Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その12




b0223512_21115515.jpg





--------------



温泉に入った後も、気持ち良い道を走ります。
天気はすっかり回復している様子。
空気もカラリとしていて、まさにツーリングの醍醐味を実感しています。



b0223512_21132362.jpg



ここらへんで、国道を離れ、寄る場所があります。



「そろそろだな・・・」と思ったら霧に包まれてきました。



あんなに晴れていたのに。



b0223512_21163141.jpg


b0223512_21150928.jpg


ザワザワと風強く、薄っすらと雨も降ってきました。
ここらへんだけそういう空気に包まれているかのように。
こんな天候急変なのですが、怖さはありません。


b0223512_21171070.jpg


かの有名な八甲田山、死の彷徨の碑です。


時代や形はどうあれ山岳での事故、素通りはできません。
手を合わせ、餞を。



b0223512_21201550.jpg


良く持つカラビナを数珠のようにして安全祈願もします。
このピッケルを持ってくる事にも、自分なりに意味があったのです。



b0223512_21232058.jpg
b0223512_21242548.jpg



誰にも会わず、静かに向き合うことができました。





------------



遭難の地から走り初めて5分。




b0223512_21263340.jpg
b0223512_21271460.jpg


再び霧が晴れ、元の天候に戻りました。
本当にあの周辺だけ霧がかっていました。
不思議・・・。

でも、ギラギラしたお日様の元より、霧がかったほうが安らぐのかも、とも思いました。




------------



b0223512_21294786.jpg
b0223512_21301269.jpg
b0223512_21304034.jpg


こんな気持ち良い道を走ります。
手をいっぱいに広げた木々は見ているだけで健やか。





あっ!



空気が変わった。
坂を下る程に濃密な空気になってきます。




b0223512_21315102.jpg
b0223512_21374284.jpg

b0223512_21342361.jpg


とても雄大な景色が見える展望台がありました。
光芒の動きをじっと眺めます。

遠くは鰺ヶ沢とか五所川原方面か・・・。
思えば遠くへきたもんだ、か。




b0223512_21335478.jpg



---------




そして、遂に・・・。




b0223512_21383925.jpg
b0223512_21390164.jpg



青森市が見えてきました。
見えた時「海だ!」と言葉に出たほど。

普段「山が好きで、海はそれほど・・」なんて言っていますが、こうして見えると心から嬉しい。
無ければ求める愚者なのです。





b0223512_21421099.jpg
b0223512_21424089.jpg


国道4号と7号が始まり、果つる処。
国道の始まりは都内に比べるとささやかなものです。




b0223512_21441895.jpg


この特徴的な島の前で撮影したのが日中最後の写真。
浅虫温泉近く。
この後、猛烈な風雨に見舞われます。




-----------



b0223512_21534146.jpg




野辺地通過し、海沿いの道を行く。









この道、街灯ゼロでライトを消すと真の暗闇。
左に海を見ながら大きな水たまりに突っ込みながら走る。
風雨が視界を遮り、木々をざわつかせ、カブを倒そうとする。




不穏な施設(原子力関係?)を横目に穏やかとはおおよそ遠い天候。
道の白線はセンターラインだけが薄くあり、道路の境界線が分からない。
遠くに車が見えたと思ったら、あっという間に狭い道をすり抜けていく。
車が近付くと路面の反射も含めて、一瞬真っ白で何も見えなくなります。

路肩を示すラインの重要性を初めて知りました。







この道・・・本当に怖い。





心がキュッと縮まっていくような、心細い気持ちです。
しかも静かなのに、風が強いので心が定まらず、ざわつく。
雪道以外で久し振りにビビりました。




うーん、笑えないかも。






そして・・・・。





b0223512_21595452.jpg


b0223512_22013025.jpg



この場所へ到着。




お気づきかどうか分かりませんが・・・・。



b0223512_22040218.jpg
b0223512_22042031.jpg


サブタイトルは「ツール・ド・ヨコハマ」なのでした。

旅の計画段階で、横浜から横浜まで走るんじゃない?行くんじゃない?
なんて安易な思い付きから計画が始まりました。



一見バカバカしいですが、キッカケはいつもそんな感じです。
細い小さな糸口でも、大きなロープになっていくような旅が好きなのです。






本当は大間と仏ヶ浦へ行きたかったのですが・・・それはまた後の話。









という訳で、この地がこの旅の折り返し地点。








続きます。










トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27102991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yayoi9355 at 2017-09-08 23:11
kkaiさんの記事、しばらく見てないなぁ。。と思っていたら知らないうちにフォローが外れていたんです!それじゃいないハズだ、と思って見たら、随分と遠くにいました(笑)カブで横浜をつなぎましたか!走りましたね〜!何日かけて周るのでしょうか。私も何年か前にほぼ同じルートで大間まで行ってきましたよ。もたてろんカブではありませんが(笑)いやいや、男のコですね〜!さすがです^^;
Commented by watmooi at 2017-09-08 23:25
わぁ~すごい!!
横浜!!
横浜町って地図で見つけたのですか?
どれくらいの距離なんでしょうか?

雨の降る暗い道でよく見落とさなかったですね。
そして折り返し!?
だいじょうぶかしら?
と、この時点からの横浜までがなんだか心配になります。
(でも無事に帰ってこられてるんですよね、よかった~~。)
ゴールまで、楽しみにしています!!
Commented by iomlove at 2017-09-09 15:59
こんにちは!
横浜から横浜町へという思いつきを本当にやってるkkaiさん!かなりカッコイイと思います。距離も天候も、そしてカブだもの。一見ユーモアだけどやってのけるという凄さにはビックリしつつカナリのカッコヨサです。母性本能をクスグルというのでしょうか。笑
特別な場所には霧が包み込むのよ。とマン島で教えてもらいました。なるほど!と思った。
今更ですが風邪とか大丈夫だったのかな?
写真から気温を感じられるし真っ暗だよ!と大声だしては凍えそうだわ。私が!
思いつきでヤル人はやっちゃうんですね!
すごすぎる!!!!!!!しかもカブ!
このブログをHONDAさんが読んだら感動するはずだわ!!!スーパーだし!
Commented by river_kingfisher at 2017-09-09 17:02
ついこないだ道の駅「よこはま」で一晩過ごしたばかりなのに、既にすごく懐かしい感じがしますよ。
ここまで来たら、仏ヶ浦にも行って欲しかったな。

しかし、カブでのロングツーリング、スゴイです。
Commented at 2017-09-09 19:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ロングツアラーZ at 2017-09-09 21:28 x
旅のきっかけ・・・なんて、人に言っても解ってもらえないですよね。
「じゃあ、車でいけばいいじゃん」
これが、答えなんですけど、答えじゃない。
空気が変わる、それが・・・旅ですよね。
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 20:49
yayoi9355さん

こんばんは~。
あるあるですね。影に隠れてゴソゴソ動き回っていました(笑
横浜町は昔も行ったのですが、記憶が曖昧で・・・ほぼ初めての感覚でしたよ。
青森からは展開が早いので、一気に走ってしまった感があります。
同じルートだと景色は懐かしいのではないでしょうか。いい道が多いですよね~。
次は雨じゃない快晴の時に動きたいと・・・(笑

次にどんな景色が見えるのか、ワクワクが止まりませんでした(笑
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 20:53
ワットモーイさん

こんばんは~。
横浜は前に行ったことがあるんですよ~。
友人とだったのですが、ほぼ通過のような感じでしたので、今回は目的地にしたんです。
距離は結構あったように思います。途中でメーターを見ないので、お終いの時に計算してみます(笑

暗い道ですが、この怖さから皿のようにして表示を探しました(笑
相当参っていた印象なんです・・・。
ここが折り返しということは・・・帰らないといけないのです。
果てしなく遠い・・(笑
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 20:58
iomloveさん

こんばんは~。
いつも啞然とするような思い付きから旅が始まります。
・・うーん、苦労するのは自分ではなく、カブですね。間違いなく(笑
誰でも出来ますよ。座っているだけですもん。
もっとカッコイイ事やっている人はたくさんいますよ~。
なので人力で移動するという眩しさや尊さを却って感じますね~。

とにかく誰かに指示をされたり急いだりが無かったので
短い時間ですが自由という空気を久し振りに感じることが出来ました。
特別な場所には霧って今回初めて感じた事です。
風邪は全く問題無かったですよ。
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 20:59
river_kingfisherさん

こんばんは~。
道の駅に行ったんですね。昼間にちゃんと走りたかったです。
自分の旅のその先を見ているようで、楽しいです。
この羨ましさが次の旅の良い原動力になりますよ。。

仏ヶ浦は・・・行きたかった・・・(笑
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 21:01
鍵コメさん(hさん)

こんばんは~。
神秘的ですよね。不思議な気持ちになる時は霧があり。
色々思索の枝を延ばす気がします。

いや・・・コメント頂いてほんと安心しましたよ。
メールせずにはいられなかったのです。
Commented by kkai0318 at 2017-09-11 21:04
ロングツアラーZさん

こんばんは~。
そう!「え?なんで?」って言われたらそれまで・・(笑
行けばいい訳じゃないんですよね~。そして着かなくてもいい場合もありますね。

出発直後は全く実感が湧かなくて、トラブルとか印象に残る事が積み重なって
旅を実感していきますね。
んで、帰ってきてから更に強く想ったりして。
空気の変わる瞬間もそうですが、どこでスイッチが入るか分かりませんよね。
旅行では無く、旅なんですよね。
Commented by sakanatsuko at 2017-09-12 19:04
kkai0318さん、こんばんは。
心に響くような(大げさだな)良い心地で読み進めておりました。
満喫、体で感じて、いいお話を聞かしていただいて思い巡らせたり……はぁ、素敵だなと思います。
そんで、横浜から横浜!笑
わたしは、全く気付けずに今度はどこに入ったかな?と、表示案内を見たら、あれ?横浜ですか
の、のちの、仕込まれていた横浜に
すっごい!ヤラレました(笑)
ほくそ笑むkkai0318さん!?
楽しいですね!(≧∀≦)
Commented by kkai0318 at 2017-09-12 21:22
さかなっこさん

こんばんは~。
ズンズン進んでいます(笑
写真の影には色々感じたことや実感したことが膨大で・・・。なかなか伝えきれませんね。
横浜町は横浜の人はみんな知っているかもです(笑

上手くバレないように、ちっちゃい文字で入れてみました。
最初の頃に指摘されたらどうしようって1人でハラハラしていたんです。
いい仕込みができました(笑

やられてくれて嬉しいです。ありがとうございます!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-09-08 22:20 | | Trackback | Comments(14)