、夕焼けは言うまでもありません。
ゆっくりと地図で見るような地形がオレンジ色に包まれます。
雄大でダイナミックな黄昏時は、静かに自分の人生を考えちゃったり。


夜景は、宝石箱をひっくり返したような景色。
空を見上げれば星。月夜だと山々が明るく照らし出されて昼のよう。
そんで、下を見ると煌めく光。

「丹沢のメジャーコースでしょ?」とか「山で街の灯りは見たくないよ・・・」と言わず。
来てよかったと思うこと間違い無し。
陳腐な表現ですが、ほんと必見です。



日帰りでも充分楽しめますが・・・・。
頂上の尊仏山荘に泊まると更に素敵な週末になるでしょう。
土日で計画して、早ければ日曜の午前に下山可能で、昼くらいには家に着く。



遠くに出かけるより、きっと濃密で貴重な体験が出来るでしょう。
疲れちゃうのは当然なのですが・・・大げさに言ってしまえば、見た景色は人生を豊かにしてくれるでしょう。
少なくとも自分はこの山がターニングポイントだった気がする。


そんな山が塔ヶ岳です。





さあ、あなたはどうする?(これを言いたかった(笑






書いていたらまた行きたくなってきた・・・。
また来よう。








おしまい。







トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27162652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkai0318 | 2017-09-27 21:53 | | Trackback