Sauntering  古錆日記・気に入った物、コトをつらつらと。

Launching ceremony 3 前編





さあ、友人が仕事に行ってしまったので一人。
何だか忙しく、でもゆっくりとした午後を過ごします。



b0223512_22494969.jpg

b0223512_2250876.jpg
せっせと薪を割り・・。


b0223512_22504393.jpg

b0223512_22511288.jpg
繋留のロープの具合を確かめたり。


b0223512_22531079.jpg
気になっていた本の続きを読んで、午睡したり。



そろそろ夕方、夜の準備を。
キャンプは忙しい。





b0223512_22553779.jpg
ライフジャケットはハーディー。


ライフジャケットの選定は悩みに悩みました。
どれも物々しかったり、スポーティー過ぎるのが特徴です。
様々なお店で試着したのですが・・・。


「こ、これは軍の特殊部隊じゃ・・」
「ら、ラフティング?」


というものが多かった。


その点、このライフジャケットは普段は釣りベストに見え、緊急時はしっかり浮きます。
アナログ+ガスカートリッジ式なので、落水と同時に膨らみます。
でも圧力が不明なので、ガスは付けていません。


アナログで膨らます方法もあるので、入水前にフガフガ入れられるのも嬉しい。
入れ過ぎると物凄い圧力。
もしガスを使ったとしたら膨らんだ瞬間、窒息するんじゃ・・なんて思うくらい。
まるで軍艦鳥のようになります。ぐぐ。





----------------





本を読んでいる内に、すっかり辺りが暗くなってきた。



b0223512_23123079.jpg



今回より、焚き火台を導入。
ローインパクトが視覚的に分かる物。
直火禁止のキャンプ場も対応可能?





そして友人が戻ってきた。





さあ、やりたいこと第2弾を実行する時分。

b0223512_2327977.jpg

b0223512_23272882.jpg



それは・・・




「ナイトカヌー」




古いランプを取り付けて、静かな湖面を音もなく滑るように漕いでみたかったのです。

これまた実行している人が居なくて、万全の安全策を取りつつ、執り行います。




安全策は・・。

◯ライフジャケットを必ず装着。
◯岸近く(出来ればギリギリ)を航行。
◯バディで行動。
◯風が出てきたら即中止。
◯帰投ポイントをランタンで明るく照らす。
◯ザイル所持

夜の湖面は危険でいっぱい。もし沈をするとセルフレスキューもままならなそう。
沈した際に、低体温症にならないよう、装備よりも身の安全を優先する覚悟を。
なので足のすぐ着きそうな岸近くを漕ぎます。
やるなら自己責任で・・要するに真似しない方がいいです。


b0223512_233655100.jpg



b0223512_23435746.jpg
このコース。




昼間に比べて物凄い静か。
この日は恵まれて、風も波もなく、ツ、ツーと進みます。
大勢がキャンプしている横をゆらゆら漕ぎます。
パドリングも音を立てないように、静かに。






サイトでは賑やかに食事をしている様子で、家族や友人と談笑している様子が垣間見えます。
そして数々のランタンの灯りが湖面に映ります。
湖上より見る景色は幻想的で暖かい。
とても不思議な体験をした気持ちになります。



この無数の灯りや団欒の声が無かったら寂しいものかもしれません。
揺れる船上で写真こそ無いのですが、脳裏に焼き付く景色となりました。









例えは凡庸ですが、ディズニーランドのカリブの海賊の冒頭部分(右にレストランを見ている時)
に似ています。
賑やかなのを傍観している不思議な気持ち。
でもいいなぁ、って思える景色です。






b0223512_23564371.jpg
ランタンは軽いものへと変更。

湖上の暗闇だと物凄く明るく感じる。



素晴らしい夜。










続きます。
トラックバックURL : http://furusabi.exblog.jp/tb/22671273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-05-23 00:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kkai0318 at 2014-05-23 01:11
鍵コメさん

こんばんは~。
時間帯によって風が無くなることを発見しました。
でもこの日は穏やかでしたね。
水温が低いので、透き通っていましたし・・。

足は・・ちょっと寒いです(笑
ラグを掛けると丁度いい位です。もうこの日はハーフパンツでした。。
Commented by papapaddleraki at 2014-05-23 16:29
進水式、おめでとうございます。
ナイトカヌー、僕は夢中で薪を拾いながら川を下ってるうちにやむを得ずナイトカヌーになったことはありますが(苦笑)、積極的に夜に漕ぎ出したことがなくて...楽しそうですね。
Commented by w3rs650 at 2014-05-23 16:52
う〜ん、チャレンジャーですね〜
kaiさんには、いつも唸らされてばかり、かっこ良過ぎですよ〜
ハーディーのライフジャケットがあるんですね〜
知りませんでした。
Commented by kkai0318 at 2014-05-23 23:24
papapaddlerakiさん

こんばんは~。
コメントありがとうございます。嬉しいです。

薪を拾いながらっていいカヌーですね。自分もいい薪があったら寄り道ばかりで進まないかもです(笑 
川で暗いと恐ろしい気もしますが、笑い話になっているのですね。きっと。

まず初めにやってみたいのが夜のカヌーだったんです。
風のない時だったらイケるかと思いまして・・。
ランプの灯りで進むのもオツでした。
Commented by kkai0318 at 2014-05-23 23:27
w3rs650さん

こんばんは~。
思ったよりチャレンジでは無いかもです(笑
但し安全にだけは異常に気をつけました。もし落ちた時にセルフレスキューが出来るかどうか・・。

ハーディーのライフジャケットは僅かな時期に取り扱っていたみたいです。このグリーン一色のみで、生地はコットンです。
これから風合いが出てくればいい感じになりそうです。
Commented by umisanjin at 2014-05-23 23:48
うわぁ~ 凄いなぁ、、、 湖面を、音もなく、進むカヌー、しかも、ランタンの
灯りのみ、、遠くから見たら、どんな光景なんだろう、、、
お仲間さんが撮った、写真とか、ないのでしょうか?
Commented by kkai0318 at 2014-05-24 01:01
umisanjinさん

こんばんは~。
うーん、夜のカヌーは惜しむらくは写真でしょうね。
乗っていると揺れますし、自分の艤装したカヌーは撮れない・・。
今後の課題です。
同行の友人は多分撮っていないでしょうね。
記憶に焼き付けるしかないのですが、それもまたいいのかもしれません。
ISO10000とかがあれば十分撮れそうですけど・・・。

遠くから見たら、ランタンが浮いているような景色でしょうね。
Commented by 0102mayu at 2014-05-24 20:48
kkaiさん、こんばんは~

kkaiさん、凄い!
大人の素敵な遊び方をいつも教えて頂いて
知らない世界を拝見出来て
とにかく、「凄い~!」って、感動しています^^
kkaiさん、趣味の達人!です
Commented by kkai0318 at 2014-05-27 00:00
mayuさん

こんばんは~。

大人というか・・(笑
道具を持った子供というか・・。

自分もいつも知らない世界を見させて貰っていますよ。
庭、凄い!と思っています。
知らない事って、知る時に楽しいですよね。


名前
URL
削除用パスワード
by kkai0318 | 2014-05-22 23:58 | カヌー | Trackback | Comments(10)