Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その8




b0223512_21394648.jpg


-------------------





さて、展望地へ向けて歩き出します。
木道から登山道のように変わり、ちょっと登ったら到着。



b0223512_21402873.jpg


展望地・・・。



ふと気付いたら、雲に囲まれてきています。
頂上の岩場で座って休憩します。
どんどん雲が迫ってきているのを眺めながら。



b0223512_21421311.jpg


b0223512_21451722.jpg


このRawLow Mountain Worksの中には6mm細引きにファーストエイド、ヘッドランプ
チョコレート、飴、電話、小型のザックカバーが入っています。
カラビナは何かと役に立つので、こうしたちょっとした歩きでもぶら下げるようにしています。
どこかの岩角で頭を打たないとも限らないので、油断せず。


おかげで現在日本で一番汚れたtoteだろうと思います。
まあ、それくらい使いやすいという事・・・。






b0223512_21531478.jpg





-----------





そろそろ歩き始めよう。



b0223512_21545507.jpg
b0223512_21561486.jpg


あ、やっと見つけた。


b0223512_21412030.jpg
b0223512_21534115.jpg


大好きな花、チングルマです。
でも去年と同様、羽毛状の実の姿・・・。
ちょうど1年前は鳥海山でした。



b0223512_21543392.jpg



この標高で・・・本当に東北の山に来ているんだな・・・。
改めて実感します。




------------





霧が出てきます。





でもね・・・。
また木道を歩き出してから、ずっとニコニコです。



b0223512_22053326.jpg
b0223512_22050398.jpg



天上の楽園を歩く幸せ。
2本のレールを笑顔の鈍行列車が進みます。



b0223512_21584983.jpg



ふと目を落とすと、あれだ。




b0223512_22061626.jpg


モウセンゴケが。



自然の中では初めて見たな。
毛先の液体は霧なのか、粘液なのか。思えば非効率・・・。
地中の栄養だけは足りないのかな。
プラスで摂った栄養はどんな力に変換されるのか。


やっぱり他の植物とは違う雰囲気を持っています。
ひと目見て分かる不思議。



木道の脇は豊かな湿地です。





-------







歩いていて、言いようがないしっとりとした気持ちに包まれる。
険しい山でも抜けるような景色には感動しますが、ちょっと別種。



じんわりと暖まる感じ・・・。なんだろう。
植物や花が心から愛おしいと思えました。


b0223512_22031757.jpg

b0223512_22035233.jpg




最後に、単独者とすれ違いました。
目で会釈をするというか、似たような気持ちを抱いているのが何となく分かります。


(オ。オマエモスキモノダナ)


(オマエモナ)


(サッキノアオゾラハテンゴクダネ)


(ダネ)


(ナンデモイイケドサイコウダナ)


(ダナ)


(キヲツケテアルケヨ、ドウシ)


(オマエモナ)


((ジャアナ、マタドコカノヤマデ))



一瞬のすれ違いの中に、こんなような会話を目でします。
お互いニヤリとする感じ・・・。
喋らずとも通じるとは良いなぁ、って思います。




b0223512_22262405.jpg




再び霧が全てを隠し始めたので、自分の持ち時間は終わりです。
そろそろ下山。





--------------





b0223512_22302383.jpg




戻ると再び雨が落ちてきていて、バイクに囲まれていました。
本当に短い僥倖だったと思います。




-------------



秋田に入り、アスピーテラインを下ります。
さっきの場所が峠でしたので、急坂くねくねを行く。


きっと展望が良いだろうな・・・と思っても霧雨の為、開けず。
そうなるといよいよ先程の天気が奇跡のように思えます。
これで抜けるような青空になってしまったら、複雑な気持ちになっちゃうという・・・(笑




数々の温泉地の誘惑をかわし、街に出ます。
しばらく走ると鹿角に到着。











依然として奥羽山脈の懐におります。








続きます。











トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27077942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kucchan_k at 2017-08-28 23:37
こんばんは~。

八幡平、大好きです!!
春も夏も秋も冬も、それぞれステキな景色を見せてくれます。
八幡平の真価は高原逍遥・・・ホント、そう思います。

次はぜひ陵雲荘にお泊りください(^^♪
Commented by iomlove at 2017-08-28 23:48
こんばんは。

木道と霧の姿は幻想的で物語の中の様な
ロマンチックな気持ちになりました。
2本の木道は左足用と右足の為なのかな?
それともすれ違うためなのかな?
夢の中みたいでスーッと吸い込まれました

私は青空免許しか持ってなくてタンデムの予定です。国産車の運転がクラッチが英国車と違って逆なので運転が出来ないんです

それよりも幻想的な霧の姿が美しいな。
kkaiさんj秩父の霧の世界もとても素敵でした!素晴らしいタイミングなのですね。
Commented by kei9594wa1576 at 2017-08-29 18:53
kkaiさん

お元気で行かれてるのを見せてもらっています。
今日の道は木道、私も長い道を歩いたような気がします。
これからの道中お気をつけて。楽しみにしています。
Commented by kkai0318 at 2017-08-29 23:29
kucchanさん

こんばんは~。
霧の中の八幡平を堪能しました。
きっと馴染みのある風景(見えませんが(笑 だったと思います。
紅葉は見てないんです。凄いでしょうね~。画像を探したりもせず、いきなり見たいです。
その時期の混雑は凄いのでしょうか。

陵雲荘は泊まりました?
あそこは・・天国ですよね。ちょっとで行けるって心から羨ましい・・。

Commented by kkai0318 at 2017-08-29 23:32
iomloveさん

こんばんは~。
人工的な物は木道だけでフワフワとした気分で歩きました。
足元を飾る花も素晴らしくて・・・。
木道はそれぞれの足用ですと、そうとうがに股になってしまいます(笑
すれ違っても良いように幅が広く取られています。

クラッチがない物を乗ればいいかと思いますが、乗りたいバイクがあるんでしょうね。

霧のタイミングと青空のタイミングが絶妙で今だに思い出します。
Commented by kkai0318 at 2017-08-29 23:34
霧子さん

こんばんは~。
元気も元気、弾むように歩くってこういうことなのかと・・・(笑
木道を歩きながら、景色が変わるのをイメージしながら写真を撮ったんです。
細かい写真を入れると、それは膨大で・・。

これからも道中長いんです(笑
ありがとうございます!
Commented by kucchan_k at 2017-08-30 23:31
こんばんは。

見慣れた風景・・・ではありますが、また、違った感じでもありました。
やっぱり、撮る人によって感じが変わるのでしょうね!
秋も素晴らしいです(もちろん、混雑もして渋滞したりしますが・・・苦笑)。
湿原は草紅葉となりますし、山は赤や黄色で彩られます。

陵雲荘はハイ、何度もお世話になっております(笑)。
特に冬はとても心強い小屋ですね。
しばらく冬には行けてないので、次のシーズンはモンスターに会い泊まりに行きたいものです。
Commented by kkai0318 at 2017-08-31 01:24
kucchan_kさん

こんばんは~。
この辺りはいつも来ていますよね~。超絶羨ましいです。
ちょっと行ったら温泉パラダイスですし・・・。
(次行ったら案内してもらおう・・(笑)

やはりいい時期は渋滞するんですね。
それ、聞いただけで夢想してしまいます。行こうかな(ボソ)

あそこは薪持参だと良いですね。
ほんといい小屋ですよ~。何日も滞在したくなりますし、冬は本を読んで閉じ込められたい誘惑に・・・(笑

冬の景色、楽しみにしています~!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-08-28 22:58 | | Trackback | Comments(8)