Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Cubbing North 4



b0223512_23241058.jpg





ここはスキー場のようです。

この時は全く知らなかった情報ですが、一部この国道290号線に沿って電車が
走っていたそうです。

その路線の名前は蒲原鉄道線といいます。
ごく最近(1999年)まで実際に走っていたそうで、比較的新し目。
痕跡も多く残っているので、今だに訪れる人が多いようです。



このスキー場用駅として「冬鳥越駅」という駅があったそうです。
スキー場の為に作られた駅で、シーズン以外は利用者が少なかった様子。


・・しかしもし叶うなら・・ゲレンデ上からレトロな車両が駅に滑りこむ景色を見てみたかった・・。
15年前には見られたんだろうな。知るのが遅すぎた。
今なら話題になっていて、沿線の景色の美しさに見惚れると思うのですが。




さて。

保存されている車両に入ります。
まずはモハ1から。

b0223512_235223100.jpg

b0223512_23532012.jpg


おぉ・・・素晴らしい雰囲気。
木製の車両が持つ重厚さに感嘆の声が出ます。
市電同様、古い物になると、細部の造作が良い。
1923年製造!

b0223512_23542515.jpg

b0223512_2354559.jpg


サッシまで木製・・・。
これ、凄いことなんじゃないかと思いますが・・。




新し目の車両(モハ61)にも入ります。

b0223512_01993.jpg

b0223512_012576.jpg


この車両の雰囲気はなんだか覚えがあります。
座って往時に想いを馳せる。
当時スキー場に来る人で満員だったようです。
こちらは1940年代に製造された車両。



最後に電気機関車(ED1)にも潜入。

b0223512_04836.jpg

b0223512_043174.jpg


重厚でいい雰囲気です。

b0223512_082732.jpg

b0223512_084919.jpg


1930年製造のものですが、日本っぽくない。
除雪に活躍していたのでしょうか・・。


---


b0223512_0152553.jpg

b0223512_0155110.jpg

b0223512_0171652.jpg


b0223512_0173769.jpg


b0223512_0181067.jpg



車両保存の措置はもちろん取られているはず、ですが・・。
それ以上に劣化のスピードが早いと見受けられます。
ちょっと切ない場面でした。

冬はどんな感じなんだろう。
こんないい道沿いに走っていた鉄道、いずれ沿線の鉄道跡を見に来たいな。





------





さあ、路上に復帰します。



b0223512_0214972.jpg




しばらく走る。
すると一瞬、目の端に何かが見える。
気になってよく見ると・・・。



!!!



b0223512_0434326.jpg




これは・・またしても寄り道だな。



b0223512_030388.jpg




見た所、廃屋にしか見えない。
あまりウロウロしていると怪しまれるので・・・。

前にカブを停めて、見渡すと農作業している人が見える。
ちょっと話を聞きます。


「こんにちは~。ここは一体何ですか?」


「あぁ、これはね、もともと資料館なんだよ。でも、やっている人が体調を崩してしまって・・
このままになっているんだよ」


「えぇ・・勿体無い・・・。・・せめて写真を撮っていいですか?」


「うん、大丈夫だよ。中に入らなければ大丈夫。管理しているのが先生でさ・・
勿体無いよね。いい人なんだよ・・」


「そうですね・・。生徒は幸せでしょうね・・」



という訳で詳細は不明ですが、興味深い建物があるので周辺から撮ってみます。
周りは草に覆われて、建物に近づけませんので・・・。


b0223512_0402025.jpg

b0223512_0463020.jpg



それにしてもよくこれだけの物を集めたな、と思います。
移築や維持が大変だったと容易に推測できます。
一教師の人の情熱は相当なものだったでしょう。とても強い郷土愛を感じずにはいられません。
会って話を聞きたいです。


b0223512_0484192.jpg
古い消防車?

b0223512_0493727.jpg
あ!

b0223512_0504824.jpg


ここにも蒲原鉄道の痕跡が!


b0223512_054866.jpg


森に埋もれゆく様が時間の経過を感じさせ・・・。
天気の良さと相まって悲しさを増幅させます。

b0223512_055419.jpg

b0223512_127637.jpg

b0223512_0572774.jpg

b0223512_056457.jpg


先生の体調は・・大丈夫なのでしょうか・・・。


b0223512_103291.jpg

車両の向こう側には多分消防車が置いてあります。



維持はとっても大変だと思いますが、再び見られるような状態にして欲しい。。
本人から話は聞いていませんが、その愛情や情熱は伝わる。
有志はいるのでしょうか。これだけの貴重な物たち・・何か手伝えることがあればって、思いました。
残念無念です。



b0223512_153679.jpg




両方とも現実には維持管理はとても手間やお金が掛かり、大変な事でしょう。
外部の人の感傷だけで、これらのものが存続出来るとは考えていません。
しかし適正で分かりやすい窓口や方法が示されていれば、クラウドファンディング等で
何とか出来ないかなとも思います。
一地域の遺産ですが、日本中でどこでも起きている事だと思います。


価値観の変遷、教育の変化の影響はこうした所にジワリと発現している気がしてなりません。
気付いた時には貴重で重要な物は消え、身の回りにはガラクタしか転がっていなかったって
空想上の事ではなくなってきたなと感じます。

郷土史や地域に誇りを持ち始めた人にとっては、辛く切ない事が多くなると思います。
文化や技術も然り、です。



過去だけに目を向けるのは危険ですが、過去にあったことを踏まえて前に進みたいものです。




ちょっと切ない気持ちで路上に復帰します。
阿賀野川を越え、更に北上します。






続きます。






登山・キャンプ ブログランキングへ


登山 ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/26127821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by renchiyan3 at 2016-08-22 06:02
おはようございます
展示電車懐かしく思い起こされますがやはり寂しいです
いつまでも線路の上走っていて欲しいけれど叶わぬ夢ですね
Commented by qjoo at 2016-08-22 07:01
おはようございます。
17号も何度か走りましたが、違って見える風景に驚きです。
290号良い道ですね、当方がよく走る252号とまた違う風景に
いつに日か必ず走ることを決めました。(⌒▽⌒)
Commented at 2016-08-22 14:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rui-studio2 at 2016-08-22 17:04
以前こちらに伺った記憶はあり、何かをしるしたいと思ったものの、
そのままだったような・・・
イイネをありがとうございました。

まず写真を見て、外国の景色の中と思いました。
日本の車両モハ1だったんでですね。
丁寧に作られた木製品の美しいこと。機能を追求してのことだと思いますが
無駄のないスッキリとしたデザインが凄くて、
寄りかかってみたくなるほどの力強さを感じました。
台風接近の中家に居ながら
ポチっとして、
ゆったりと満ち足りた気持ちになりました。
また伺わせていただきます。
ありがとうございました。
Commented by hideueshaker at 2016-08-22 21:24
なんと、こちらに来たんですね!!
もう、カブで行けないところはないのでしょう!
ここ数年のカブでの行動範囲(移動距離)がかなりヤバイのですが…
来年はいよいよ渡道するのではと(^^)
僕は個人的に三国峠~が大好きなエリアです。
同じやさぐれ者(笑)として、湯沢や魚沼、山古志あたりはなぜか惹き付けられるものがありますね(^^)
このエリアはよくキャンプツーリングも行くんですよ~
続き、いつも以上に楽しみにしてます(^^)
Commented by kkai0318 at 2016-08-22 21:45
renchiyan3さん

こんばんは~。
全国各地に展示の車両がありますね。
そして多くの車両は朽ちるのを待っている状態です。
なんとか動態保存できれば素晴らしいのですが、まさに叶わぬ夢で。。
懐かしいって気持ち自体も無くなっていくのでしょうか。
あちこちに行ってそう思ってしまいます。
Commented by kkai0318 at 2016-08-22 21:50
qjooさん

こんばんは~。
17号は車で走る分にはいいのですが、50ccのバイクで走るには
ストレスが大きいんです。なので、ちょっと外れた道に焦点を当てて走りました。

そうすると古くから生活と密着した道が多いので、楽しさ倍増です。
290号は本当にいい道!252も独特の山岳地帯を抜けるいい道ですよね。(車で通ったことがあります)
とにかく290には驚きましたよ。是非走って欲しいと思います。
Commented by kkai0318 at 2016-08-22 21:52
katcat2121さん

こんばんは~。
自分も見た時に「うおおぉ~!」って思いましたよ!
この日は2箇所で良い遺産に出会いました。
この雪深い土地の空気感と共に素晴らしい景色でした。

で、デザート・・(なぜ分かる・・)
まだまだ初日!(笑
お楽しみに~。
Commented by kkai0318 at 2016-08-22 21:59
rui-studio2さん

こんばんは~。
ご訪問とコメントをありがとうございます!
ちゃんと覚えていましたよ。キジバトの記事でお見かけしたような・・。
こちらこそ嬉しいです。

純国産の車両は良いですよね。
この木製の物は細かく丁寧に作られていて、まるで部屋のようでした。
実際に動いている時の軋みや光の反射を見てみたいって思いました。
スッキリとしたデザインは、海外の物に引けを取らないですよね。
今ではとてもじゃないですが無理なことを承知ですが・・。
もう一度このような車両が走っている姿をって思います。

今日の台風は大丈夫でしたか?
凄い台風でそちらを通過したかと・・。
ゆったりとした時間を過ごされたとは嬉しいです。
Commented by kkai0318 at 2016-08-22 22:03
hideueshakerさん

こんばんは~。
そうなんです!色々この辺りも通っているかな?とか
考えながら通りましたよ~。カブでの移動はなかなか距離を重ねていますね。
来年は遠いところじゃないと、満足できない体になっているのでしょうか(笑

この辺り、とても良いですよね。
地名を見ただけで、景色が想像できるようになりました。
この辺りにアクセスが良いのは凄く羨ましいです。
キャンプするのにいい場所もチラホラありました。夏は何より緑が素晴らしいですね。
これから・・・お楽しみに(笑
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2016-08-22 01:22 | | Trackback | Comments(10)