Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

遅れてきたGW 2








大町へ到着し、扇沢に向けて走ります。
ここは黒部の入り口。


b0223512_23163062.jpg





白い山が見えてきます。
心ときめく時。




b0223512_23193641.jpg

b0223512_2320950.jpg





着いてから、今夜からキャンプを山の上でするかを決めます。




b0223512_23215317.jpg




念の為、ピッケルを持ってきた。
バイクに付けても目立つので、このCAMPを選んだ。


今は無き、中野のアポロスポーツで松永敏郎さんにおすすめされた思い出のピッケルです。
これを見る度に、色々お世話になったことを思い出します。
あの人が選んでくれた物だから、精神的な安心がある。


松永さんも既に鬼録に登っています・・・。






b0223512_2330575.jpg





??おお?
大雨が降ってきました。
あっという間にびしょ濡れに。









ここで分岐点。







立山-室堂で過ごすか、フリーダムに走るか。。


(体調がMAXではない上に、悪天候。
往復1万円で雲上もなぁ・・・。テントもデカイし、担げるか不安で一杯・・・)






あれこれトロリーバス乗り場前で逡巡します。






・・・よし・・・・無理するのはやめよう!




・・・ということで、来た道を戻ります。




b0223512_23395969.jpg




降りて振り返ると、山は豪雨に包まれている様子・・。
良かったのかも。





--------------------







b0223512_23455175.jpg





そうと決まれば、今日のキャンプ地を策定します。
うーん、湖の傍ならあるな。。
3つの湖のどれがいいか。


時間も早いので、お昼ごはんを食べながら探そう。







まずは木崎湖。




b0223512_23503051.jpg




お、木の船!




b0223512_2351254.jpg





単純ですが、いい感じ。
景色とよく馴染みますね。
平底の川船もいい雰囲気です。




b0223512_23544879.jpg
こちらはちゃんと木にモヤっていますが、沈んじゃっています。



b0223512_23554592.jpg





砂利道を延々と走ります。





よし、青木湖だな。
(あそこは幾つもキャンプ場があるはず)




b0223512_2359101.jpg


b0223512_23595252.jpg





菜の花の道を走り抜け・・・・。







b0223512_005767.jpg




青木湖のキャンプ場へ到着!
熱はありそうですが、気分はいい。
ちょっと薬を飲んで、昼寝します。


驚くほど体は疲れていない。





b0223512_025789.jpg





気付いたら夜。



b0223512_05266.jpg



b0223512_052446.jpg




静かな夜を過ごします。
殆ど物音がしない。
時折、対岸で電車が走るのが聴こえます。





近くの温泉に入り(片道10kmありましたが・・)体を温めます。



湯冷めしない内に湖に戻り、何だか寝付けないので、ライトを持って湖面に近づく。
夜の湖はミズスマシがたくさん泳いでいました。
何だか久し振りに見たな・・・。
最後に見たのはいつだったけ・・?







とても信じられない静かな時間が流れていきます。









これは無理しなくて正解だったかもね・・なんて考えながら。





--------------






そうそう、カブの配線を変えました。


b0223512_0154736.jpg



前に荷物を置いても、暗くならないように。
キャリアのライトの明るさに驚きました。
ついでに昼間も目立つように、ポジションランプを常時点灯にしました。
これは良さそうです。









さて、たっぷり睡眠をして、明日へ備えます。







続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村



登山・キャンプ ブログランキングへ
トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/24470127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-13 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blue-lulubul at 2015-05-13 05:08
おはようございます。大自然に抱かれて素敵ですね。昔、絵本で読んだ「夜明け」を思い出します。
「(ピッケル)あの人が選んでくれた物だから、精神的な安心がある。」←山男の深い信頼と絆ですね。どうぞお気をつけて下さいね。

Commented at 2015-05-13 09:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by smilelife7 at 2015-05-13 09:44
無理しなくて良かった良かった(*^^*)
登らないでよ~、熱あんだし~、
と思って読んでたので、安堵。
正解ですよ♪
信じられないくらいの静けさ、
一度体験してみたいな。
街では深夜でも、かすかな車の
音が聞こえますからね。
Commented by katcat2121 at 2015-05-13 11:45
こんにちは!
信頼を寄せている方からすすめてもらうと、やはり 違うものですよね!
特に 道具だからこそ! 精神的な安心は大切だと、思います
プラス 過信せず 使う側の心構えも重要ですが!(わ)

カブ旅... 実際には 大変なことだと、思うのですが
むちゃくちゃ羨ましいです
こんな時は 野郎に生まれたかったと、思います
あ、勿論 女子にも バリバリ実践されている方もおりますが
小心者の自分には 勇気がありません... トホホ...
Commented by kkai0318 at 2015-05-13 21:59
鍵コメさん(hさん)

こんばんは!
物凄くいい天気だったらこんな雰囲気にならなかったかもですね。
とても気持ちの良い気候でした。
夜も人が居なくて、湖面に映る光も綺麗でした。
いい夜を過ごせました。

やっぱり旅はいいです。
いい旅をしていますか?

Commented by kkai0318 at 2015-05-13 22:03
blue-lulubulさん

こんばんは!
コメントをありがとうございます。
賑やかと対極の所へ行くのはいつになってもやめられません。
布一枚で区切られたテントならではの感じです。

ピッケルや、山道具は機能第一ですが、入手の時の情景を時々思い出します。お話していた頃が夢のようです。
そんなに前ではないのに・・。
今回、事故には細心の注意を払っていました。
ありがとうございます。
Commented by kkai0318 at 2015-05-13 22:06
鍵コメさん(rさん)

こんばんは!
それ、大事です。
好奇心も同じく、いつまで経っても忘れないでいたいものです。

寝込んだ後には、外がキラキラしていましたよ~。
Commented by kkai0318 at 2015-05-13 22:09
smilelife7さん

こんばんは!
いや・・・(笑
ご心配ありがとうございます。
しっかりアイゼンを研いでいたので、登る気満々だったのです。
でも、体温が上がったので、やはり登らなくて正解でした。
ありがとうございます。

GW明けの湖畔は人が居なくて、静かでした。
夜遅くにイタチに遭遇したりして、静かな時間を過ごせました。
波の音も静かで、いい夜でした。
こんな時は体力が回復するんですよね~。
Commented by kkai0318 at 2015-05-13 22:14
katcat2121さん

こんばんは!
そうそう、過信をせず使うってのは大事ですね。
そこまで大事にせず、ガシガシ使っていました(なのでサビサビ(笑
機能の他に、求めるものは精神的なものですね。道具は。

カブでの旅は、そんなに大変じゃないですよ(人によるかも)
自分としては歩いたり、自転車の方がよっぽど大変だと思います。
時々女性のソロも居ますよ~。

小心なんですか?見えない(笑
ほんの少しの勇気だけで、色んな世界があります。
是非出発してほしいと願うのですが・・・。
そんな時が来るといいなと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2015-05-12 23:57 | | Trackback | Comments(10)