Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その7 sanpo





b0223512_23350650.jpg


さて、雲上(雲中)の散歩が続いています。




今までモノトーンの世界だったので、色付く世界にクラクラしています。
青空が覗くとこんなにも色が付くのか。





ともあれ、まずは八幡平の頂上を目指します。




b0223512_23382957.jpg



歩道は見ての通り、非常に良く整備されているので、どんな靴でも歩けます。


もし自分に女装趣味があったとして・・・。
ハイヒールを履いていたとしても、ここまで苦もなく来られます。(どんな例えだ)




b0223512_23403657.jpg




旅一番の青空。
どこか陰鬱としていた気持ちが、爽やかに乾燥していきます。




何度も霧が好きだと書いていますが、この空の下では言いづらい。







b0223512_23425929.jpg

b0223512_23453431.jpg
b0223512_23443963.jpg





遠くが見渡せるわけではないですが、素晴らしいとしか言えません。






25年前に来た時は雪景色。
このアオモリトドマツに雪が積もり、モンスターのように見えていました。
ここに立った時も雪がちらついていて、極寒だった。
まあ、時間も経っているので、初めて来たような感覚です。





b0223512_23450403.jpg


何もかも輝いています。





----------






再びゆっくりと歩き始めます。



b0223512_23481929.jpg

b0223512_23530586.jpg



とろけてヘラヘラと歩きます。
だらしない顔しているんだろうな・・・。





b0223512_23585235.jpg


あそこに見えるのが山小屋の陵雲荘です。
行ってみよう。




b0223512_00022254.jpg



知る限り、最も素晴らしい景色の避難小屋です。



んで・・・。
鐘を鳴らした後、ゴソゴソ潜入。


b0223512_00025091.jpg
b0223512_00064646.jpg
b0223512_00071226.jpg


管理が行き届いてて、絶対最高の気分になれる。絶対です。
幾日か滞在したい誘惑に・・・。



b0223512_00091916.jpg
b0223512_00102478.jpg


ため息が出ます。
ここならどんな悪天候でも問題ないです。




小屋を出ても、その「おい、泊まってけよ。楽園だぜ・・・」と誘惑は凄く、最後までどうするか迷いました。
次は縦走途中で来よう。





--------------







小屋の後ろを周り、木道を歩き始めます。





b0223512_00171471.jpg
b0223512_00222811.jpg






聞こえるのは鳥の声と、小川の優しい水音だけ。
この木道は天国ではないのか・・・。





b0223512_00250983.jpg
b0223512_00253385.jpg
b0223512_00292608.jpg
b0223512_00295897.jpg
b0223512_00302612.jpg





すれ違う人も笑顔。
自分も笑顔。




今、まさにこの旅のピークタイムを迎えている事が分かる。
今、自分はいい人生を歩んでいるなぁと思いながら、歩く。




思えば・・・・ここをこんな風に吹かれながら歩くために、遠路遥々カブに乗ってきたんだなぁ。




b0223512_00363674.jpg





天気が良くなったくらいで気分が変わるって、大げさじゃない?と思うかもしれませんが旅ならではの心境です。
天気に行動が大きく左右されるので。。


何もかもシンプルになっているので、ちょっとの事で凹んだり、元気になったり。








b0223512_00354268.jpg
b0223512_00371125.jpg




日本唯一のアスピーテ火山の生み出す景色。




来てよかった。





b0223512_00380135.jpg







八幡平散歩、後半へ続きます。











トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27070029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iomlove at 2017-08-25 11:02
こんにちは。

〔例えがとてもイイですね!〕
NICEな例えだ!説得力もある。
チラリズムもある。実にいい例えだなぁ。

鳥の声と小川の音を聴いてみたいな。
その景色の中で空と共にとは、ざぞ素敵なんだろうなぁ。
雪景色もまた素晴らしいんだろうな。

2段目の左側のベッドはスペシャル!
窓から見える景色や夜空を想像してしまう

バイクは本当に天候が大きく左右されるものね。雨っていうだけでもぞーっとするし
霧の中での運転はもっとも神経を使うだろうし。来年はバイクでウロウロするだろう計画をたてているから、とても参考になってます!
Commented by sakanatsuko at 2017-08-25 13:01
整備されてますねー
ビーサンとか下駄でも行けちゃいますね!笑

少しのことで気分が変わるの
お天気だいじ(^^)
シンプルにしてるからこそ、
いいですねー
Commented by leialoha-2007 at 2017-08-25 15:28
kkaiさん、こんにちは🎶

バイクは本当に気を使いますよね。
私もそうだったなと遠い記憶が蘇ってまいりました。
雨の日に白線に乗っかってステ~んと滑った日にゃ焦った焦った。

小屋からの景色、特に夜の景色がどんなものか。
興味ありますね~。(星ラブ)

全然関係ないけど、今日明日と産まれ故郷のお祭りです。
北海道の三大行燈祭りのうちの一つと言われています。
機会があったら是非🎶

インスタグラム、さっきフォローしたのは私です( ´艸`)
Commented by kkai0318 at 2017-08-25 23:42
iomloveさん

こんばんは~。
下衆な例えで・・(笑
夜ならではの文ですね。

ここでの音は本当に素晴らしいです。山が好きな理由の一つなんです。
何もなくて、人工的な音がしないってどれだけ癒えることかと思います。
雪景色は今でもよく覚えているほど印象的でした。

この小屋はどこにいてもスペシャル!
良いですよね~。

バイク乗るんですか?スピード出さなければ雨でも楽しいですよ。
晴れたらもっと楽しいですが・・。
お気をつけて!
Commented by kkai0318 at 2017-08-25 23:45
さかなっこさん

こんばんは~。
うーん、間違いなくイケますね。
でも下駄は「グキッ」ってなるかもです(笑
ココらへんは来たことありますか?
紅葉を見てみたいですが、混んでいるだろうなと・・・。

思考がシンプルだと、一番大きい外的要因が天気なんですよね(笑
この時は笑いっぱなしでした。
Commented by kkai0318 at 2017-08-25 23:50
leialoha-2007さん

こんばんは~。
どんな感じで乗っていたのか気になります(笑
是非アップを・・。
白線は自分の技術を確認するために、どれだけ乗っていられるかと時々試しています(笑
でも雨の時は乗りません。滑ると焦りますよね・・・。

同じく夜が気になるんです。
星がどれくらい見えるのか、湖面に映ったりするのかと。
今は、後悔しています(笑

何と!
参加するんですか?自分も明日はお祭りです。
遅れてきた夏を取り戻す最後の祭りとなりそうです。
北海道は今年行けなかったので、来年こそ・・と思っています。

インスタ、「どこかで見たことあるよね~」って途中で気付きましたよ・・。
フォローありがとうございます!(ここで書くと変なかんじですね(笑
Commented by cafe-moco-cafe at 2017-08-27 00:47
kkaiさん(*´∀`)
こんばんは~。
良い人生を歩んでいる、そう感じられる方は本当に幸せですね。
今に満足していたら、未来を描けますし、自分の旅路に想いを馳せている瞬間を幸せと呼ぶのかな、と思います。
一人旅だからこそ、こんな風に振り返って風景と気持ちを思い出せるのかも。
一人で行動する事が、後から沢山のまだ見ぬ友との出逢いになったりしますね。kkaiさんのSNSを拝見して感じます。
インスタにもありましたが、孤独な読書ほど心に友人が増え時を越え会いたいときに紐解くとそこで待っていてくれて…。
一人とか、孤独とか、悪くないですね。楽しそうです!
モコ
Commented by kkai0318 at 2017-08-28 21:29
cafe-moco-cafeさん

こんばんは~。
ありがとうございます。前後が辛くても、こうして一瞬でも思えるのって幸せかもしれません。
今の積み重ねだと思っています。
時々寂しさを感じたりしますが、それも妙味な味がして・・・。
次の行動へ繋がる大事な感情ですね。

一人旅は出会いが多いんです。
で、後になって思い出す事も多く印象に残ります。
色んな要素があるとは思いますが、心が開放されているような。

お菓子を作っている時はそんな気持ちなんじゃないかな~って勝手に思います。
こうした時間があるから、友人と会った時に一際楽しいのかもしれませんね。
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-08-25 01:05 | | Trackback | Comments(8)