Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Naka-Round walk 2



b0223512_22371727.jpg


旧柳下邸の中に入ります。



b0223512_22395555.jpg



いきなりお風呂へ。
五右衛門風呂は懐かしい。

昔に入ったことがあり、東海道膝栗毛のように釜の下でヤケドをしたことがある。
あの話のくだりを体感したので、気持ちが良く分かったな・・・。





b0223512_22412547.jpg


天井は透かし彫りが施されて、換気の用も兼ねているそうです。
古い市電の天井のようですね。
小さいながらも豪華、でも豪華さを極力排除しているように思えます。




---




b0223512_22452861.jpg



前記事で触れたひな祭りの展示です。
市内から寄贈含む、古いものから新しいものまでたくさん。


畳の和室に華やかに飾られています。



b0223512_22471360.jpg
b0223512_22470217.jpg
b0223512_22460922.jpg


静かに前に座って眺めます。
子供の頃のワクワクが微かに記憶に残っています。
華やかで賑やかな思い出。


うーん、落ち着く・・・。



そして、ディティールが気になる大人であります。




b0223512_22462454.jpg
b0223512_22455271.jpg
b0223512_22464418.jpg


時代が古ければ古いほど、素材に頼らず、手間が掛かっているように思えます。
金物も新しくなると型のメッキのような。
大正のものは叩いて作っている様子。
小物の漆、蒔絵もちゃんと塗られているのが古い物。


勿論グレードがあるとは思いますが、ひな壇の表情も古いと雅(気のせいか)
それにしても凄い仕事です。


ミニチュアやドールハウスの人も集めるのが良く分かる。



b0223512_22564233.jpg
b0223512_22565598.jpg
b0223512_22575550.jpg
b0223512_22581035.jpg

廊下・縁側・各種でシビれます。



この「居心地の良さ」は廊下が決める。
いい家は(自分が好きな家)は外との距離が近く、様子が良く分かる。

理想は洋の部屋もあり、廊下は和が良いなぁ。
ここから雨が降るのを眺めていたい。


正直、ここで釣り竿を手入れする自分を妄想しました(笑




b0223512_23034733.jpg


蔵と直結しているので中に。
中は生活用品が展示されています。



b0223512_23044756.jpg

あ!ここにも・・・。
元町で焼かれたフランス瓦です。
これ・・・超貴重なんですが、なぜか欲しい(笑


明治の初め頃、フランス人のアルフレッド・ジェラール(ジュラール?)という人が開業し
今の元町プール辺りに工場があったみたいです。
今でも古い煉瓦が散らばっています。
ここの名前が入った煉瓦も素晴らしい・・。



b0223512_23045886.jpg


陶器製の湯たんぽも。
文字を見ると分かるのですが・・・。

「朝、湯たんぽのお湯はぬるみ、洗面器に空けて洗顔に使った」

この一手を忘れていました。
次にやってみよう。

その後「飲む」とか書いてなくて良かった・・・。



b0223512_23184696.jpg

こんな感じで日が当たるといい感じ。
この中で微睡みたい。
和の家の良さです。





ここは豪商だったのですが、驚くほど質素です。
銅鉄卸をやっていて、巨万の富を築いたはずなのに。
商売の誠実さが滲み出ています。




見所はまだたくさんありますが・・・楽しみの為あえて紹介しません。
詳しくは行ってみるか、調べてみてください。
(雛祭りは12日まで)



b0223512_22323035.jpg




----------




さて。
建物を出ると、すぐ横にパン屋さんを発見。


b0223512_23300642.jpg


「天然酵母」とあったので、寄ってみます。



b0223512_23313873.jpg
b0223512_23305270.jpg


宇宙に纏わるネーミングのパンがありますが・・・。
これが美味かった。午後なので種類がありませんでしたが食べてみたい物はたくさん。
特にカンパーニュの美味しさったら・・。

家からカブで10分位なので、また来よう。



b0223512_23310788.jpg


このステンドグラスは店長が絵本を描くようです。
その登場する女の子かも。
可愛い。


旧柳下邸の真隣にあります。



「星パン屋さん」



---------



その後は釣り竿の師匠の所へ行き、竹の云々を長話して・・・。
ここはいずれ。




てこてこ歩いて本牧方面へ。




b0223512_23384533.jpg


ここは三溪園前の池。
野鳥がたくさんいます。




カモ居るかな・・・と設定をいじっていると・・・。
カワセミ君がいました。
で、試し撮りしたらあっという間に消えました。


この一枚のみ。



b0223512_23404802.jpg

極小です(笑






このバレーボールのように見えるのはカモ。


b0223512_23423282.jpg
b0223512_23435056.jpg

寒いのか、絶妙なバランスで寝ています。
寝ていると見せかけて、しっかりこちらが怪しい動きをしないか見ていますが・・・。


b0223512_23424706.jpg
そんな斜めの所で寝なくても良いのに・・・。
時々フラフラしています。
絶妙・・・。


b0223512_23440188.jpg
カモ。


b0223512_23441938.jpg

カメ。



b0223512_23443624.jpg

アオサギ。



b0223512_23505996.jpg

ここは数少ないオアシスです。



b0223512_23513171.jpg

今日は行ってみようか・・・。





さてさて。






続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



アウトドア ブログランキングへ









Commented by kirin_1117 at 2017-03-07 08:44
家の中に射し込む光が美しいです。
洋、和を問わず、昔の建物の構造は今とは違う趣を光に感じます。暗い場所でもすーっと射し込んでいたり、ふわぁっと広がるような光があったり。
窓のサイズ?中廊下などの構造のせい?ガラス窓の性質?
理由は様々なのでしょうが、家全体が明るかったり、部屋全体が薄暗かったりする今の住宅事情とはちょっと違いますね。2枚目、18枚目最高です。他、お雛様などなど拝見させて頂いてワクワクしました*^^*/
お写真を拝見して、初めてその違いを感じ取りました。
古い建物を撮っていて、わくわくする理由も今わかったような気がします*^^*
Commented at 2017-03-07 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-03-07 09:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marucox0326 at 2017-03-07 12:37
こんにちわ。
大正から昭和にかけての暮らしぶりが,うかがえる旧柳下邸
当時の商家は豪商といえども、日常生活は質素だったんではないでしょうか。
和風建築の母屋に洋館を付帯した豪邸ってよく見かけます。
(後から建てたのもハイカラな気風を取り入れた威勢の証なんでしょうね)

私のごく小さいころの祖父母の家には必ず和室には欄間があり
縁があり、その向こうには御手水が吊るされて廊下の突き当りがお手洗い。
夜中にトイレに行くことのなんと怖かったことか・・・。

「星パン屋」さん、こちらは午前中に行かないと
お目当てのパンはなさそうですね^^;

お池の鴨たち、丸々太って美味しそう・・・・
イヤイヤちがうちがう可愛らしい。
カモ・・・・カメ・・・・(魚籠でも置いて)カゴとかって
ボケるのかなと期待してしまいました。スミマセン(汗)
Commented by kkai0318 at 2017-03-07 21:25
kirin_1117さん

こんばんは~。
この光の入り方が良いんですよね。黄昏時の寂寥感がグッと来ますね。。
こうした建物の空気感は、どこがこうして出しているのか不思議です。
おっしゃる通り、昔の建物は照明器具も明るいのがなかったから
光を多く取り込もうと工夫されていたのでしょうね。
絵画も襖絵も掛け軸も派手なものがありますが、暗めの部屋には良いんでしょうね。
お雛様も、日が当たるとハッとする明るさになります。

なるべく目の感じたように撮ってみたのですが、実際はもうちょっと暗いかも・・。
古い建物の良さって、光が当たった時にドキリとする事かもしれませんね。
コメントありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2017-03-07 21:26
鍵コメさん(kさん)

そう!
根岸なんです。とっても駅からもアクセスが良いんですよ。
歩いて回るには見所がたくさんありますよ。
これからの季節、是非ご訪問くださいね。
Commented by kkai0318 at 2017-03-07 21:34
鍵コメさん(aさん)

こんばんは~。
こちらこそ素晴らしい作品を見られて良かったです。
アンティークの物しか知らないので、こんな凄いのが見られるとは思いませんでした。

・・って今日まで!(笑
近いので、実際に見に行きたいと思いました。まさに知識なしの門前小僧状態ですが・・。
世界的に有名って・・意外と近くに巨人がいることにびっくりです。
あの細かさは本当に凄いと思います。

この建物は、山手の洋館とちょっと趣が違って新鮮です。
まだなんだか生活感が残っているというか、懐かしい思いが強かったです。
改めて光の入り方と、畳の反射でほんのり明るくなる様子に
日本の建築は良いなぁと思いました。
その場にいるとまた良いですよ~。
これから季節が進んで、もっと良くなるかもしれませんね。

五右衛門風呂入ったのですか!
外から「湯加減どお?」ってのがたまらなかったです。
あぁ・・懐かしい。
aさんもいい思い出をお持ちなんですね。

こちらこそ素晴らしい作品をありがとうございます。
こうしてお互いの世界が広がっていくって楽しいですね~。
ありがとうございます!
Commented by kkai0318 at 2017-03-07 21:44
marucox0326さん

こんばんは~。
商売で富を築いても、質素(に見える)な生活を続けるって
中をつぶさに見て、かなり成熟された一家が思い浮かびました。
でも、いい素材や特殊な工法を所々見て、「あぁ・・さすがだな」って思う所もあったんですよ。
それも含めて、素晴らしく慎ましやかで良いなぁって思いました。
後から洋風を仕立て上げるって、一番好きかもしれません・・。
そういえばとなりのトトロの家もそうでしたね。

marucox0326さんのお話から用意に様子が思い浮かびます。
御手水のぶら下がる感じ、子供だと怖いかもしれませんね。
夜は特に・・・和の大きい家に色々泊まりましたが、いい大人でもタジタジする瞬間がありますもん・・。

パン屋さんは午前中に行ってみます。
今回は次に行くところがあったので、軽く慌てちゃって肝心のパンを撮ってなかったんです。
お店の方もとても良い印象なので、次に行った時にはちゃんと撮ります。

カモ(笑
確かに美味しそうというのが素直な感想ですよね。
登山でもライチョウを見て、そう思う事がありますもん(笑
お腹が空いている時にマルマルとした感じ・・。可愛いですよね。
そう・・「か」の付くものでオチを付けたかったんですが、思いつかず普通にしちゃいました。
全く面白くなくって自分でも思いましたよ・・(笑
次は撮る時点で組み立てないと・・(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-03-06 23:59 | ガーデン | Comments(8)