Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その14

b0223512_21335377.jpg


---------------




空港直下に釘付けです。
多分、花巻空港。


b0223512_21401119.jpg


よしよし・・・降りてきた。
カブと上手くツーショットが撮れたら・・・。




b0223512_21404763.jpg

あ、速い!
なかなか上手く撮れません。


次の飛行機は構図を変えてみよう・・・。
何気に時間がどんどん経っている。



b0223512_21415070.jpg


ん?電気が消えた・・・・。
ひょっとして誘導が終わったのか・・・。




b0223512_21450160.jpg


今度は向こうから飛んできます。
いきなり高度を上げてしまう。これはもうカブが入らないし、あっという間に雲の中に消えてしまう・・。
この時、来てから2時間半も過ぎていた。

「そろそろ行かないと・・・次の飛行機で止めよう」っていう繰り返しで結局伸びてしまった。
何という不確定な中毒性を持つ撮影だ・・・。



運行が調べられれば良かったのかも。



b0223512_21475638.jpg
こんなイメージで撮りたかったんです。





撮影は情報戦・・・。
通りがかりには難しいな。





---------------------





ちょっと思わぬ所で時間を使ってしまった・・・・。
また国道に戻ります。



b0223512_22040211.jpg



ずっと雨ですが、煙るのもいいかも(強がり)




道中、東北らしい風景がちらほら。
中でもこういったのが面白い。


b0223512_22061482.jpg

きっと現役で動くイカした乗り物。
ただそこにあるだけで絵になる。


b0223512_22065548.jpg

フォード、いい・・・。
ちなみに、売っています。買えます。
誰かいかが・・・?





どんどん走ります。

国道4号は分かっていましたが、バイパスで街の中心部を避けるので新しいお店ばかり。
そして目につくのは郊外型のお店が多いです。
時間が無い時は早く走れますが、スローな旅だと歴史的な物が無いから寂しいかも。




無事に岩手県境・一関に入ります。
パンクして右往左往した場所。既に懐かしい。





そこで・・・。


お店に吸い込まれるように入ります。
国道横にあったので、目に入った途端、ハンドルを切りました。
その佇まいと駐車数・・・間違いない。



b0223512_22103001.jpg


うーん、感動した!
ここの蕎麦は馬鹿みたいに美味しい。
食レポはしません、通ったら絶対に食べて欲しいとだけ。

なんでも一度閉店したものの、ファンのお客さんが再び根性でオープンさせたという・・・。
その味に惚れて店主指導の元、再現して復活に至ったようです。
一口食べて「うっ!」となった蕎麦は久し振り。
地元の人や仕事の人が多く集まるお店です。




--------------




懐かしい峠を通ります。



もう、宮城県に入る。



b0223512_22355965.jpg

振り返ると、往路で複雑な心境で越えた場所が。


b0223512_22345055.jpg
(その模様)

b0223512_22383888.jpg


こうして見ると、とても穏やかな峠です。
そして、歩いて押した道はあっという間に通り過ぎてしまった・・・・。
あんなに長く感じたのに。一瞬のようです。






----------------




宮城に入り、今度は福島へ向けて。



b0223512_22413024.jpg

木の上にビニール袋がたくさん付いている。
・・・と最初は思う。



b0223512_22415729.jpg
鷺の営巣地です。
こんなにたくさん居ることは良くあるのでしょうか・・・。
凄い光景です。




-----------------



b0223512_23022086.jpg




順調に福島県へ入り、郡山に向けて。
福島市を越えた辺りで日が暮れます。



b0223512_22444935.jpg

峠で振り返ると福島の街明かり。
雲に反射して何とも言えない明るさ・・・。
雨でも良いことがあるのです。





----------




さあ、郡山に入りました!





b0223512_23080226.jpg




あれ?国道沿いに人が集まっている・・・・。
これはもしや・・・・。



b0223512_23074160.jpg


花火!




b0223512_23091296.jpg
b0223512_23115474.jpg


今回の旅では諦めていたので、ホント嬉しい。



ずっとバイクに跨っていたので、しばし花火鑑賞とします。





b0223512_23122818.jpg





続きます。











トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27111475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 19510909 at 2017-09-13 09:42
予定通り、予想通りに…いかないから面白い!
そう思うし、思いたいんよね(笑)

その蕎麦屋さん「行きたい、喰らいたい」
Commented by sakanatsuko at 2017-09-13 13:12
わたしもその蕎麦屋いにたいーッ!です
次に行くことあったら食べます!
いつ行けるかな…😅
Commented by kkai0318 at 2017-09-13 21:00
パパリンさん

こんばんは~。
そうなんです。ほんと上手いこと運ばない時そう思います。
でも運ばないからこそ面白かったりすることが起きたりするんですよね。
思い込みもありますね。

このお蕎麦屋さん、本文では「うっ!」とありますが
実際には目が「クワッ」となりました(笑
Commented by kkai0318 at 2017-09-13 21:02
さかなっこさん

こんばんは~。
次に帰った時に行ってみてください!
良心的なお値段でこんなお蕎麦が食べられるって貴重です。
関東にあったらな~って何度も思いました。
一関の市街に入る前の峠道にあります!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-09-13 00:00 | | Trackback | Comments(4)