Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その9


b0223512_00104357.jpg







-----------------




街に出て、小さな表示が見えた。
非常に興味をそそられ、そちらの方へ向かいます。





b0223512_23501246.jpg



ここは・・・・。



b0223512_23552331.jpg
b0223512_23561517.jpg
b0223512_23544896.jpg


尾去沢鉱山跡地。





到着して思ったのはよくある地方の寂れた観光地の様子。
アンパンマンの乗り物の声が虚しく響いてるのが更に拍車をかけて・・。
イメージと全く違ったので、ちょっとミスったかも。
見た感じは整備され尽くされている感じです。

勝手ながら、荒々しい感じが好きなのです。


「まぁ、折角来たんだし一応入ってみるか・・・」というスタンスで潜入開始です。




b0223512_00021508.jpg
b0223512_00095896.jpg

・・・むむ。


ここは・・・ヤバいぞ。



b0223512_00121045.jpg


入って5分。
これまでの観光鉱山とは違うことをビンビン感じてきました。



b0223512_00153581.jpg
b0223512_00160321.jpg
b0223512_00150593.jpg


順路は複雑にクランクしたり、時代毎の穴へ移行したり。
あちこちに横穴が空けられていて、それもまた深そうな雰囲気。

こんな感じって知っていたならヘッドライトを持ってくれば良かった・・・。



後に調べたら、坑道の総延長は明治以前までで800km(!?)
んで、明治以降に掘られたのが700kmと凄まじい鉱山だった事が判明。
昭和53年まで操業してて、これほど残されているのは珍しいらしい。



b0223512_00315333.jpg
b0223512_00322336.jpg


その大きさや掘り出し方は大きすぎて呆れます。
期待無しだったので、しっかり裏切られ興奮気味。

自分が興奮しているということは、ファミリーや子供はドン引きしてるかな・・・。



b0223512_00432059.jpg


中でワインや日本酒を熟成させています。
この気温だといい環境でしょう。
中の気温は13度~15度位平均らしい。





b0223512_00340589.jpg


この観光用でも全長1.7km。普通で1時間掛かるようです。
じっくり歩くと不安になるくらい長い。
奥へ奥へと進んでいて、段々方向感覚がなくなってきます。
んで、寒さも段々堪えてくるのです。


やっぱり奥様とお子さん(女の子)は引き気味になるでしょう・・。




あ・・・・。



b0223512_00411144.jpg


最奥の所に賑やかな場所がありました。
妙なグルーヴ感を感じます。
やれやれ・・・休憩所か。



んん?


あぁ!!!!






こんなに人がいるのに、動いているのは自分ひとりです。
すべて蝋人形でした。
人がいるように錯覚し、妙に安心した自分にゾッとします(おおげさだな)
完全に騙された。。蝋人形がいるなんてどこにも書いて無かった。


特別コースの最奥なので、誰もいない。
それがまた更に驚かせた。


「あっ!」なんて声を出してしまった。



b0223512_00515979.jpg
b0223512_00542254.jpg


写真を撮るには最もハッキリと撮れます。
何せ動いてないのでブレないのです。
まぁ・・・ブレてたら逆にマズいですが・・・。


ここの何処かに混じって、来る人を驚かせてみたら面白いな。
なんて悪巧みを考えますが・・・。

この中に入ったとして「よ、何やってんの?」
なんて声を掛けられたらどうしようという思いもあって止める。


リアル過ぎて怖いって不気味の谷全開です。




b0223512_01044567.jpg


こうして横穴がたくさんありますが、順路通りに。



b0223512_01054934.jpg
b0223512_01061492.jpg
b0223512_01070093.jpg



油断していると、まだまだこうして人形が作業しています。
いきなりの登場なのでびっくりして腰の力が抜ける。
静かに、地味にビビります・・・。


そう。
みんな休憩所に集まっている訳ではないのです。
頑張って働いている蝋人形もいるのです。
動かないけど・・・。





置いてある機械は使っていた現物です。
レイアウトもこうだったんだろうな、とかなりリアル。




そうそう・・・・ふと気付いたらしばらく人に会っていません。






b0223512_01152337.jpg









坑道編、ちょっと続きます。









トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27080185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by f15eagle_coco at 2017-08-30 10:21
こっっっ、
こえええええええええええええええwwwww(;∀;)
オラむり、ぜったいむりwwwww
(洞窟恐怖症&遺跡で「昔この場所で…」と想像するといろいろアレになる症候群)

|д゚)でも続きは見る♡
Commented by aya_nan at 2017-08-30 17:35
こんな楽しそうな所があったなんて・・・。
また東北を目指したくなってしまいました(笑)
Commented by autumn-park at 2017-08-30 18:13
凄いところに行かれましたね!!!

蝋人形だとわかった時のことを想像して、ひゃ~~><;;と思いました。
随分前に平日に東京タワーの蝋人形の館に入ったのですが、殆どお客さんは私一人で
めちゃくちゃ怖かったんです。
特に「最後の晩餐」の前は怖くて一人で通れなくて、次の人が来るのを待ちました・・・。

怖いところ平気なんですね。
私はどれか動いたらどうしようとか思っちゃうので・・・。
安全にどんどん冒険してください、楽しみにしています^^。
Commented by watmooi at 2017-08-30 22:08
坑道ってすごいですよね。
今年2月に浜松の竜ヶ岩洞に行きましたが、
とても感動して「竜ヶ岩洞物語」という鍾乳洞が見つけられた経過を描いた漫画本を買いました。
中に入るとやっぱりひんやりとしていてちょっと怖かったのですが・・・。

こんな感じに人形が置かれてたらギョッとしますよね。
kkaiさんのブログの写真でもギョッってなりましたから。

話はちょっと前のことになりますが、8月23日の「Cubb di Tohoku 2017 その5」の記事に
コメントを入れさせていただいたのですが、(コメント7です)
コメント6のkkaiさんのコメントの時間、2017-8-23-23:20とまったくぴったりと同じタイミングだったようで、×が出て届かなかったようです。
こんなこともあるんや、と思いそのままにしてしまいましたが、
なんか共通の思いがして(私のはそれほどでもないのですが)
やっぱり再度コメントに入れさせていただきますね。
2014年11月30日のwatmooiのブログをご覧いただければ、と。

その時も雨、そして大きな煙突がありました。
人が日常を過ごしていた場所が怖いくらいに荒れ果てているのを見るのはやはりショックでした。
住んでいない私たちにもショックなんだからそこで過ごしていた人にとってはかなりのものがあると思います。

「心臓が忙しいことになる」って!?
またまたドキドキです。

とコメントをしましたが、お忙しければどうぞスルーしてくださいね。


Commented by kkai0318 at 2017-08-31 00:49
ココさん

こんばんは~。
こええですよ、最初はもうびっくりして硬直しました(笑
オイラくんとだったら大丈夫です。でも二人共固まるかもしれません(笑
ここの坑道では曲げられるので、方向感覚が分からなくなり・・でも良いもんですよ~。

続き、遅いですが(笑
Commented by kkai0318 at 2017-08-31 00:51
aya_nanさん

こんばんは~。
目立たないですが、楽しい場所がたくさんありますね。
東北の大きさに改めて圧倒されています。歴史的なものの保存があまりいじらていない傾向がありますね。
もう一度東北へ・・!
Commented by kkai0318 at 2017-08-31 00:54
autumn-parkさん

こんばんは~。
仲間だと思ってたら、無機質な物体だったって、びっくりしますよ~。
ハッとした時は声を上げた上に硬直を・・(笑
東京タワー、こんなに身近なのに行ったこと無いんです。
そんな所があるんですね。気付いたら1人って不思議な感覚ですよね。でも怖い(笑
最後の晩餐は大勢過ぎて、ちょっと生きている人が混じっていたりと考えると怖いですね。

怖い所平気じゃないんです。。。
Commented by kkai0318 at 2017-08-31 01:09
ワットモーイさん

こんばんは~。
竜ヶ岩洞良いですよね。記事では行ったのって書いてました??
あの顔ハメで記念撮影をしたのでしょうか・・コウモリになれるんです!
日本で一番気に入っている顔ハメなんです(笑

そうそう、うなぎは食べましたか?
あのそばにあるお店でのうなぎ、美味しかった記憶しかありません。

坑道は明るくなくて、深い穴の雰囲気がしました。
こんな複雑な観光坑道は初めてです。ライトがあれば、もっと奥行きが確かめられたのですが・・・。最奥での蝋人形は本当にびっくりしました(笑


!!!!!!!
コメント頂いていたとは・・・最近、見返さなかったのでまさかと思って見たら・・。
kkai、ブログで一生の不覚・・。
本当に申し訳ないです。

スルーするわけないじゃないですか!
阿寒の記事、覚えていますのでコメントします~。
Commented by river_kingfisher at 2017-08-31 21:57
「尾去沢鉱山跡地」良かったです!
kkaiさんの記事で予習してあったので、ヘッデン・マグライト装備で2時間以上潜ってました(笑)。その間、他の人には一切会わなかった。やっていけるんですかね?あの施設。

砂利道のアドバイスもサンクスです。
ちょうど人が車で来たので許可をもらって、ここでも1時間近く。さらに、シックナーを上から見たかったので、離れた場所(敷地内はドローン禁止と書いてあった)から遠景を空撮しました。こっちも大満足でした。
そのうちブログにします。

とにかくありがとうございました。

PS:kkaiさんが次にどこに行ったのか、早くエントリを書いてくれないと追っかけが出来ない…(笑)
Commented by umisanjin at 2017-09-01 23:08
こんばんは~! ひゃぁ~ まだ、こんな所があったんですね、、、
蝋人形とは思えない不気味さ、、一体くらい動いてたりして。( *´艸`)
Commented by kkai0318 at 2017-09-04 06:10
river_kingfisherさん

おはようございます。
鉱山ではそんなに潜っていたんですね(笑
自分もじっくり見たい派なんで、羨ましい限りです。
せっかく明るいヘッドライトを持っていったのに・・・。
そうそう、人が少ないですよね。夏のピーク時なのに、殆ど会わなかったです。
でもじっくり集中できるからいいですね。

砂利道見つかったようで良かったです。
もしかすると核心部分はあそこかもなんて思っています。
凄い建物ですよね。出た後も見てしびれました。。

先週はバタバタしていて、なかなか更新ならず・・。
今週にどんどんやっていきます!
拝見しましたが、視点の違いと、良く分かる景色に嬉しくなります(笑
Commented by kkai0318 at 2017-09-04 06:26
umisanjinさん

おはようございます。
東北は細かい所まで見ると膨大に時間が掛かる事に気付き・・(笑
他にも良さそうな場所たくさんあったんですよ。

ここの蝋人形は下手に動かしたりしないので、静寂と共に雰囲気ありました。
ほんと一体くらい動き出しそうです・・・。
最初はホントビビりました(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-08-30 01:19 | | Trackback | Comments(12)