Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubb di Tohoku 2017 その3

b0223512_00271327.jpg


b0223512_23205676.jpg



ぐっすり寝た・・。

またしても眠りが深すぎて、家のベットにいる夢を見ました。
考えてみたら仕事終わりからそのまま出発したので・・・42時間起きていたことになる。
これは寿命が縮むな・・・もうやめよう。





さて、出発しますが、バイク屋さんを探さないと・・・。



っと、目の前に巡回しているパトカーを発見。
もう追いかけて聞いちゃいます。
すると、今いる場所から1km圏内に自転車屋さん(バイクもOK)があるらしい。
丁寧に電話番号まで教えてくれました。とても優しいお巡りさんです。
「お盆でも営業してるよ、あそこなら!」さすが・・・地域に密着しているだけあって詳しい。
お礼を言って、向かいます。近い上に、営業してるとは・・幸先がいいかも。

バイクを押しても元気。すっかり体が回復しています。



出発は遅れてしまいますが、続けられるだけ幸せです。
これも旅のひと場面と考えると気が楽になります。




b0223512_23332585.jpg


運良くパーツもあって、色々話しながら見てもらいます。
頼らずに自分で出来れば良いのですが・・・。
鮮やかにテキパキと交換完了です。
こんなに普通に再開出来るのは、きっと運がいいのだろうな~。



お会計の時、目の端にパーツを売っているコーナーが。
そこには古いパッケージに入った「探見ライト」が。


「あの・・・これもくださいっ!」


「あ、これ?パッケージがボロボロだから・・・あげるよ!」


「え?そんな・・ちゃんと買います」


「いいって、古いものだから気にしないで。随分前からあるけど使えるよなぁ・・?」


「本当に何から何まで・・・ありがとうございます!」







という訳で・・・無事に路上復帰ができた上、予想外の物を見つけて更にウキウキ。
夜は必ず明けるんだよなぁ。
良くないことの後には必ず良い事があります。。




b0223512_23445709.jpg

あぁ・・・普通に走ってる・・・。
当たり前ですが、当たり前じゃない。
何というか、ちょっとの匙加減で翻弄される事が良く分かった。

健康もそうですが、体調が悪くなった時に健康の有り難みが分かる。
しばらくしたら忘れてしまうのでしょうが、今はこの有り難みを噛み締めよう。








---------



それからは順調に北上を続けます。






b0223512_23481371.jpg


道の横にこうした小屋があって、庇を借りて雨具を着たり脱いだり。
ここは余りにもいい雰囲気だったので、しばし。


b0223512_23495063.jpg
b0223512_23510670.jpg

よく見るとちゃんとホゾ切りがしてある。
ちゃんとした小屋掛けです。丁寧さはよく見ないと・・・油断が出来ない。



----------



b0223512_23531784.jpg
b0223512_23585361.jpg
b0223512_23595145.jpg


走っていると色んな事に気付きます。

何十キロもポールにこれが貼ってありました。
ゆるキャラが決まってから、一つ一つ職員が貼っていったのか・・・。
物凄い量です。

一度気付いてしまうと気になってしょうがない。
バイクならではの視点でしょうか。



----------




b0223512_00025758.jpg


天気は基本的にこんな感じです。
降ったり止んだりですが、降ることが多くなってきた。
でも進めるだけ幸せです。凄い。(まだ有り難みをかみしめ中)



b0223512_00054839.jpg

すぐに橋を渡ります。

そこは、雄大な流れの北上川。
久し振りに目にします(去年振り)
川幅いっぱいの流れは大河の貫禄。水量の豊かさを表しています。
でっかいな・・・。



b0223512_00143553.jpg


ここを越えると、盛岡が近い。
でもここからしばらく雨がバチバチです。




b0223512_00153018.jpg



どんどん酷くなるだろうけど、何だか大丈夫。
根拠はないですが、大丈夫。
霧が降りてくる山々の遠景も良いものかも。




b0223512_00264481.jpg

市街地を越えて、あっという間に緑の中。
盛岡って素晴らしい街だと思います。
ちょっと走ればこんな景色。



中学生の時に初めて長い旅をしたのが岩手。
冬に来て寒々とした景色に感激し、出会う人々はとても優しく、何もかも新鮮でした。
地域の差を肌で感じ、毎日トンブリを食べていました(笑

旅が終わりに近づくと、泣きたくなるほど横浜に戻るのが嫌だった記憶があります。
帰りの電車で岩手山が見えなくなるまで、ずっと目に焼き付けていました。
あの2週間は今でも宝物のようです。

そんな記憶が大人になってもしっかり根付いています。


雲に隠れているのは岩手山。
見たかったな~。



-----------




しばらく走ると国道4号線に別れを告げ、分岐します。
一気に自然の中に入っていく。
いかに4号線が街を結ぶ道だというのが良く分かる。



b0223512_00433778.jpg
(センターラインをなぞりながら・・・。原付きあるあるかも。)




b0223512_00472965.jpg

良い小屋。
東北らしい小屋。時間が経ち、歪んでいますが景色とよく馴染んでてみすぼらしくない。
何でこんな美しくて魅力的なんだろう。





今日はゆっくりと周りを見ながら。
いつの間にか夜に近付いてきました。



そろそろこの辺りでキャンプします。






b0223512_01064133.jpg






続きます。









トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/27058024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 19510909 at 2017-08-19 05:23
おはようございます(^^)

furusabiさんのお人柄の良さでしょうね!
明けない夜は…、悪いことのあとには…
明けないままも、悪いことばっかり
どちらも経験済みです(苦笑)

金をかけたゴージャスな旅も良いでしょう
でも、知らない土地での素敵な遭遇には
お金に換算できない喜び(歓び)が!

お気をつけられて! 小さく“ガンバ”
Commented by wabisuke-miyake at 2017-08-19 05:40
おはようございます(*^^*)

中学生のころから素敵な旅人だったのですね
今回の旅のお話も
続きを聞くのがたのしみでなりません(^^)/
Commented by kkai0318 at 2017-08-21 21:08
パパリンさん

こんばんは~。
ありますあります(笑
期待すると駄目なんですよね~。自分はハナから期待をしないようにしています。
「我に七難八苦を与えよ」状態な事も多くて・・・。
人から見たらそれはそれは辛い旅なのです(笑

いい宿に泊まっての旅もそれなりに良いですが
やっぱりインパクトが違います。
お金を掛けたら掛けただけ服を汚したくない心境になる不思議・・・(笑
ありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2017-08-21 21:09
wabisuke-miyakeさん

こんばんは~。
一番記憶にあるのは小学生からかもしれません・・・。
ここではないどこかへ、といつも夢想していた果て、です(笑
いい出会いもたくさんありました。

ゆったりと続きますので、見てくださいね~。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-08-19 01:16 | | Trackback | Comments(4)