Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubbing West 17




b0223512_23385293.jpg




--------




1年掛かってしまった・・・。
この場所に来たのは去年。↓






「もう一度直接来て、求めて良いですか?」



これを守るため、やってきました。
今回はちゃんとアポイント取って。(三重の四日市辺りで電話した(笑)




b0223512_23424049.jpg



再び、日本最後のピッケル職人、二村さんの鍛冶場へ。
この旅、最後の大きな目的地です。



そう、約束していた通り、直接刃物を手に入れに。



b0223512_23453144.jpg


「これこれ・・って去年見たのより、こっちが良いな・・。何となく気にはなっていたんですが」

「あ、それね。それは特注で頼まれていたんだけど、事情があってね・・多分その人は取りに来ないよ」

「え・・?もしそうなら・・これが良いです。両刃で左利きにも良いですね」

「分かった、じゃあいいよ・これが最初で最後の形だよ」



と一番気になっていた剣鉈を求めることが出来ました。
去年見たのはちょっと小振りで、1年考えてもうちょっと長さがあった方がいいかな、と。
しかもハンドルから刃先まで真っ直ぐなシルエット。
ナンバリングも「001」と打ってあり、この1本だけ。素晴らしい出会いに嬉しくなります。

シルエットは剣鉈ですが、マタギが使う「ナガサ」のようにまっすぐ。
火造りで丁寧で素晴らしい仕事の物。
頼んでいた方はプロのハンターですが、体調を崩された様子・・・。
複雑な気持ちでしたが「あの方・・ハンティングはもう無理だから全然気にしないで」と。


鞘も二村さんが絶対の信頼を置いている専門の方の作で、カタ、とも言わずピッタリ。
これ以上の剣鉈が手に入ることはもう無いだろう。



b0223512_23455991.jpg



腰紐を付けてもらっている時に、ふと気づいた。
二村さんが使っているナイフに。




b0223512_23470933.jpg



「あ・・・これ、触って良いですか?」

「いいよ」

「カタン・・ニギニギ・・・!!!」

「ちょ・・このナイフは・・ジャストフィット!」

「!??」

「むむ・・これは・・一体何でしょうか」

「あぁ・・1970年位に試作したナイフだよ。440Cという鋼材を鍛造したもの・・。
ヒルトも一体になっているインテグラルナイフで・・」

「440cの鍛造インテグラル・・70年に・・恐ろしい・・」

「作る過程のやつがあるから見てみる?・・え~と、あったあった・・」


b0223512_23474013.jpg
b0223512_23481423.jpg

上から順に叩いてこうなる。
個人の鍛冶場でしかも鍛造でこれを作るのはありえない・・。


記憶だとその当時世界でそれをやったのはランボーナイフで知られるGil Hibbenという人。
”鋼材の供給上、やむなく"の鍛造だったようで、後に止めてしまっている。
Gilさんの現場の設備はもっと機材があるはず。


「硬い金属で、延ばすのに温度管理が物凄い大変なんだよね。もっと硬い鋼材もあるんだけど」


「・・・・・」


「試作で出回らなかったんだよ。だからこうしてここに残っているんだよ」


このサイズ感・・モウレツに欲しい(笑


「あの・・これ・・・しくっと来すぎて・・使いたいんですが・・使うイメージしか湧いてきません・・」


「え??・・・・・うーん・・・・・・いいよ!」


「????・・・え?うそ・・やった・・」


「時々使ってたから綺麗じゃないけど・・いい?」


「もう・・全くの無問題です」


という訳で「上がりの刃物」を手に入れてしまった。
超個人的ですが、ラブレスよりも良いと思いました。(使ったことは無いけど、持ったことはある)


今年の初買いは舞台から飛び降りた。



b0223512_23492649.jpg

「ちゃんと刃もつけてあげる」と研ぎも教わりながら・・・。


「生涯研ぎは無料だからね。持ってきてくれればいつでも研ぐよ。いつまで出来るか分からないけど(笑」


「そんな・・あと20年は研いでもらいますよ・・」


「20年!?(笑 頑張らないと(笑」



b0223512_23500315.jpg




ピッケルは間に合いませんでしたが、刃物は間に合った。




・・・やっぱり会って話して、本人が作った物を求めるのはたまらなく魅力。
「あの人が作った」と使う都度に想い、魂を込めて作ったから有難く大事に使う。
こんなに幸せな道具との付き合い方があるでしょうか。


危険な刃物と言えど、こうした経緯からは間違った使い方などはあり得ません。
道具を介して、人との絆と約束を持つ事でもある気がします。





二村さんの作ったピッケルを使った長谷川さんも去って久しく
つい最近もエベレストに女性で初登頂した田部井淳子さんも去った。
田部井さんも二村ピッケルの愛用者でした。
自分も北アルプスで会ったことがあるので、そんな話をしてピッケルが繋いだ縁を不思議に思う。


本の世界だった事が目の前にちゃんとある現実ということ。
間に合ったというのは、時代の最後に本人とその環の一端に触れる事が出来たということ。
自分にとって、伝説が目の前にあるということ。

こうして会って話せるというのは、奇跡のような大切な時間というのが更に後から分かるでしょう・・。






かなり話し込んで遅くなってしまい、そろそろ行かねばなりません。



また近い内に来る約束をして。





----------




すっかり旅の途中という事を忘れ、疲れも吹き飛ぶ夕方でした。
豊田から再び暗い道を走り出し、キャンプ地を探しながらも・・・そういえばここらへんは市街地。
じっくりとたくさんの車が最後の気力を奪っていく。

吹き飛んだ疲れは寒さと共に再び纏わり付き始め、もっと気力を奪っていく。


「・・・もう、大きな国道さ嫌じゃ!」





!?




b0223512_23521141.jpg


!??



b0223512_23512511.jpg


2日連続でホテルにINNします(笑


もう・・無理でした。
キャンプというタグが心苦しい。カブに載せているキャンプ道具が心苦しい。
でも体は正直だったのです。




今日は物理的にも精神的にも山あり谷ありでしたので・・・。




b0223512_23512511.jpg
再び同じ画像ですが、刃物と寝る気満々です(笑





今日は何も食べずにここまで来た。
好きな事はご飯を忘れる、というか着いてから気付くありさま。
最後の夜は豪華に、とはなかなかなりません。



近くにお店は無いので、ホテル内の自動販売機へ。





!?!?




b0223512_01184104.jpg


自動販売機の中は全て「すっぱムーチョ」のみ。
何ということだ・・・。




ちょっと前に職場の後輩がコストコで冗談のように巨大なすっぱムーチョを買ってきて・・・。
仕事終わりに「すっぱムーチョパーティー」をやったのです。
結構好きなお菓子だったのですが、この日を境に食べることを止めました。
食べても食べても無くならない巨大な袋に、半ばPTSDのようになりました。



しかし今夜はこれしか無い。



なぜ「すっぱムーチョ」だけなのか気になる所ではありますが・・。

食べておかないと、と購入します。その後お風呂へ行きます。
お風呂上がりに気になって自動販売機を見ると、残っていた「すっぱムーチョ」は全て売り切れ。
ホテル中で「すっぱムーチョ」をつまみに食べているのでしょう。
あれだけの量の「すっぱムーチョ」が今このホテルに三々五々散っている訳です。



そして「すっぱムーチョ」というキーワードを、我が人生でこれほど多用する機会もこれで最初で最後だなと思い
パソコンに記憶された「す」を押しただけでずらりと出る予測変換にも辟易となります。
旅が終わっても呪縛から逃れられそうにありません・・。



えーと、さて。



話はだいぶ逸れましたが、今日は疲れて眠ります。
この旅で一番深い眠りだったかもしれません。
今日も色々あったなぁと思った直後に記憶が無くなります。


勿論、2本の刃物を抱いて寝ます。




Zzzzz.....




---------





b0223512_01350080.jpg
b0223512_01354518.jpg


最終日の朝。

今日も良い天気!








続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



アウトドア ブログランキングへ









トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/26658297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by o-rudohime at 2017-02-17 07:30
お身体回復され又書けるようになり良かったですね。
ここでも20年来の憧れの方 二村さんとの再会の話や念願かなって手にすることが出来た刃物達 如何ほどうれしかったか 抱いて寝たい気持ちが伝わってきます。
1年前の記事を読ませて頂き「もも太郎公園」へ行った話 我が家のもも太郎との縁を感じました。

Commented by f15eagle_coco at 2017-02-17 10:03
(*≧艸≦):;*.':;ブフッ!wwwwwww
私も、こんなに何回も「すっぱムーチョ」の文字をいっぺんに見たのは
人生初めてです。
ありがとう。私にもまだ【初めて】がある、と気づかせてくれて(笑)
あ~~食べたくなっちゃったじゃんか!(実は食べたこと無い)
よし、買うど。
…って、もー!!w
素晴らしい名工とのやりとりと、すごい道具との出会い、そして
まさかの入手に
失われていくモノや紡ぎ繋いでゆくものへの思いなどなど…
わくわく胸を躍らせ心熱く読んでいたのに
「自販機全部すっぱムーチョ」(ぶぶぶぶwww)
「今宵ホテル中ですっぱムーチョまつり」のせいで大笑いになっちゃったわよも-っ!!

快復したのね(*´ー`*)よかった。
でも、ご無理なさらず御身オダイジニ。
Commented by tepet0309 at 2017-02-17 12:14
お身体回復されて一安心。そうでしたか、そういう目的があった旅だったのですね。納得です。
「道具」に限らず、よくできた「モノ」には必ず作者の「魂」が宿り、最後にはその「魂」が最も通じる「使い手」の元にたどり着くような気がします。
たとえそれが何十年、何百年かかったとしても。。そんな瞬間を見せていただいたような気持ちです ^^

ちなみに。。私は「すっぱムーチョ」の味を知りません。
こんど見つけたら買ってみます。きっと魂が届くと思います(笑)
Commented by miyabiflower at 2017-02-17 18:13
記事更新できるほど回復されてよかったです♪
旅をして物に出会い、自分の手元にやって来る。
そして物がただの「物」ではなくなるのですね。
造った人の想いや歴史やそういうものを受け継いだということなのかしらと思いました。
そしてそこにkkaiさんの想いやこれからの歴史が沁み込んでいくのですよね。
人と人との繋がりを思いました。
Commented by umisanjin at 2017-02-17 21:59
こんばんは~! いやぁ、、実に羨ましい、、、^^
昨今、刃物を持ち歩くのも禁止の世の中。
殺傷目的じゃないのに、、と、いつも思います。
Commented by kkai0318 at 2017-02-17 23:23
o-rudohimeさん

こんばんは~。
良かったです。体調が戻って・・あっという間に回復しましたよ~。
ありがとうございました。
去年もお会いした時もかなり楽しかったのですが、今回も色々聞きたいこともあってかなり充実しました。

念願の刃物は嬉しくて毎日思い出しウキウキしています。
抱いて寝るのは定番で・・(笑 何かというと寝ています。
あ、もも太郎ですよね(笑 知っています(笑
Commented by kkai0318 at 2017-02-17 23:34
ココさん

こんばんは~。
そうそう(笑
自分もまさかこんなに書いているとは知らず・・読み返してギョギョッとなりました。
一度食べてみてくださいね。大量に食べると、最初は酸っぱいのですが
段々妙な甘さになってくるんです(笑
それが奇妙で・・・。
すっぱムーチョとスムーズに出てきます。すっぱムーチョ(笑

入手に関しては特殊な事が多いんです。
普段は手堅いからか、想いが強いからか・・。
これから受け継いでいくと思うと嬉しいですね。

なんて・・あの自動販売機を見たら同じことを思いますって(笑
そして全サラリーマンの横にはすっぱムーチョが・・(笑

体調はやっと回復しました。
無理はしません!ありがとうございます。
Commented by kkai0318 at 2017-02-17 23:48
tepet0309さん

こんばんは~。
そうなんです。やっと回復しました~。ありがとうございます。
目的は色々あったのですが、帰り道にここを寄っていくのも大きな目的でした。
人の作り出した物ですが、気持ちを込めたものはやはり何か違います。
そういう物、人というのはこういう繋がりを生み出すのだなと思います。
それらを通していい人生を送れれば最高ですね。

あ、すっぱムーチョご存知ないですか?
小さめのやつを食べてみてください。少量だと美味しいんです(笑
そうそう、カブ旅楽しみですね~!
Commented by kkai0318 at 2017-02-18 00:13
miyabiflowerさん

こんばんは~。
今回は結構早い回復で安心しました。ご心配お掛けしました!
人との出会いが最初で、物はその後から来る気がします。
不思議ですよね。
話を聞いている内にその方の思いを知り、使ってみたいと思うこともしばし・・。
そうした物ってずっと身近にあるように思います。
物を介して人と結びつく時、一番楽しい時かもしれません。
Commented by kkai0318 at 2017-02-18 00:16
umisanjinさん

こんばんは~。
去年の頂いたコメント覚えていますよ。
近い内に紹介しますが、もう、ウッキウキです(笑

確かに生きにくい世の中になりましたよね。
心無い人が増えてしまったことを悲しく思います。
悪くもない道具がどんどん世の中から消えていきますね。。
Commented by kazutanumi at 2017-02-18 12:00
回復されたようで嬉しいです。
体は正直ですからね。(笑)

古道具や金物の知識がない私ですが、記事を興味深く読まさせてもらいました。
日本人の物づくりへの、真摯な取り組みが素晴らしいです。

ところでプロフィールのピッケルは、、、二村さん作のですか?
以前からお気に入りの物だろうなと思っていました。
Commented at 2017-02-18 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-02-19 00:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2017-02-19 22:58
kazutanumiさん

こんばんは~。
そうなんですよね。体は正直・・。
気持ちと体は別、と思ってしまうんですが密接に関係しているんですよね・・。
ちゃんと普段から養生します。

日本に限らず、モノ作りの世界は先細り感がすごいありますね・・・。
自分の生き方はこういったものが不可欠なので寂しい限りです。
こうしたものは原点のような物なのでしょうが、
昨今少なくなっているのは安くて大量生産が可能な輸入品があるからなんでしょうね。

プロフのピッケルは違うんですよ。
フランスのシモンとシャルレのピッケルです。仰る通り、気に入っています。
いつかは二村さんのピッケルが欲しいと思っていますが・・。まだ出会っていません。
気長に待っているんです(笑
Commented by kkai0318 at 2017-02-19 23:05
鍵コメさん(iさん)

こんばんは~。
やっぱり直接ですよね。全ては。
人と話して、この人の作るものだったら間違いないと求めるパターンが
年々多くなっています。やはり入手の時も含めて思い出すのが物を長く使う秘訣かもしれませんね。
抱いて寝るくらいの喜びってあまり無いので、この夜はつい(笑

すっぱムーチョは食べてみてください。
程々な量だったら問題ないんじゃないですか?

本はあくまでキッカケであって、あとは会うなり経験するなりは自分次第ですね。
全部やっていたら人生短すぎるので、強烈なモノコトを実行するようにしています。
自分も何人かいるのですが、鬼籍に入ってしまっていたり、行方不明の方が多いです。

間に合わなくなってしまうので、ちょっと慌てている部分もあります。
そして自分に何が出来るか、何の役目なのか早い内に見極めたいものです。

この二村さんは間に合ったので、お会い出来て作った物を使えるってとても嬉しい事件なんですよ。
Commented by kkai0318 at 2017-02-19 23:20
鍵コメさん(uさん)

こんばんは~。
何とか無事にやり過ごせました。
今回は立ち直りが異常に早くて良かったです。
薬は飲まなかったんです。

お~!生活の木は近くにあるので早速探してみます。
8週間の常用禁止って強い薬草なんですね。
免疫力を上げるって今一番欲しい力です。
週に一度、一月にちょっとくらいなら常用OKなんですかね。
ちょっと調べてみます。薬草学は自分の生活に則った物は学んでいきたいなぁ・・。

訳ありの道具は良いです。そしてその道具から物語が生まれてきたり
稀有な体験が生まれたり。限りない事が待っている気がします。
やはりやめられませんね。

山は無理なんですか?
足を2回捻挫って、靴が合わなかったんじゃないでしょうか?
歩き方とかで何とかなる場合もありますよ。
そちらも歩く場所は多いので、チャレンジしてみてください!
雪の無い時でしたらuさんは歩いたほうが良いと思いますけど・・。
生えている花や植物を、今の知識や感性で見たら絶対に楽しいでしょうね。
自分は図鑑片手ですが(笑

uさんのチャレンジしている世界は、自分には及びもつかない世界だと思います。
でも、学び足りない事や、興味の枝葉がまだたくさんあるって
それは楽しい事ですね(自分と比較するようなものでは無いと思いますが)
自分もライフワークを見つけ、没頭できる日を目指して精進しています。
今は興味が散っているので、いつになるか分かりませんが・・。
日々夢中になる事が人生を楽しむ秘訣でしょうね。

万に通じる事と言いますがその(よろず)が多すぎてグラグラしています。
こうしてコメントを書いていて思い直すこともあるので、嬉しく思います。
ありがとうございます!
Commented by marucox0326 at 2017-02-19 23:38
こんばんわ。

まずご体調のほうは大丈夫ですか?

二村さんって山岳家の方々の間では有名な職人さんなんですね。
鍛造の技術もさることながら、気さくなお人柄のようで
地元の子供たちに刃物づくりの体験講座をしたりもされていたようですね。
ものづくりを誇る愛知県に住まいしながら全く知らない世界でした。
熱い鉄を打って刃物にしていく過程はテレビで見たことはありますが・・・。

お気に入りの道具を抱いて眠りにつく少年のようなkkaiさん、
でも鉈なんてキャンプで何に使うのだろうと思ったんですが
薪を作ったり、釣った魚を捌いたりするんですってね。
Commented by kkai0318 at 2017-02-20 00:45
marucox0326さん

こんばんは~。
体調は全快です。今回はびっくりするような回復を見せました。
薬を飲まなかったのが良かったのかもです。

二村さんは有名ですね。
今はもう忘れられつつありますが・・。人柄は素晴らしいですよ。
鍛冶の教室をやったりして、その子たちが大きくなっても来るそうです。
地元の人にも愛されていて、いつもこの鍛冶場に誰かいる様子です。
近くにあったら通うだろうなって思います。
意外な場所に巨人がいるので知ることは面白いですよね。

キャンプで鉈は結構使います。
最近していない自然薯掘りなんかの時は大活躍なんですよ。
刃物はたくさんありますが、この剣鉈はずっと焦がれた物なんです。
もう刃物はこれで最後かなって(なればいいですが・・)
Commented at 2017-03-22 15:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2017-03-23 10:06
鍵コメさん

おはようございます。
メールに返信しました!
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2017-02-17 01:47 | | Trackback | Comments(20)